不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

タマミジンコのタマさん

2017年09月30日 23時10分58秒 | 日記
今冬の目標は、ミジンコの培養飼育です。温度低下でどれ程の影響があるのか、メダカのベランダ水槽での飼育と同じく予測が付きませんが、ミジンコのペットボトルは室内無加温の発泡スチロール箱でのフタなし収納予定です。

稚魚メダカの室内飼育も現実的な選択肢として、アタマの片隅に入れておきます。キンブナを飼育した事はあったのですが、何も考えずにタダ飼ってただけなので、ミナミヌマエビやメダカたちが無事に冬を越せるのかちょっと心配です。

冬場はメダカたちの活性が下がると思いますので、ミジンコの世話が一番の楽しみになる予感がしています。なのでえミジンコの呼び名を「タマミジンコのタマさん」,「オオミジンコのオオさん」とでもしておきたいと思います。

どちらもゾウリムシと同じく、2Lペットボトルをベースタンクとして主に500mlペットボトルに株分けしていますが、「タマミジンコのタマさん」を300mlペットボトルに移行していく予定です。

分け方が下手で、上手く小分けに出来なくて本当に増えるまで時間が掛かりそうです。生体に与える負担を減らしたいので、分け直しは極力避けています。ゾウリムシと違って相当デリケートにできているような気がしていますので、軽く撹拌するのもゆっくり丁寧にを心掛けています。

2017年09月30日 土曜日 曇り時々晴れ
きょうは、モスマットの位置を変えたり、60cmメイン水槽にミジンコを投入したり、エアーポンプを大きいのに変えたりしました。

ベランダ水槽160日目の様子

飾り付けはともかく、機能的には多分これで完成形のお終いです。後は水作エイトコアM等カムフラージュしてぼかす事ぐらいだと思います。投入したミジンコの生存率を高めるために、投入方法は考えておかなくてはなりません。


L字型流木は、やはり水草の端をカバーするくらいしか使い道が浮かびませんでした。難しい形状の使い道を考えるのも楽しみの一つですかね。(^_^;)

濾過能力に不安があるので、エアーポンプを水心SSPP-2Sに変更強化しました。音がかなり大きくなって気にはなりましたが、吐出量も一応増えたので良かったです。それでも小型扇風機よりは静かなので問題無いかもです。

スケルトンなオレンジ系メダカ

理想からは程遠く、購入したのはある意味失敗だったのですがいろいろな事業者様,出品者様がおられる事を知ることが出来ました。貴重な経験値を上げることができたようです。ウチの楊貴妃系?オレンジメダカは胴体の透明感があり過ぎて残念としか言えないのですが、改良メダカの世界もなかなか難しいです。(ノД`)・゜・。

あしたからは更に、ミジンコさんのローテーションを考えて世話やり等していきたいと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

駄目アクアリウム真っ只中!

2017年09月29日 22時35分03秒 | 日記
今朝も飽きずに水槽レイアウトの景物で、さながらブロック遊びです。(^_^;)

L字型流木のブックエンド風の置き方は、モスマットがツツジの角刈りーナ見たくなったので辞めたいと思いました。右か左か、何処へ置けばいいかも分からなくなってきました。スクリューバリスネリアとウィローモスの位置関係も、サッパリ判らず上流部か下流部か、自然での植物の生え方なども判っていません。

スクリューバリスネリアは、もうめんどくさいので水作エイトコアMの反対端に置いちゃえ!とも思ったのですが、理由は水作エイトコアMの際に置くと、水作エイトコアMメンテナンス時に葉っぱが邪魔になりそうだと思っただけの事です。スクリューバリスネリアは、単独で絵になる優れモノですが当然ながら根を張るので位置決めと修正が手間取り、やっぱり難しいと思います。

グダグダどれだけ迷っているのかと、我ながらしみじみ考えます。60cm水槽アクアリウムも侮れません。(; ・`д・´)

ベランダ水槽159日目の様子

モスマットが押し込まれてしまって窮屈そうです。やっぱりモスマットは、下流域である左側に置きましょうかね、と思います。


カットされた流木は、カット面が不自然な気がして使い難いものがあります。手元にある材料を、どうやって置くかで感じが変わっていくので楽しいっちゃ楽しいですが、終わりが見えない難しさと自分自身のセンスの無さに参っています。

2017年09月29日 金曜日 晴れ
きょうは、ペットボトル空き容器が使いたくて、三ツ矢サイダー300mlペットボトルを買ってきました。ミジンコ培養水を約1合ドボンする為ですね。(^^♪

ペットボトルの形状やキャップの色などで、意外と強く好き嫌いの好みが別れるもので、無駄に遠回りしてきちゃいました。ドクターペッパー500mlボトルの形状は、素直なボンベタイプに見えて悪くありませんでした。ドクターペッパーは、癖になりそうな美味しさでこれは無駄ではありませんでした。

