代替案のための弁証法的空間  Dialectical Space for Alternatives

批判するだけでは未来は見えてこない。代替案を提示し、討論と実践を通して未来社会のあるべき姿を探りたい。

イスラエルにはめられた安倍首相は万死に値する

2015年01月22日 | 政治経済(国際)

 これまで日本はパレスチナ紛争においてイスラエル寄りの立場に立つことはなく、中立の立場で外交をしてきた。それゆえパレスチナからも一定の信頼を勝ち得ていた。もちろんそれでよかったのだ。

 この間、安倍晋三首相は急激にイスラエル寄りの立場への転換。あろうことかイスラエルへの武器輸出の方針まで打ち出されている。これで日本はイスラム国の敵とされてしまった。この首相の愚かな外交の転換で、日本人の命はどれだけ危険にさらされるか分からない。
 
 だいたい安倍首相は選挙戦の際に「中東外交ではイスラエル寄りの立場を鮮明にします」などと表明したことはない。こんな危険な外交転換の白紙委任状を、日本国民は安倍首相に与えた覚えは全くない。

 「イスラム国のテロには屈するな」という威勢のよい掛け声が飛び交っているが、これはテロに屈する云々という次元の話ではない。私たちはイスラエルの行う国家テロを支援する「テロ支援国家」になるべきではないのだ。
 昨年、イスラエルはガザに対する攻撃で2000人以上の市民を殺戮した。これは正真正銘の国家テロである。日本はイスラエルのテロに屈してはいけない。従来通り、中立な立場でパレスチナ紛争の解決のために貢献しようとすべきである。

 
 ユダヤ・キリスト・イスラムの宗教戦争に、日本が巻き込まれる義理も道理も一切ない。それら三宗教のいずれからも距離があるのだから、宗教戦争を回避させるために文明間の対話の仲介をすることこそ、日本に課せられた役目であろう。

 本日(2015年1月22日)の東京新聞の特報面では、千葉大の栗田禎子教授が「(イスラエルの)国旗を背に『テロに屈しない』と会見した安倍首相は、地域に『日本はイスラエルの仲間』と印象づけた。イスラム国の術中にはまった」と述べている。

 
 IWJの岩上さんが元内閣官房副長官補・柳澤協二さんに緊急インタビューを実施している(その動画は以下)。

 東京大学名誉教授の板垣雄三氏は、「安倍首相はイスラエルにはめられた」という認識を示した。「政治的ミスだね。イスラエルにとって、まんまとパートナーに引きずり込むことができた。日本はイスラムとイスラエルとの対立の構図に巻き込まれたのでしょう」。この泥沼の戦いに引きずりこまれれば、日本も「滅びの道をたどることになる」と警鐘を鳴らしたそうだ。

 柳澤協二氏は、「イスラエルは、したたかな国です。とは言え、乗せられた奴が悪い、馬鹿なんです。日本の外交は『アメリカの目で世界を見る』ということ。独自の目で中東を見るということができていれば、もっと慎重に対応できていたのではないでしょうか」と。柳澤さんは、邦人の命を救うため安倍首相の「辞任」を提案している。

 

岩上安身による元内閣官房副長官補・柳澤協二氏インタビュー(柳澤提案)


 
 ちなみにシャルリエブド事件に関しても、イスラエルの作戦を指摘する声はある。元CIAのサイバースパイだったエドワード・スノーデンは、シャリルエブドのイスラム教冒涜の風刺画そのものが、イスラエルの諜報機関の特殊任務の一環として展開されていると述べている。以下引用する。

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/51318

スノーデン氏はまた、「イスラエルの情報機関や特殊任務を行うイスラエル関係者は、この要請に応じ、イスラムの預言者ムハンマドを侮辱する風刺画を発表することで、西側諸国で作戦を開始し、ヨーロッパ在住のユダヤ教徒を嫌悪する雰囲気を作り出し、やむなく彼らがイスラエルで生活するように仕向けた」と述べました。

 孫崎享さんは以下の画像をツイートしていた。拡散させていただく。シャルリエブドは、イスラム教は冒涜しても、ユダヤ教を嘲笑する風刺画の掲載は許さなかったそうだ。サルコジ元大統領の息子が金融上の実益のためにユダヤ教に改宗した事実を風刺する漫画を描いた風刺画家は、シャルリエブドから解雇されていたのだと。
 解雇された元記者は、「言論の自由はイスラムを批判するすべての者に適用される。しかしあなたがユダヤ人の政治家や大金持ちを批判すれば、ただちに「差別主義者」と呼ばれるだろう Freedom of speech protects anyone who is critical of ISLAM- But If you are critical of JEWISH Politician- Millionaires, the get ready to labelled a RACIST!」と風刺している。

 
https://twitter.com/kamezuki/status/555566994854907904/photo/1 

 


 フランスも日本もまんまとイスラエルの術中にはまっているのではないか? これはテロがどうこうという次元の問題ではない。宗教戦争に対して、私たちは中立であるべきなのだ。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30年戦争の再来 | トップ | アベノミクスの金融緩和はT... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL