点Pの軌跡に対する考察

不惑に突入した単身赴任者が東京を中心に出かけたりビールを飲んだりしてる自分のためにしかならない記録

【春は上野でネーデルラントの至宝を】上野編

2017-04-23 11:22:34 | 日記

土曜の午後は上野へ。18日からのバベルの塔展を観に東京都美術館。いよいよ始まった。ツイッターに入口待ち時間なしとの情報。あわてて出かけた。
確かに人だかり部分はあるがそこまでストレスはない。有名なバベルの塔も、前列は立ち止まれないが、後列は立ち止まってゆっくり観ることができた。
伝わりにくいが、絵画の端の暗がりの人の表情であるとか、細かい所でよく分からない形の何かが、よく分からない事してたりするのも含めて細部が面白い。創造性とリアル。その情報量。例えばバベルの塔の建設現場。細部見るために双眼鏡?使用の人もいた。
およそ16世紀、ヒエロニムス-ボス、ピーテル-ブリューゲルの時代。イタリアルネサンスに触発されてネーデルラントで花開いた創造性というと、かっこいいが、非常に創造的というか個性的過ぎ。それでいて精緻。

あえて言うと、へんてこなのが、いっぱいいて面白い!



●展示にあわせた企画によれば、ブリューゲルのバベルの塔の高さはおよそ510mとのこと
●ピンズガチャで、狙ってたのとは違うが、へんてこなのが出てきた。誰かにあげよう。300円。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【道路を渡り生春巻きを食べ... | トップ | 【初夏の小江戸を歩く理由】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。