集団ストーカー対策ブログ

集団ストーカー被害を受けています。見知らぬ人たちの嫌がらせ行為によるダメージを和らげるためのアイデアを紹介します。

磁界強度

2017年07月15日 | 技術
Rikki Systems社が開発したiphone,ipad用磁界計測アプリSonic Tools
を使って周りの磁界の強さを測っている。

日本での平均的な磁界の強さは50μT(マイクロテスラ)程度だが、自宅や職場で集団ストーカーの電磁波による加害行為が行われている時はその数値が変動する。

私が加害行為を受けている時、磁界の数値が下がることが多い。平均的な磁界の強さの半分以下(25μT以下)になることもある。

磁界の強さが変化しているということは電波の強さ(電界強度)も変化しているはず。

スペクトラムアナライザーで低周波(数kHz以下)の電波を計測している時にも、加害行為が行われた瞬間に電波の強さが下がる現象が確認できた。

集団ストーカーが加害行為を行うときは自然界の電波と位相(波の高低のタイミング)が逆の電波を発生させていることが考えられる。

脳内の神経細胞の動作周波数は数kHz程度なので、被害者の脳の活動に干渉するためには同程度の周波数の電波を発生させる必要がある。
しかし自然界の電界の強さを上回る電波を使ってしまうと容易に計測されてしまう。

そこで集団ストーカーは複数の周波数と位相の電波を組み合わせて強さを調整し、自然な電波に見せかけた加害電波を発生させて加害行為を行っていると考える。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 騒音・振動・磁界計測アプリ | トップ | 感覚送信と磁界強度 »
最近の画像もっと見る

技術」カテゴリの最新記事