猫に腕枕

腎不全の猫と暮らした日々+

思いいろいろ

2016年10月17日 | 猫の思い出話
すっかり涼しく秋らしくなりました。

ゆずが虹の橋に渡って11年が過ぎ、時間薬とはよく言ったもので
ゆずのことでは、後悔のような痛みを伴う思いはなくなりました。
できる治療は全てやって、やり残したことはない、と思えるからかもしれませんが
人間のその思いは、猫にとっては迷惑だったかもしれない…という反省は今もあります。
(病院が好きな猫なんていないのですから)
でも、通院しながらも、ゆずの望むだろう生活(好きな物を食べて毎日土手を散歩する)を
させてあげられた事が良かった思い出として残っているから
今、穏やかに思い出せるのだと思います。
大事なのはQOLだと、特に治らない病気の場合は思うのです。

ゆずは、最初の病院では、暴れてしまって治療を断られるような猫でした。
おまけに、そこの先生から「こういう気の強い子は下手に頑張っちゃって苦しい死に方をするんです」とまで言われて。
あ、なんか腹が立ってきましたよ(-゛-メ)
時を経て心穏やかになったはずなのに、この呪いのような言葉はやはり許せん!
・・・と今でも思ってしまいます。
そんなゆずも、転院先の病院では、先生と看護士さんの技術と優しさのおかげで
長らく暴れることなく治療ができました。
病院は選ばないとダメですね。

何年か前に、ゆずを診て下さった先生の一人、ロマノフ先生が猫友さんの主治医となった事で
先生がゆずのことを覚えて下さっているということを、猫友さんを通してうかがうことができました。
また最近、あるインタビューで、先生が勤務医時代に、
怖がりで入院も採血も出来ないほど暴れてしまって他の病院で診察を断られてきた猫を診た経験から
会話ができない動物達の治療は、それぞれの性格をよく見極めて対応を変えながら、
その子にとってベストとなる治療をする、思いやりを持って接する、を心がけている
と回答されているのを拝読し、何か少し報われたような気持になりました。
死は避けられないことだけど、転院して治療したことには意味があったのかもしれないと。
そして、改めて転院して良かったと思いました。
ゆずが転院した病院で、ゆずを診て下さった先生方はもう皆さん独立されています。
うちにはもう猫はいないのでお世話になることはないけれど
先生方のご活躍を陰ながら心よりお祈りしています。

-------------------------------------------------


コブちゃんのことは、思い出す度に痛みが伴います。どうしても。
後悔がいっぱいあるから。
そして、もう1年も経ったということが信じられないでいます。


こうして写真を見返すと、コブちゃんの甘えん坊っぷりが半端ないこと、


猫大好き、人間大好きで、めちゃくちゃ性格が良かったことがいっぱい思い出されます。


人間の起こし方は、ももちゃんが北風(絶叫目覚まし)だとしたら、コブちゃんは太陽でした。
フワフワの肉球で優しく頬をつついて起こしてくれました。


腎不全対策の高濃度水素水も嫌がることもなくよく飲んでくれました。


可愛いコブちゃん。
良かったことがあるとするなら、もう痛いことも苦しいこともない世界にいるということ。
みんな虹の橋にいるから淋しくないだろうということ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お茶会とインスタレーション | トップ | 高倉リコさんの銅版画展 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mosse☆Mama)
2016-10-18 09:35:59
トップのゆずちゃんの写真、大好きです。のびのびとして、素敵。
ネットでのみならず、関わったひとの記憶に残る猫さん、ヒーロー(ヒロイン)ですね。
暴れる上等❗(笑)

あ、URLは入らないんですね?
ドクターズファイル、ロマノフで検索したら出ました🎵
これはゆずちゃんの事だって思いますよ❤
Unknown (rei)
2016-10-18 17:14:46
◆Mosse☆Mamaさん
ありがとうございます~。
ゆずの走っている写真、
古~い(それこそ11年前の)デジカメで撮ったので、ボケてるんですけどね。
好評で嬉しいです(^^)
いつか、走ってるところを銅版画にしたいのですが、そのままだったら写真の方がいいので、ちょっと工夫して・・と思ってます。
gooブログ、結構セキュリティが厳しいのか、URLそのままは入れられないかも。
顔文字も途中で切れることもあるし(-_-;)

ロマノフ先生も、主治医のI先生も、
今は独立されて院長先生として活躍されているようで、
ホント陰ながら応援しています。
Unknown (小紅)
2016-10-19 23:12:56
我が家の猫達との思い出ととダブって、
胸が熱くなりました。

そうだね、大切な思い出を残して、
今は痛みのない虹の橋で
みんな穏やかに暮らしているんですよね。

素敵な先生との出会いがあって良かったですね。
Unknown (rei)
2016-10-21 15:25:02
◆小紅さん
こんにちは!ご無沙汰しています~。
小紅さんの猫さん達も、うちの猫達も
もう痛いことも苦しいこともなく
虹の橋で穏やかに暮らしていますね。
そう考えれば、残された人間は何とかやっていけるって思いました。
転院先の先生は、本当にいい方で、
転院先の先生方がいたから、ゆずも頑張れたなって思います。
ありがとうございます!
Unknown (まこ)
2016-10-23 15:19:52
ご無沙汰です。
もう11年経つのですね。reiさんとは、ゆずちゃんのことで知り合ったように思います。もう前過ぎてきっかけが何だったか…f(^^)
私も、あのゆずちゃんが走ってる画像大好きです。完全室内猫の我が家の子達には、とうてい撮れないので、うらやましく思っていました。
うちは今1匹で高齢になりつつあるので、そろそろ健康診断でも行きたいのですが、超臆病なので、わざわざ連れ出すのを迷っているところです。本当に難しい問題ですよね。
Unknown (rei)
2016-10-24 16:01:13
◆まこさん
こちらこそ、ご無沙汰です~。
ゆずの写真、皆さんに好きと言って頂けて嬉しいです!
月日が経つのは早いもので
ゆずの腎不全治療のために始めたブログでしたが
ゆず以外の猫達もみんな虹の橋に渡ってしまいました。。
飼い主としては、高齢で臆病な猫さんには、なるべくのんびり過ごしてもらいたいですよね。
ただ、老猫は体力が若猫ほどないので
ちょっとしたことで体調を崩しやすいので
早めの通院も大事な気もするし、必要最小限が難しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む