Minor Swing @Room
ジョニー・デップ他日常あれこれ





 



ネタバレにつきご注意下さい。



パイプオルガンの荘厳な調べが響き渡り、
スウィーニー・トッドの怨念を奏でるような旋律で幕が開ける。
ベンジャミン・バーカーの微笑みは家族と共に過去に置いたまま、
深い愛と哀しみがスウィーニー・トッドの胸の中で狂気となって荒れ狂う。

ミセス・ラベットのいじらしい恋心と、それをまるで聞いてないトッド。
ミセス・ラベットの夢見た将来に、心ここにあらずのトッド。
ミセス・ラベットのささやかな嘘に、怒りをたぎらせるトッド。
誰よりもそばにいるけれど、夢見る先が違っている二人。
不協和音の二重奏は切なさと可笑しさの二重螺旋構造だった。

道行く人にカミソリを突き付ける妄想シーンでは、
トッドの内側で激しく燃える青い怨念の炎が見えた。
トッドの目から、指先から、叫ぶ唇から迸る凄まじい狂気。
そしてそれすらも笑いに転じる演出の妙。

エロじじぃターピン判事の歪んだ愛の形。
アンソニーの歌う『Johanna』の甘く夢見るように美しいバラード。
トッドと同じく辛い人生を送った妻ルーシーの苦難。
ミセス・ラベットを慕う少年トビーの愛。
娘ジョアナはどことなくヴァネッサに似ている。
役人バムフォードのハマり過ぎのルックス。
ピレリだけが鮮やかな青い服を着ている謎(笑)

それにしても忘れ難いのは、
自らの手で絶命させてしまった妻を抱き上げるラストシーン。
息絶えて十字架から降ろされたキリストを抱く聖母マリア像ピエタと重なった。
血まみれのおどろおどろしい姿にもかかわらず、
宗教画のように静謐で驚くほど優美なラストだった。

怨念を込め復讐を遂げたカミソリが、スウィーニーに永遠の安らぎまでもたらした。
首から滴る血は溢れ出る哀しみのようだった。
また一方で、永遠に降り注ぐ愛のようでもあった。

狂気を伴う一途な愛の果てに、トッドは神々しく慈哀に満ちた屍となり、
流れ出る鮮血が全ての罪を浄化するようだった。

*************************************

とりあえずサラリと感想を綴ってみました。

全体を貫く愛ゆえの悲劇。
ハッピーエンドでは得られない極限の愛が感じられ、ラストシーンでは感極まりました。

ところで心配していた切り裂き場面ですが、
初の殺人、イタリア人ピレリをザックリやる時だけはさすがに手が目元へ行きましたが、
その後の歌いながらの殺戮シーンでは心配も杞憂に終わり…。

バートン監督の絵画的ゴシック・ホラー・ビューティに酔いしれ、
ジョニー・デップの鬼気迫る狂気と哀しみの歌声に心奪われ、
ミセス・ラベットの母性愛と女性像に魅せられ、
何度も鑑賞したいと強く感じた作品でした。

愛と憎しみ、喜びと悲しみ、希望と絶望、夢と狂気。
全てを混ぜ合わせ特異な光を放つ作品に昇華させる感性を天才と呼ぶのでしょうか。

ブラックホールのような吸引力に心地よく身を委ねる快感。
吸い込まれた先で見た血の滴りは、愛が流す涙でした。



コメント ( 23 ) | Trackback ( 6 )


« ヒース・レジ... Sweeney Todd... »
 
コメント
 
 
 
ふぅ.....っ (akiji)
2008-01-24 18:37:00
Reiさん、みなさん、こんばんは。またおじゃまします。
いつにも増して、素晴らしくゴシックなワードの数々....

私も予定通り21日に友人と観賞して参りました。
しかも、20:55~のレイトショーで
終わったのは....22:00
一日中パソコンを見つめ仕事をした後であり、更にコンタクトレンズ
その上、2時間のガン見はさすがに......
終了20分くらい前に、突然私の左目が悲鳴をあげました

>何度も鑑賞したいと強く感じた作品でした。

そうなんですよね。落着いてもう一度みたい!って強く思いました。
DVDなら、何度も観れるのに.....こりゃマズったかな?

