goo

おもて屋 とろろめし



兵庫県佐用郡佐用町のとろろめし屋さん







メニューもシンプル..メインの食事は「とろろめし」

揚げとろはとろろの素揚げ..





モチモチの食感...「うまぃ〜♪」






きたきた♪





美味しい〜♪
フアフアの..とろとろ..
あっさりしているのにコクがある..

今まで食べたとろろの中で一番かも..


(^人^)









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

栗拾い



栗拾いは幼稚園の遠足以来..
35年ぶり..w
















イガイガがあんなに痛いとは知らなかったけれど..
楽しかったです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

平等院

昨年は国宝 平等院鳳凰堂修理中だったので..
今回は拝観しようと思いました..

なのに..

受付が15時30分まで..
ぎりぎり到着したのに..

目の前で定員に達してしまった..


残念...










伊藤久右衛門本店中村藤吉本店に昨年..一昨年と行きましたので今回は「三星園上林三入本店」へ..

調べないでふらっと入ったら1500年代創業の老舗
創業天正年間(1573年から1592年)に創業した現在16代目の老舗だそうです...




一杯600円の高級抹茶..

美味しかったぁ〜








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PORTER 織りネーム



織りネームは、ブランドがその品質を保証するブランドの存在価値を主張する証。
その品質の高さは、街に溢れる「PORTER」のネームタグが物語る。





1998年からスタートした HEAD PORTERという藤原ヒロシ氏が手がけるブランドがある。
そのコンセプトはPORTERらしさを残してストリートナイズされた製品を創る事..


BLACK BEAUTYはHEAD PORTERのシリーズ..
柔らかい高密度のナイロン素材とつや消しのマットな質感で
内装生地に至るまでオールブラックで「TANKER」とは一線を画す
なんと織りネームの糸の色さえ黒である..

「TANKER」は街に溢れる..
機能とデザイン性と品質の高さが人気の理由だが..
差別化を望む気持ちに選ばない人も多い..

ちょっとイタズラ
織りネームの糸の色を変えてみた...
PORTER × SONY に赤い織りネームが存在するけれど..










ライトブラウンもいい..w



電車に乗って目の前にPORTERの鞄を持った方が座る事も珍しくない..
その方が、このネームタグに視線を注いでいると感じる場面は1度や2度ではない..
正規仕様ではなく改造品です..




















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

肥後の守


子供の頃は、鉛筆をナイフで削った..
ナイフで竹とんぼを造った..
ナイフ片手に野山を駆け回った..

いや...私はそんな時代ではない..


小学校へ入学した時..
「くろがねリビングデスク」(だったかな?)を買ってもらって
机の上にはナショナルの電気鉛筆削りが鎮座していた。

4年生になるとシャープペンシルに移行し、
中学、高校と鉛筆からは離れていたけれど、

美術学校時代に鉛筆復活..
下書きに、デッザンに、鉛筆は画材となった。


先生に、筆記具ではなく画材として鉛筆を使うなら
「刃物で削れ」と教えられた。

その頃は、スイスアーミーナイフで削っていた。




DUX社の鉛筆削りを使っていたが
色々な本で、和ナイフを使って鉛筆を削っている記事を目にして
ナイフで削っていた頃を思い出した。

その頃のナイフで削ってみたら
いい感じ..


大工の父と画家(売れない)の叔父

結局...学校の図画工作では..
工作よりも図画の方が好きで
今の仕事を選んだ私..

そこは大工の息子..
木を削る感触は気持ちがいい..




六角形の角から刃を入れる..
なので、削り面も六面になる。

芯の長さや鋭さは自在


「和ナイフがほしいなぁ」






龍野市から神戸に帰る途中で三木市の道の駅に寄った..

現在、肥後守(ひごのかみ)は兵庫県三木市にある永尾駒製作所製造の登録商標。
昭和30年代、兵庫県三木市には肥後守を製造する鍛冶屋が多数存在し
元々は三木市の三木洋刃製造業者組合の組合員だけが使用することの出来る名称だったが
組合員である製造業者が近年激減し、現在では永尾駒製作所のみとなっている。


肥後守とは、戦前から国内で使われていた簡易折りたたみ式刃物のこと。
金属板をプレス加工した簡易なグリップに鋼材のブレードが装着されている。






ロック機構はなく、使用時には「チキリ」と呼ばれる峰部分から
突起部分を親指で押さえることでブレードを固定する。



刃渡り5.5cm以上の剣、あいくち並びに45度以上に自動的に開刃する装置を有する飛び出しナイフをいう。ただし、ここでいう飛び出しナイフには、一般の飛び出しナイフのうち、刃渡り5.5cm以下で、開刃した刃体をさやと直線に固定させる装置を有せず、刃先が直線であってみねの先端部が丸みを帯び、かつ、みねの上における切先から直線で1cmの点と切先とを結ぶ線が刃先の線に対して60度以上の角度で交わるものは含まれない(2条2項)。


外出の際に、無意味に持ち歩くのはもってのほかですが..
この刃物は「武器」ではなく「道具」だと言う事...




道の駅で手にした道具は 740円
工芸品ではない道具..