失敗したのは、三ツ矢サイダーPET500ml矢羽根ボトルで、ボトルに凹凸があるのが残念でした。通常デザインの ピュアボトルであれば理想通りだったのですが、デザイン違いで中身が被ることが勿体無く思うものの、サイダー好きなので無駄ではなかったかもです。(^-^;

素直なツルンとしたデザインと足の部分のしっかり感が理想的だったのですが、千差万別で面白いです。

30cm稚エビ稚魚水槽の様子

30cm水槽メダカの稚魚が、まだまだ粉餌食べ盛りみたいです。冬までに体力付くか?漠然としたイメージも浮かびません。元気でいてくれさえすれば良いとだけ思います。流木のアクがまだ抜けてないです。

株分けしたタマミジンコは、まだ小さく数も少ないので増えるのに時間掛かりそうです。分け方が悪かったみたいで、培養水が少ない方が分けたりドボンするには都合良さそうなのですが、少ない水でミジンコが増えるのかというのが課題ですね。

少な目培養水でミジンコ爆植を目指して頑張ってみます。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

飽きずに続ける水槽レイアウト

2017年09月28日 21時12分11秒 | 日記
たったの60cm水槽1つのレイアウトでアタマを悩ましている、脳天気?なアクアリストの私です。

60cmメイン水槽のレイアウトには、解けないパズルに挑んでる様な馬鹿馬鹿しいようでいて、ゴミと芸術の紙一重的な面白さがあります。私の場合は、圧倒的に前者のゴミ屑レイアウトになってしまっているのですが、飾り付けのセンスや技能は皆無と割り切って、最低限の機能性だけを追求していく事に決めました。

ベランダ水槽158日目の様子

水作エイトコアMを エアチューブの水槽内での長さを短くする為だけに右奥に移動しました。カムフラージュは、後で追々試してみます。

手持ちの流木の使い方なども、パズル的な要素があってめんどくさいです。苦心して考えてみても全く上手くいくことがありません。私の場合は、飾り付けは本当にダメだと思います。(-_-;)

レイアウトよりも大事な、水質管理も全然ダメでメダカが落ちまくっている現状です。pHが何故か酸性に寄っていて、硝酸塩濃度が慢性的に高い状態が続いています。メダカには、中性から弱アルカリ性寄りの方がいいらしいので、思った以上に負担になっているのかも知れません。

餌の与え方には、注意して行かなくてはなりません。メダカがこっちを向いてのクレクレアピールをしても、絶対に余分には与えないよう肝に銘じておきます。餌を与えていい気になってしまうのは、人情なのでしょうか?自己満足の為に、環境に悪影響を及ぼすことが無いように以後気を付けます。

2017年09月28日 木曜日 雨
この頃、住宅建築やら修繕工事で騒がしくて迷惑しています。どこも大変なんですね。お互いさまなのだと思います。早いとこ静かな環境に戻って欲しいです。

悩みは尽きません、そういうモノなんですね。人間のサガと言うか、我儘っていうのは。( ;∀;)

きょうは、レイアウトで閃くことがありましたので、明朝早速試してみようと思います。L字型流木のブックエンド的活用法なのですが、本当にパズルと言うかブロック遊びのようですね。楽しいっす。(ノД`)・゜・。

ミジンコ培養容器としてのペットボトルは、実物を見て買わないとダメでした。ミジンコが、気持ちよく遊泳できるようになるべくならデコボコの少ない容器が理想的なのですが、緑色キャップのサイダーのボトルはデコボコ模様がありました。画像では、ラベルの印刷と認識していたので目測を見誤りました。

あしたから、いよいよタマミジンコの株分けに着手していく予定です。ミジンコ1種類に、ペットボトル7-8本というのはさすがに邪魔になりそうで、実際の運用方法など考え直した方が良さそうです。

培養した水ごとドボンする与え方がラクで良さそうなのですが、とすると水量が相当控え目にしないと水槽の飼育水が早く傷みそうなので、どうしたものかとも思います。

こぼれを防ぐのが目的であれば、ペットボトルの容量は500ml未満でも良いのかも知れません。いろいろと分からない事だらけですが、あしたも適当に頑張ります。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

メダカ水槽 もう来年の為に

2017年09月27日 22時28分46秒 | 日記
なんかとっくにメダカの卵も生まれなくなって久しいですが、ミナミヌマエビの子供たちも結局は抱卵するまでに至らず、メダカもミナミヌマエビも来年のシーズンに期待するほか無さそうです。

メダカの種類は、楊貴妃系はもういいですって感じです。稚魚が白すぎて成魚になっても絶対無理だろうという色合いで、最初から白メダカ,クリームメダカを望んでいたなら幸せになれただろうと思いますが。赤色のメダカを欲していて白っぽいメダカが増えても、ちょっと厳しいところです。