というわけで、DVDが出るの....首をロ~ングにしてウェイトです!
 
 
 
切ない (まみぃ~)
2008-01-24 22:49:45
こんばんは。

私 結構落ち着いていたつもりなんですが、
上映前にどんな作品の予告やったか、全然!記憶にございません

冒頭のパイプオルガンの音。
サントラでもワ~って思っていましたけど、実際物凄い迫力でした。
妄想シーンではニヤけてしまいました。
ただ見終わって、胸にズシンとくるものがありました。

グロさに耐えられるか不安でしたが、平気でした。
血の色も生々しい色ではなかったし、剃刀の切味が素晴らしくよかった為もあるでしょう
当分パイは見たくないけど
個人的には「スリーピーホロウ」の方が、ゾ~っとしました。

とにかく皆さん歌上手ですね。
よほどのミュージカル嫌いでなければ、一人でも多くの人に見て欲しいです。
ティム 素晴らしい作品をありがとう。
ジョニー あなたの目は凄い。
そして血だら真っ赤になっても、あなたの美しさは隠せない
 
 
 
名文です! (ぽんぽこ)
2008-01-24 22:54:47
Reiさん、こんばんは☆

読みながら、映画のシーンが鮮やかに思い出され涙が出てきました。私はすっかりあの世界にはまり、初日と日曜の二連チャンで観ました。本当は毎日観たいけど平日は無理。でもReiさんのこのレビューを読めばいつでもトッド達に心の中で逢える、それくらいこのレビュー、好きです!

それにしてもジョニー、凄かったですね。怨念と情念と、ラストで見せる観念。。。(トッドの歌にならい韻をふんでみました)

あのラストシーンの表情とたたずまいが脳裏から消えません。狂気の中をさまよってさまよって、でもあの瞬間彼はベンジャミンに戻ったのではないでしょうか。

歌も素晴らしい!ジョニーの歌声は決してパバロッティーやドミンゴのように声量とテクニックを駆使したものではない、だけどもとってもソウルフルで心の中にストーンと入って来る。レノンやディラン、ミック・ジャガー、彼等の歌がそうであるように。

でもラベットとトッドの「昭和枯れすすき」も聞いてみたい(笑)

あぁ、長くなってスミマセン!

とにかく素敵なレビューに感激です。
 
 
 
akijiさん (Rei)
2008-01-24 23:05:10
akijiさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

ゴシックなワード…に見えたら良いのですが…(汗)
akijiさんも21日鑑賞でしたか?同じですね♪
私は23日にも無理矢理時間を作って観てしまいました。

>一日中パソコンを見つめ仕事をした後であり、更にコンタクトレンズ
うわ~!目には激務でしたね
左目、お大事にして下さいね。

>DVDが出るの....首をロ~ングにしてウェイトです!
ふふふ…ルー語ですね(笑)
ミーもDVDがカムしたらメニーメニーリプレイします!(自信のないルー語)

 
 
 
まみぃ~さん (Rei)
2008-01-24 23:21:44
まみぃ~さん、こんばんは。

>上映前にどんな作品の予告やったか、全然!記憶にございません
ですよね~。気持はトッドに持って行かれますよね。
私は一日置いてまた観に行ったんです。
なので予告の『紀元前10000年』は面白そ~♪とか思いました(爆)
初鑑賞ではドキドキして観ていたので、
二度目はどんな些細なことも見逃さないようにじっくり観ました!

