手芸大好き!

パッチワーク、洋裁、編物、手芸全般何でも好きです。

2017夏 白馬岳登山(1)

2017年07月15日 | Weblog

2017夏 白馬岳登山(1)

17/07/15   00:39

〈夏山入山〉

1998オリンピックロードを抜けると、巨大な滑り台が眼前に現れた。あぁ、生身でこれを飛ぶなんて身の毛がよだつ…

日の丸飛行隊が飛んだジャンプ台、

ラージヒルだ。

 

名神、中央道、長野道を継いで、安曇野ICか長野県・八方高原着。三連休に有休を足して、夏の白馬岳にやって来た。厳冬期の白馬岳登山に敗退し、半年。夏季に白馬岳(2,932m)へのアプローチを体験しておこうと、梅雨雲の間隙を縫ってビーグル号で遠征しに来た。

 

今回も中年二人組み、やや体力に陰りが見えたおっさんによるリベンジ下見登山である。

 

ここ半年、体力的に色々あって、テント縦走する自信が持てなかったので、久々に小屋泊まりの登山となった。初日の今日は、栂池高原から入山し、栂池山荘での宿泊。

 

長野オリンピックのジャンプ台を見学したあと、ゴンドラとロープウェイで高度を上げ、ほぼ苦労ナシで栂池山荘に到着。冬季登山の際にはロープウェイが動いていなかったので、ほぼ半日スノーシューで登った道のりを一瞬で上がり、到着した。

 

冬季にテントを張っていた辺りも、様相が完全に異なり、分厚い雪の層は無くなっており、湿地帯の自然園になっている。冬山と夏山で、こんなに景色が違うのかと不思議な感覚だ。

 

天候はあいにくの雨。

長野県は、大雨警報の出ている地区も多く、明日からも心配だが、テント泊ではないので、屋根付は気楽なものだ。

 

明日からも天候は不安定で、白馬岳はまだまだ雪も多いが、冬季と同じプランで白馬岳(2,932m)にアタックをかける予定。

 

それで冬季敗退のリベンジになるのかどうか、ビミョーな感じだけど…

 

 

あぁ、生身でこれを飛ぶなんて身の毛がよだつ…  ラージヒル

 

 

梅雨雲の間隙を縫ってビーグル号で遠征しに来た

 

栂池山荘での宿泊

 

 

 

あっちこっちで、豪雨のニュース 大変な日本列島です。

こんな時期に ・・・・

傘マークが並ぶ長野県、岐阜県 

心配な旅が始まりました。

・・・実物の日の丸飛行隊が飛んだジャンプ台よね 

    下の方に人とトラックがいるのと比べると大きさがわかります。

・・・小さい車体でよく頑張るビーグル号よね。

・・・栂池山荘の上に少し青空が見えていますね

今回はテント泊でなくて テント、食料品などがなくて 荷物が10㎏以上軽くなっていると聞きました。20㎏ぐらいは背負うそうです

お天気に恵まれるように願っています。

次のメールが楽しみです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミーちゃん み~つけたぁ~ | トップ | 2017夏 白馬岳登山(2) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
始まりましたね (さわがに)
2017-07-17 08:45:06
白馬すてきですね。
以前行ったスキージャンプ台の展望塔から下を眺めると迫力満点でした。
天候が一番気がかりですね。
楽しい旅日記を待っています。
はぁ~い (uba桜)
2017-07-17 10:34:21
コメントありがとうございます。
好きなさわがにさんは行ったことがあるのですね
行く前から天候が心配でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あのぉ~
さわがにさんのブログにコメントをすることが またできませんの
IDが違うと・・・
変更をして書き留めておいたのに

苔玉の写真とか ひまわりの絵画拝見しています。
小さい紫の花可愛い~

 (uba桜)
2017-07-17 10:42:20
いまコメントを入れたの「旅好きな」さわがにさんの
旅、が入っていません(^-^;
いろいろな所に行ってますよね。
いいなぁ~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む