代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

本日は日本で議会制民主主義が提唱されて150周年記念日

2017年05月17日 | 赤松小三郎
 ほとんど誰も認識していないとことであるが、本日(2017年5月17日)は、日本で初めて議会制民主主義の憲法構想が提唱されて150周年記念日になる。旧暦と新暦の違いはあるが、ちょうど150年前の慶応3年(1867年)5月17日、信州上田の松平伊賀守家中の下級武士・赤松小三郎が、先の越前侯にして公儀・政事総裁職でもあった松平春嶽に「御改正口上書」を提出した。

 松平春嶽の政治記録書である『続再夢紀事』の慶応3年5月17日の記録として、「同日赤松小三郎来り意見書を出す 赤松ハ松平伊賀守殿の臣なり 今左にこれを附記す」と記され、小三郎建白書の全文が転記されている。

 正確な日付は不明であるが、同じく5月に、赤松小三郎は薩摩の国父・島津久光と徳川政権にたいしても、ほぼ同じ内容の建白書を提出している。

 赤松小三郎の建白書は、普通選挙で選出された議会が、「国事のすべてを議論し、決定する」という議会を国権の最高機関とする統治機構論、さらに、法の下の平等、国民一人ひとりの個性の尊重、職業選択の自由などの人権条項をも含む内容であり、日本最初の民主的な憲法構想といってよい内容であった。

 日本において、財産制限のない成人男子の普通選挙権(=男性選挙権)が認められたのが1925年、女性も含む完全な普通選挙権が認められたのは1945年を待たねばならない。赤松小三郎は、それより78年前に、財産制限のない男女普通選挙権を構想していた。
 しかも、赤松小三郎が構想した「議政局」は、首相のみならず、全閣僚と各省の事務次官レベルの高官の任命権を持つなど、現行憲法と比べても、立法府の権限が行政府に対して優越することを明確に規定する内容であった。

 じつはこの幻の憲法構想は、実現一歩手前の段階まで来ていたのである。明治に出現した祭政一致の専制体制は、歴史の必然ではなく、日本近代には「別の道」があり得たのだ。その実証を試みたのが、拙著『赤松小三郎ともう一つの明治維新』(作品社)。
 手前ミソで恐縮ですが、「幕末における幻の民主憲法構想」、興味のある方はぜひ読んでみてください。






『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水戸学と吉田松陰とテロリズ... | トップ | 文科省vs安倍官邸、どちら... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (麻生博美)
2017-06-11 17:43:56
息子が購入した、関さんの著書「赤松小三郎ともう一つの明治維新」を読ませていただいたことがキッカケで、15日に上田に行くことに決めました。赤松小三郎記念館にも訪ねてみたいと思います。関さんがこの本を書かれたことで、小三郎の無念は随分晴らされたと思います。後は、日本社会が今のような危険な状況から脱して、本当の民主制国家に移行することで、小三郎の無念もすっかり晴らされるのではないかと思います。人間の一生は誰一人例外なく大切なかけがえのないものです。差別や暴力、暗殺や戦争という愚かな行為を繰り返すことを止めること以外に人間が個人として自由に幸せに1度限りの人生を生きる路はないと思うと、今は一層一人ひとりの良心と行動のありようが問われているのではないかと感じています。旅慣れない私が千葉県の我孫子からせっかく、小三郎が生まれた上田に行くことになったので、キャンプ場も利用して少し長めに滞在しようと思います。勿論、赤松小三郎の本も持参で。。
上田いかがでしたか? (関)
2017-06-17 22:05:15
麻生さま

 この間、あまりにも多忙で返信が遅れてしまい申し訳ございませんでした。真田丸ブームが一段落した中で、赤松小三郎目当てで上田に行ってくださったとのこと感謝の念にたえません。
 ご旅行はいかがだったでしょうか? 小三郎関係の史跡はあまり多くないので、行ってがっかりされていないかと心配でもあります。
 本当にありがとうございました。

 
 
こんばんは (麻生博美)
2017-06-19 20:41:32
関さん、心配にはおよびません。私はまだ上田にいます。それから真田丸ブームの事は私も息子も全く知らずに行きました。駅着いたら真田丸のぼりだらけでちょっとビックリ。小三郎のこの字もないのはさみしく感じます(苦笑)昨日、市のキャンプ場に移動して、明後日また駅近くの宿に宿泊予定です。着いた次の日から赤松小三郎の生誕の地の辺りを歩き、毎日2~3時間は歩いていました。赤松小三郎記念館についてはとても書ききれないので帰宅してからコメントさせていただきます。キャンプ場は電波はおそろしい程良いのですが、充電が出来ないのでスマホは殆ど見られないでいます。上田駅近くに戻ったら赤松小三郎関係の場所もう少したずねてみるつもりです。記念館では顕彰会の年配の方に話しと案内をして頂いて、こちらからは質問ぜめにしてしまったかも(笑)。おもしろいこと、疑問も、思うところもあって有意義でした、関さんにお話ししたい位です。生誕の地にも行ってみましたが碑が立っているところとは少し場所は違うようですね。では、また。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL