手芸大好き!

パッチワーク、洋裁、編物、手芸全般何でも好きです。

2017夏 白馬岳登山(2)

2017年07月16日 | Weblog

 2017夏 白馬岳登山(2)

17/07/15  18:07

〈白馬岳登頂〉

栂池山荘を午前6時に出発。

今日(7/15)は、白馬連峰を縦走して、今登山のメインディッシュである白馬岳を登頂するのが目的だ。

 

山荘から樹林帯の直登の登山道山を一気に駆け上がり、最初の難関である乗鞍岳(2,436m)を登頂。ガスが周囲を覆っていて視界は無いが、天候は回復傾向だ。

 

縦走路を歩き、白馬連山の中で、高い標高に位置する天空の湖・栂池大池で休憩。樹林帯を抜けてからは、雪渓や雪田がおおく、氷結した斜面を慎重にトラバースして進む。

 

栂池大池から、稜線に入ってリッジの立った岩場を登り、小蓮華山(2,766m)を登頂。白馬連山最高峰の白馬岳へ向けて、岩場と雪渓がマーブルした登山道を足元を確かめながら登山を続ける。

 

高い標高なのに昼頃の気温は高く、ペースが上がらなくなった。全身がダルく呼吸が浅い。軽い熱中症と高山病の気配だ。想定より暑く、小屋泊まりで荷が軽いので、いつもよりペースを上げたのが要因かな。

 

後半、やや喘きながら岩場のアップダウンを繰り返しつつ標高を上げ、午後2時に白馬岳(2,932m)登頂。冬季にしくじった山なので、夏季登山でのリベンジははちょっとイージーだったけど、丸8時間、ほぼ登りっぱなしの登山だったので、かなり足腰に来た。

 

今後の冬季プランを想定しながら実地調査ができたので、ピークを踏んだ時は達成感が湧いてきた。

 

少し下山して、国内最大の山小屋・白馬山荘に入宿。夏の三連休だけあって、猛烈な混雑。布団2枚に3名という状況。山小屋というより、何だか合宿所みたい。それでも屋根のある所で寝られるのは、気楽ですねー。天候関係ないもん。

 

明日(8/16)は、北アでも有名なポイント・白馬岳の大雪渓をトレッキングして下山する予定。急斜面の雪原が多いので、明日も晴れて欲しいね。

 

天空の湖・栂池大池

 

 白馬岳(2,932m)登頂

 

 山小屋というより、何だか合宿所みたい

 白馬岳の大雪渓  急斜面の雪原

 

 

 

天候が心配でしたが 雨にならなくてよかった

 

・・・栂池大池 凄い眺めですね。

    今回の登山の出発前に「登山計画書」を見て調べたら、

    栂池自然園のツアーの案内がたくさんありました

    とても有名な景色が最高の栂池高原と分かりました。美しい写真がいっぱいでした。

・・・登頂おめでとう! 

・・・へぇ~~~こんなふうに布団で仕切りがあるのね 寝返りをしたら隣に・・・

・・・・・・北アでも有名なポイント・白馬岳の大雪渓をトレッキングして下山する予定・・・・

気を付けてね。

晴れますようにお願いします。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017夏 白馬岳登山(1) | トップ | 2017夏 白馬岳登山(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事