かたつむりのように

のんびり、ゆっくり、ゆっくり、・・・歩いていこう
時には アンテナをたてて・・・

 「帯状疱疹闘病記」 ②ブログに書いておこう  

2017年06月14日 09時44分19秒 | 日記

 ゴールデンウィークに帯状疱疹を発症して、まもなく一ヶ月半になります。

 

手のひら4枚ほどあった湿疹は 今、赤黒く跡が残っているものの 

スルスルとした元の肌にもどりました。

 でも 帯状疱疹の怖いところは、皮膚症状が改善しても その下の神経が侵されているため

時折 おなかを突き刺すような痛みを感じます。

 

 思えば 痛みのピークは 発症して1~2週間の頃でした。

 

火傷のようにピリピリし、その上を何かで刺されるような痛みが続き、

時折 電気が走るような痛みがきたり

おなかの筋肉が痙攣し脈打つような痛みも加わったりする 

酷い痛みでした。

かって 手術も体験しましたが、そんなものの比ではありません。

最悪 最強の神経痛と言うように

湿疹が出た右側の半身が 神経に沿って痛み

腕がうずいたかと思うと 脚の方に痛みが移動したり 耳の中までもヅクヅクうずき

耳鼻科のお世話にもなりました。

胸や背中もヒリヒリし、パジャマが触れただけでも痛みます。 

(これが治ったら・・・これが治ったら・・・)

と  呪文のように繰り返しながら 出口が見えない痛みにもがきました。

 

 そんな中 友人の温かいお心遣いは、痛みを洗い流すように癒してくれ

あちこちからの「返事は無用よ」の励ましのメールに、うるうるでした。

 老夫婦二人だけの生活です。

今までにない夫のサポートぶりは 心強く ただただ嬉しく 

感謝の日々でした。

 

  元気になったら 病む人達には 私がしていただいたように 

苦しみを少しでも癒してさしあげれるよう 心を寄せていきたい!

 苦しんで知った感謝と 病む方への想いです。

 

そして 逝ってしまった母や 妹 義兄にも 

病んでいたあの時 もっと私に できたことがあったのではないか・・・

今更ながら 後悔が湧き上がってきました。

 

 情けないことに 忘れっぽい私です。

この感謝の想いは熱いうちに ブログに書き加えておかなくちゃあ・・・

「闘病記」なんて、気恥ずかしけれど やっぱり書いておこう・・・と

思っています。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「帯状疱疹闘病記」  ①帯状... | トップ |   「帯状疱疹闘病記」 ③ 帯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。