>サントラでもワ~って思っていましたけど、実際物凄い迫力でした。
圧巻ですよね、あの音。でもまだサントラ持ってません(注文中です♪)
ダークなシーンと妄想シーンのバランスが絶妙ですね。
私も「スリーピーホロウ」のいくつかのシーンの方が怖いかも

>そして血だら真っ赤になっても、あなたの美しさは隠せない
おっしゃる通りです。
ジョニーはいつも汚れるほど美しいですね
何か、美の基準を塗り替えてしまう凄味がありました。

 
 
 
ぽんぽこさん (Rei)
2008-01-24 23:50:35
ぽんぽこさん、こんばんは。
ぽんぽこさんに褒められた…(嬉泣)ありがとうございます(土下座)
連チャンでしたか♪私は一日置いて2回(笑)
観れば観るほど心の深い部分に届く作品ですね。
本当はもっともっと語りたかったのですが、
言葉にすればするほど離れて行く、という感覚を初めて味わいました。(さんざん語ってますが・汗)
なので箇条書きのようになってしまったかもしれません。

>怨念と情念と、ラストで見せる観念
上手いっ!!言い得て妙、とはこのことですね!!
あのラストに続くシーンの素晴らしさは筆舌に尽くし難いものがあります。
おっしゃる通り、私もあそこでベンジャミンに戻ったのだと思いました。

>だけどもとってもソウルフルで心の中にストーンと入って来る。
上手いですねぇ…。ぽんぽこさんの言葉にうっとりします♪
まさに魂の歌唱ですね。

>でもラベットとトッドの「昭和枯れすすき」も聞いてみたい(笑)
ううっ…似合う!(爆)彼らは一瞬世間に勝ちましたが(笑)
沢山の有難いお言葉にこちらこそ感激です。ありがとうございましたm(__)m
 
 
 
Unknown (びーぐる)
2008-01-25 00:07:59
私も21日に初鑑賞。今日、2回目に行ってきました!

初鑑賞は・・。とにかく必死、というか・・
めちゃくちゃ集中してたと思います。
サントラも、映画観るまでは聴くまいと我慢していた
ので、何もかも新鮮でした。

今日2回目を観て、1回目は私、結構ラベットに感情
移入していたんだな~と気付きました。今日は・・
物乞いの女の正体が分かっていたせいもあり、
ルーシー目線だったかな。ラベットがものすごく悪く
観えたもの 個人的には、ヘレナの
演技、大好きです。トッドとラベット、美しすぎますね。
最後のシーンも、おっしゃるとおり、血みどろなのに
美しくて。。さすがティムですね~~

みんな歌も演技も上手だし
しかし・・タービンに「pretty woman」なんて言われると、
ちょっとセクハラちっくに感じてしまうのは・・これも、アランの演技力のせいでしょうか(笑)

 
 
 
素晴らしい! (ri)
2008-01-25 02:06:27
Reiさん、観てこられたのですね!

ホントに、ダークだけれども哀しく切なく、
ティムの手腕と、出演者たちの素晴らしい演技に、
拍手を送りたい、素晴らしい作品でした!

ミュージカルかミュージカルじゃないかと言うことは、
あまり問題じゃないと思えるような、
ジョニーをはじめ、出演者みんなの歌声が、
自然に作品に溶け込んでいるように感じました。

この作品でジョニーに会うことができ、
この作品で、ジョニーが受賞したことを、
心から嬉しく思います。
 
 
 
余韻が凄い・・ (のぞみ)
2008-01-25 08:57:37
私は23日にようやく観てきました!!
哀しくて切なくて・・なぜこんなに不幸な運命を背負ってしまったのか(ToT)と、やり切れない気持ちになりました。
鑑賞以来、さまざまな映像や音楽が、頭の中をグルグル回って離れません。
余韻がいつまでも残る映画です。
私も、ピレリ殺害シーンだけは直視できませんでしたが、他は大丈夫でした!
スパっと切るシーンは、必死にジョニーの顔ばっかり見てましたから(笑)
ラストが一番血の量も多いはずなのに、目が離せなかった・・。
きっとそれは、一枚の絵画のようでもあったから。
美しすぎました。
いまになって、じわじわ感動がこみ上げてきます。
本当に素晴らしかったです☆

私もサントラ注文します!
3曲多い輸入盤や、国内版・・迷いました(>_<)
3曲の中に、ジョニーの歌声があるのか最も気なるところ(ーー゛)
Reiさんはどちらにされました?
 
