感じたこと考えたこと

日々あれこれ考えたことです

161013

2016-10-13 14:50:04 | 日記
・目の前の事柄を、とりわけ「古典」の中にそれと同型のものを見つけると、深く理解できたような気になる。 全体の中での位置付けである。(130602)

・危機から間一髪逃れることができたとき、大いなる力の加護があったのだと考えたりするものである。 そうした危険に遭遇しないようにしてくれるとありがたいのだが、その天の力は通常は放任しているらしい。 素人考えではあるが、そのほうがいいようにも思う。 朝から晩まで監視されていては息苦しい。(130621)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 161012 | トップ | 161014 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事