これからは、餌やりを1日1回か今までの半分の量を2回に分けて与えようと思います。生き餌として、ミジンコを主として与える予定で配合飼料は、寧ろおやつ代わりに与えていくぐらいに、割合を逆転させていきたいです。

水槽内でのミジンコの隠れ家は、まだアイディアが浮かびませんが、壁面に網戸ネットをキスゴムで止めても良いかもしれません。30cm水槽に入れたオオミジンコを見ると、水槽の角や壁面でピコピコしている事が多い気がします。メダカが入らない隙間を作りネットを固定すると、コケ取りの為に石巻貝も掃除ができなくなるのは、ちょっと引っ掛かるもののヒメタニシの稚貝が居れば問題なさそうです。

ミジンコ培養の為のペットボトルを多数購入しました。炭酸飲料の丸みがあって丈夫そうなのを選んだつもりですが、コンビニ等でまとめ買いするのも気が引けるので、ロハコさんの6本セットを買いました。三ツ矢サイダーとドクターペッパーの500mlは、自分が飲みたいのとボトルの形状が決め手でした。

ペットボトルのタマミジンコとオオミジンコへの振り分けをどうするかは、まだ決めかねています。手持ちのサイダーボトルと合わせて、7本のペットボトルを毎日ローテーション組んで使って行くのもありだと思います。

2Lペットボトルは、万一の場合に備えてのストック用にしていくつもりです。オオミジンコの培養の方法は、まだこれ!といった方針が決まりません。稚魚水槽で沢山増やせたら良いとは思うのですが、タマミジンコに比べて増えるのに時間が掛かりそうで、いいアイデアが無いか考えたいです。

2017年09月27日 水曜日 晴れ時々曇り
ベランダ水槽157日目の様子

レイアウトはもう、飾り付けは二の次になってきました。稚エビと稚魚の為の保護シェルターと成魚の餌やりエリアに分けていこうかと。(^^♪

きょうは、断水だったので水が止まらない朝早いうちに水換え20L位を 強行しちゃいました。飼育水槽のバクテリアが全く機能してなさそうなので、GEXの添加剤3種類を 汲み置いていた水に溶いて注入しています。水換え後の白濁りがしなくなったのは、確かに効果があると実感しています。

せっかく水がきれいになったので、餌やりを減らして水を汚さずに水質を維持していきたいと思うのですが、まだまだ体調の悪そうなメダカが多いのは、pHが酸性になっているせいもあるのか気になります。

あしたは、ミジンコの株分けなどしていきたいと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

流木の置き換え

2017年09月26日 22時51分15秒 | 日記
綿かぶり病メダカを治せませんでした。orz
プラケースから太鼓鉢に移動させて、エアレーションした矢先に急激に体調が悪化して、転覆して沈んでしまいました。やせ細り気味で合併症があったのかも知れません。(ノД`)・゜・。

親魚候補だったので、かなり悔しいのですがそれ以上に可哀想でした。初期の綿かぶり病などメチレンブルーの薬浴で治せると思っていたので、どうしてダメになってしまったのか?合併症と、気温上昇と溶存酸素量低下、容器移し替えでドボンしてしまった事、エアレのプラストーンが沈まず水面付近にあった。プラストーンが古かった等々と思いつく理由は幾つかあるものの、はっきりした原因は特定できません。(-_-;)

メチレンブルー溶液が余ってしまったので、ついでに白点病でもない似た病気の琥珀メダカを薬浴させておきました。大きめの琥珀メダカは、餌食い強者でやせ細りとは無縁のバイタリティーを感じさせる個体で、もしかすると完治が期待できるかも知れません。一応4-5日は、様子を見てみます。

気持ちの切り替えの為にも、思い切って流木の置き方を変えました。
ベランダ水槽156日目の様子

発想の転換など、思考が硬直化してるらしく本当に苦手だと分かりました。まだレイアウトはおかしいです。これからは、観賞目的よりもミジンコと稚エビの生存率を高めるレイアウトを優先していきたいと思います。

特定の生きものに固執せず、水槽内の生物全体で1つの生態系が型作られるようにして行ければ良いかなっと思います。水草もメダカも上手くいかなかったので、失敗者としての苦肉の選択なのかも知れないです。

2017年09月26日 火曜日 晴れ
今日もいろいろ上手くいかない事だらけでした。悲しいことは、絶対助けられると思っていた親魚候補のメダカを助けられなかった事で、プラケースでジーっと耐えていた様子が可愛らしかったこともあって、悔しくて悲しいです。

メダカの為にも住み良い環境を整えて行かないとと思いました。水を汚さない生き餌としてのミジンコの生存率を高めることも、大事な目標の1つですね。自然に近いサイクルで回るように出来れば最高なんだと思います。

なんだか最近いろいろとついてない事も多いですが、水換え等サボらずに実施していこうと思います。あしたも、適当に頑張っていこうと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加