 
 
あらら・・ (のぞみ)
2008-01-25 09:00:14
ごめんなさい!途中で切れてしまったようで。
続きです↓
3曲の中にジョニーの歌声があるのか、最も気になるところ(ーー゛)
Reiさんは、どっちにされました?
 
 
 
びーぐるさん (Rei)
2008-01-25 16:45:49
びーぐるさん、こんばんは♪
2度目の鑑賞に行かれたのですね。
一度観ても、すぐにまた観たくなりますよね。

>初鑑賞は・・。とにかく必死、というか・・
分かります!ホントにそうですよね。
私もサントラは我慢していました。
これからは曲を聴けば場面が蘇ってきますね、きっと。

私は観る前にオチを知ってしまっていたのですが、
知らなければもっと衝撃だったのかな~と思う一方で、
知っていたせいでどのように展開するのか非常に興味がありました。
そして想像以上の見事さに大喜びしました♪
歌はみんな上手でしたよね!素晴らしく良い声の方ばかりで驚きました。

>ちょっとセクハラちっくに感じてしまうのは・・これも、アランの演技力のせいでしょうか(笑)
おっしゃる通りだと思います(笑)
やはり中途半端はいけません!
徹底してエロじじぃでこそ存在感も光るというものです

 
 
 
riさん (Rei)
2008-01-25 17:15:16
riさん、こんばんは。
初日に行けなくて、やっと月曜日に観に行って、
水曜日に二度目の鑑賞をしてきました。

>ジョニーをはじめ、出演者みんなの歌声が、
>自然に作品に溶け込んでいるように感じました。
これは本当にその通りでしたね!
歌なのに、感情を込めた普通のセリフにしか聞こえないというか…。
あまり大袈裟に『歌ってます!』という感じではないのが良かったのかな?
セリフと歌の絶妙な融合のようで聞いてて心地よかったです♪

riさんにとっても思い出深い作品となりましたよね。
その作品で受賞だなんて本当におめでとうございます

 
 
 
のぞみさん (Rei)
2008-01-25 17:21:58
のぞみさん、こんばんは♪
おっしゃる通り、余韻が強烈な作品でしたね。
あのラストの図は部屋に飾りたいくらい!!(え?笑)

>私も、ピレリ殺害シーンだけは直視できませんでしたが、他は大丈夫でした!
ピレリさんの場合、まず最初の切り裂きシーンということもありますが、
あの体勢が“超痛そう”なのではないでしょうか?(笑)
うなだれた首をもたげて後ろからザックリ…痛いです

サントラですが、
私は日本語の歌詞希望でしたので国内版にしましたよ♪
でも来てみないとどういう中身なのか分かりませんが
 
 
 
濃い、です。 (チョコ)
2008-01-25 17:51:25
こんにちは

観てこられたんですね。

あの~。。
全然さらっとしてません(汗)
すごく濃いレビューです。

うん、でも、良く分かります。
何も書けないか
濃く濃く書くか。。
どちらかにしかなれないような濃い映画でした。

しばらく立ち上がれない。。。
もうしばらくしてから、また観にいこう。
そう思ってたのですが
週末にでも、また観てこようかと思ってる私です。
あれほどショック(いい意味で)だったのに
以外にも打たれ強い(意味、違う?)自分を発見しました。

サントラ、輸入盤にしようかと思ってたんですが
Reiさんの国内盤の結果報告を待つことにします。
こちらもレビュー、よろしくお願いします。
(なるべく早くね/笑)
 
 
 
お待ちしてました (NIMO)
2008-01-25 19:26:56
Reiさんの頭の中にどんなスウィーニーが
描かれるか。お待ちしておりましたっ

読んでいるとあの場面この場面・・・
鮮明に思い出されてきます。

おぉぉ!って思ったのが
>娘ジョアナはどことなくヴァネッサに似ている。
役人バムフォードのハマり過ぎのルックス。
ピレリだけが鮮やかな青い服を着ている謎(笑)

