かたつむりのように

のんびり、ゆっくり、ゆっくり、・・・歩いていこう
時には アンテナをたてて・・・

「帯状疱疹闘病記」 ⑤他に癒されたもの・・・ アイピローとCD

2017年06月17日 16時22分30秒 | 日記

 痛みは気をそらせることも重要だと知りました。

 

枕元に CDラジカセを置きました

はじめは痛みで それどころではなかったのですが

少し落ち着いてくると 優しいCD の調べが耳に届くようになってきました。

すると 少しづつ痛みから気がそれ 気持ちも鎮まってきました。

 

クマちゃんのアイピローにも助けられました。 

 クマちゃんのポケットには ラベンダーが入っており

 体の中にはペレットが入っています。

クマちゃんのアイピローを目の上に置くと

適度の重さが目を優しく圧してくれて  

鼻先にラベンダーの香りがただよいリラックスしてきます。

 

ペインクリニック先生は、

「帯状疱疹の痛みは酷いし、これが3ヶ月間で消失しないと、その後は帯状疱疹後神経痛と 

病名も変わります。、そうなると痛みが消えるのも年単位が必要になります。

痛みの中にとりこまれないよう 痛いからと言ってすべてのものを中断しないようにしないと、

あなたの年齢では、気力も体力も取り戻すには

たいへんな時間が必要になってきますよ」

 痛みの克服は 医学的治療の他に 痛みから気をそらすこと 何かに打ち込むことの重要さも

話してくださいました。

 

確かに CDの優しいfeelinng音楽と ラベンダーの香りは

少し 別世界へ連れて行ってくれたような気がします。

 

そして 今ある体力気力を持ち続ける重要さも教えていただきました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「帯状疱疹闘病記」 ④ 癒さ... | トップ | 「帯状疱疹闘病記」 ⑥ 夢を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。