かたつむりのように

のんびり、ゆっくり、ゆっくり、・・・歩いていこう
時には アンテナをたてて・・・

「帯状疱疹闘病記」 ⑥ 夢を見ました

2017年06月18日 14時43分57秒 | 日記

痛みに朦朧として うつらうつらと眠ったり、目覚めたりを

繰り返していると 朝なのか 夕方なのか 一日が過ぎたのか、

わからなくなってきます。

そんなある日 夢を見ました。 

 

広い広い 果てしなく広い花園がありました。

まわりは山もない 一本の木もない そして誰もいない 

美しい花がただただ延々と広がっている花園でした。

その中心に 今の私よりずっと年老いた90才ぐらいと思われる私がいました。

私の足元から 8本の道が放射線状に広がっていました。

 

私はどの道を行けば 自分の家に帰れるのか

悩みに悩んで立ちつくしていました。

 

8本の道のうち 3本の道のいづれか1本が家に通じる道だと思うのに 

その中の1本がわかりません

放射線状の道は もし間違ったら

行けば行くほど先は広がって どんどん家より離れてしまいます。

私は悩みに悩んでいました。

 

そこへ今の私よりずっと若い50代位の私が現れました。

「どうかされましたか?」

「どの道を行ったら 家に帰れるのかわからないのです・・・」

「ご住所は どちらですか?」

「A町なのですが・・・」

「その町は方向的には この3本の方向だと思いますが・・・ すいません。私にもわかりません。」

「ありがとうございます」

 年老いた私がお礼を言って、ふと気がつくと

若い私の姿はもうありませんでした。

 

「どうしよう・・・」

また一人になってしまい 途方にくれました。

 

 白やピンク ブルーの花が風になびいています。

美しい花園の中で 私は 悩み 悩み 目がさめました。

 

いったい何だろう ・・・不思議な奇妙な夢でした

夢って色を感じないことが多いのに・・・

あまりにも鮮明でした。、

 

 花園は かの地だったのでしょうか?

でも 母も妹もいなかった・・・

逝ってしまった友人もいなかった

    

 

 先日 病院に行くため駅を出た時、高架から見た景色に

あっ!

と思いました。

駅を中心に道が放射線状に広がっています

20年前 当市に移り住み はじめて病院に行こうとしたとき 

放射状に広がっている道をどんどん進んで 

知らない町を迷いに迷ったことを思い出しました・・・

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「帯状疱疹闘病記」 ⑤他に癒... | トップ | 「帯状疱疹闘病記」⑦ 夫の料... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。