↑この印象。私も同じ事を感じながら見てました(笑)
ジョアナは、キャスティングの人・ティム・
それにジョニーも加わって選んだんじゃないか。
と、思うくらいでした
それに、ピレリ。この人が出てきた時、
うちのご主人が大爆笑しちゃって・・・
“シ~~”って思わず言っちゃった

>血まみれのおどろおどろしい姿にもかかわらず、
宗教画のように静謐で驚くほど優美なラストだった

これがあのオープニングのパイプオルガン
音色の荘厳さとマッチしていますよね~。

それにしても、スウィーニー初鑑賞から
数日が過ぎ、“仮装ジョニー”の凄さに
どっぷり漬かりすぎちゃってる自分がいて・・・

仮装なしジョニーで身を一度リセットしたくなる
衝動に駆られまして
なぜが、ここ毎日『ジョージ・ユング氏に扮した
ジョニー』を見続けている自分がいます。
もみ上げと付鼻・付腹はあるにせよ、
最近、『素顔キラキラエロエロジョニー』の名演が、なんだか懐かしくなってきていすす。。。。
 
 
 
これは愛の物語ですね。 (松子)
2008-01-25 21:32:35
Reiさん、こんばんは。

いつもながらに心に響くレビューありがとうございます。

私も初日に観に行きました。
ラストシーンで感じた感覚が、自分でもどう表現していいかわからなかったんですが、

「息絶えて十字架から降ろされたキリストを抱く聖母マリア像ピエタと重なった」

というReiさんの一文で、胸のつかえがとれました。
あまりに残酷で悲しい結末なのに、安堵感と永遠の愛を感じたのはそのせいだったんだなと。

ジョニー・デップという俳優の凄みを、改めて実感できた作品です。
 
 
 
チョコさん (Rei)
2008-01-26 11:04:14
チョコさん、こんにちは。
濃かったですか?…ははははすみません。
本当はもっともっと長く、あれもこれもと語りたかったのですが、
取りあえずポイントを絞って抽出して短く抑えようとしたことで、
かえって濃厚になってしまったようですね
私的に“サラリ”というのは“短めに”という気持ちでしたが、結局“ドロリ”が正しかったです(爆)
仮に下水に流れる冒頭シーンの血液のようでしたら本望でございます(笑)

この週末にご覧になるのですね♪
観る度に『スウィーニー・トッド』の真髄に近づくようで、
胸の震えも新たとなりました。

サントラの件は次の記事に書きましたのでよろしければご覧下さいね。
UK盤20曲の方に変更しました

 
 
 
NIMOさん (Rei)
2008-01-26 11:29:56
NIMOさん、こんにちは。
プレミアが終わったら待っていたかのような出来事があり…。
バタバタしながらの鑑賞&レビューでした。

ヴァネッサと似てましたよね(笑)
ハイトーンの声もよく似てるな~と思って聞いてました
それにしても皆さん役柄にピッタリでしたね!
バムフォードさんもピレリさんも強烈です

>うちのご主人が大爆笑しちゃって・・・
笑うとこなので大丈夫(爆)ティムもさぞかしお喜びかと…(笑)

>これがあのオープニングのパイプオルガンの
>音色の荘厳さとマッチしていますよね~。
なるほどね~。。殺戮話なのにどこか格調高いものを感じるんですよね。
悪行と神聖さの融合でしょうか。さすが、と言うべきですね。

>もみ上げと付鼻・付腹はあるにせよ、
ぷぷぷ、、ブロウをご覧になっているんですね?
あちらのジョニーもクールでセクシー。素敵ですよね
色んなジョニーを味わえて幸せですよね。
どうぞ日替わりでご賞味下さいませ
 
 
 
松子さん (Rei)
2008-01-26 11:43:08
松子さん、こんにちは。
有難いお言葉をありがとうございます

ラストシーンを見た時は、
『うわ~~!!こ、こ、これはピエタだ~!ミケランジェロだ~!』と心の中で想い、
心がじゅわわわわ~~~と打ち震えました。
絶望的な哀しみの中の愛に圧倒されて涙が滲みました。