永尾駒製作所製造を意味する「駒」の文字..





書を始める時にリキッドではなく
すずりに、墨を水ですりおろす行為にも似た姿勢..

気持ちがいい..

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

寶屋遊亀 



寶屋遊亀さんのゼリーをいただきました。





きれいです..




そして美味しい..
さわやか..

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パターゴルフ




パターゴルフをしました。










夏を思わせる暑い土曜日でした。












自然豊かなコース








結構難しいコースでした。


成績はともかく...W
暑いけれど楽しかった..






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

CYPRIS 馬蹄ナチュラルコードバン




小銭入れは馬蹄が好きです。

コードバンだったら濃い色で鏡の様なテカリが気になりますが
珍しくナチュラルカラーで経年変化を楽しんでいます。



縫製がしっかりしているので愛着もわきます。





日焼け後がしっかり...w
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本能寺の変 431年目の真実




以前ブログに本能寺の変 四二七年目の真実を読み
書評まがいの記事を載せました所
著者の明智憲三郎さん自身のブログで、私のコメントが紹介されていました..
この度、明智憲三郎さんから新刊「本能寺の変 四二七年目の真実」の案内をいただき
読ませていただきました。

著者の明智さんは
明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸(おづるまる)の子孫でいらっしゃいます。
慶應義塾大学大学院工学研究科修士課程修了後、大手電機メーカーに入社。
一貫して情報システム分野で活躍されました。

今回の「本能寺の変 431年目の真実 」は前回の「本能寺の変 四二七年目の真実」の修正と加筆を加えた
文庫本です。

歴史の真実は1つです。
その歴史に5人の人物が関わると5種類の記憶が存在します。
ましてや戦国時代、生き残った人物が記憶を脚色して都合のいいように作ってしまう。
そしてそれが正義になってしまう..

真実として、その脚色が事実になっていることを正す事に使命感を感じて、
子孫である明智さんは立ち上がったのだと思います。

著書に出会うまで、本能寺の変については
謎めいた部分を面白がっている自分がいました..

本当の理由を解明していない事が
謎めいた歴史ミステリーとしての価値を高め
真実の蓋を半開きにしていることで、
その暗闇の中にイマジネーションが膨らみ
物語としての面白みを増している事を
良しとしていると感じます。

しかしそれは歴史の真実ではありません。
色々なテレビの特集を観ても結論はなくて
本能寺の変については、謎のまま締めくくってしまいます。


最近でも死刑が確定した無実の方が釈放されました。
結論ありきの証拠ねつ造で、ねじ曲げられた真実を
最後まで信じて助けたのはファミリーでした。
明智さんは「本能寺の変」での光秀の無実を叫んでいるのでも
光秀を正当化しようとしているのでもはありません。
正しい真実を解き明かしたかっただけなのだと
この本を読んで改めて感じました。

信長も光秀も子孫繁栄を願っていたのだと改めて感じました。


★★★
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

甲子園観戦



今年最初の野球観戦

しかもジャイアンツ戦!




まけないぞ〜!





「お〜!」













勝った! 勝った!

9-0の完封勝利!




今日のヒーローは



能見くん!



新井良太くん!





やった〜
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

つばさものがたり



雫井 脩介  角川文庫 

火の粉..
虚貌..
犯罪小説家..

この手の作風とはまったく違う
雫井さんの世界です..

クローズド・ノートで味わった「こんな小説も書くのか..」を
思い出した作品..


天使が出てくるファンタジー物
最後に奇跡が起こるかどうかがこの作品の最終評価になると思った..

母を同じ病で奪われかけた私として..
父を同じ病で奪われた私としては..

最後は涙でした...

★★☆



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

女ともだち



真梨 幸子  講談社文庫

春の日に読む小説じゃなかった..(汗)

女性の作家だから書ける
女の妬みや嫉みが存分に描かれた作品なのでしょう
ドロドロとした感情が次々と出てくる。

「東電OL殺人事件」から
着想を得て本書を書きあげたとあります..

原作ウィリアム・ヒョーツバーグの小説『堕ちる天使』
1987年制作のアメリカ映画『エンゼル・ハート』を思い出したのは私だけかな?

★☆☆
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜 2014



今年はちゃんと撮れなかった..
いつもの阪神芦屋駅付近で一枚だけ...
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いちご狩り



何年ぶりだろう..いちご狩り..
遠い記憶は、こんな形状ではなく、土の上でした..


最近のイチゴは甘いです..




ちょっと細面の『章姫』
大きくて艶やかな美しい赤い実は、とても甘くて爽やか..





ショートケーキにのっているような、綺麗なカタチの『紅ほっぺ』
大粒で甘いです。香りも良くて濃厚..



いやぁ 食った食った...
イチゴでお腹いっぱいになったのは、記憶にありません..
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2014.4.1



今日も昨日と同じ職場で
同じ仲間で仕事をするけれど..

会社は今日..
大きくなって、生まれ変わります。
社名が変わります。
名刺が変わります。
メアドが変わります。

昨日までの会社に置いて行くもの..
今日からの会社に持って行くもの..

意識しながら..昨日までの足跡を
今日の足音に変えたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