>あまりに残酷で悲しい結末なのに、安堵感と永遠の愛を感じたのはそのせいだったんだなと。
おっしゃるとおり、愛と安らぎが永遠になった瞬間でしたね。
あのシーンを切り取って部屋に飾っておきたいです。
思い出しても胸がいっぱいになります。

ジョニーも凄かったですが、
あのような唯一無二の作品に作り上げた全員に拍手を贈りたいですね

 
 
 
こんばんわ (睦月)
2008-01-27 20:45:30
Reiさん、お邪魔するのが遅くなってすみません。

すでに2回もご覧になられたとのこと。
ホントに何度でも観たくなる
素晴らしい傑作ですよね。

私はまだ3回目に行けずにウツウツとしております。

ピレリの目に染みるほどのヴィヴィッドな青衣装。
スウィーニー初の殺人ターゲットとなる人物なので
特別扱いなんじゃないかしら(笑)?

映画史上に残りそうな名シーンのラストカット。
あれって、ティム自身有名な絵画を意識して撮った
らしいですね。

GG賞受賞、アカデミーノミネートも納得の
至極の1作・・・最高です。
 
 
 
睦月さん (Rei)
2008-01-28 12:34:05
睦月さん、こんにちは。
一度観た後に、もう一回じっくり見せて!とすぐに思いました(笑)

>スウィーニー初の殺人ターゲットとなる人物なので
>特別扱いなんじゃないかしら(笑)?
なるほどね~。人肉パイにするという物語りの核は彼がきっかけですもんね。
ちょっと目立つくらいじゃないと失礼ですよね(笑)
ラストシーンのモデルの絵ってどんなものでしょう…見てみたいな

とにかく歌も映像も素晴らしかったです。
これをネタばれなしで書いた睦月さん。ホントすごいですね。
これに限らず全てのレビューがそうなんですから、今更ながら感心してます。
3度目、また近いうちに行けるといいですね。


 
 
 
観てきましたよ! (寝起きのパンダ)
2008-01-28 14:10:59
私も観て来ましたよ!
雪にもマケズ、水曜日のレディースデーに。

愛が交錯する、哀しい物語でしたね。

うん、私も娘役の子、ブァネッサに似てると思いました。
細くて、可憐で小鳥のように可愛い。
若い2人は幸せになったのだと思いたい。

そういえば「スリーピー・ホロウ」に出てくる
金髪の女優さんも、ブァネッサに似てませんか?
 
 
 
寝起きのパンダさん (Rei)
2008-01-29 10:53:08
パンダさん、こんにちは。

>水曜日のレディースデー
あははは♪私も月曜日のレディースデーでした(笑)

>愛が交錯する、哀しい物語でしたね。
ホントですね。人生の不条理でしたね~。
哀しいラストこそが真実なのかもしれませんね。

>私も娘役の子、ブァネッサに似てると思いました。
あ♪これで2票です(笑)

>若い2人は幸せになったのだと思いたい。
唯一の希望の光だと思っていたいですね。
全滅ではなく、トッドとルーシーの愛はこの世から消えていないと。

>そういえば「スリーピー・ホロウ」に出てくる
>金髪の女優さんも、ブァネッサに似てませんか?
クリスティーナ・リッチですね?
確かにロリータな感じが似てますよね。
ジョニーってそういう相手の方が“大人”な人よりもしっくり来るような気がします(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
スウィーニー・トッド (深呼吸~蒼い風~)
スウィーニートッド~フリート街の悪魔の理髪師~
 
 
 
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (Akira's VOICE)
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。
 
 
 
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (que sera sera♪ riのお気楽生活)
   《劇場鑑賞》    今年最初の映画が、  結局『スウィーニー・トッド』。
 
 
 
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (Johnnyダイアリー)
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師監督:ティム・バートン 【スウィーニー・トッド/ベンジャミン・バーカー】ジョニー・デップ【ミセス・ラベット】ヘレナ・ボナム=カーター【ターピン判事】アラン・リックマン【役人バムフォード】ティモシー・スポー...
 
 
 
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  届かぬ愛にあえぐ残酷美  
 
 
 
【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをg...