不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

改良メダカ飼育の趣味

2017年08月26日 22時54分16秒 | 日記
メダカ購入で、良かったこと悪かったことがハッキリしてきたので、一寸書いてみます。

全て通販購入なので、まず写真と実物のギャップはある事が多いです。自分が素人でもあり出品者様の写したベストコンディションに持っていくことは、まず不可能だと思いました。

普通体型のつもりで購入、落札して何故か半ダルマであったりヒカリ体型が混じったりする事が普通にある。作出過程での固定率の反映なのだと思います。なので、いきなり作出過程での選別の難しさを否が応でも味わわされる事になります。

飼育してみると、自分好みの品種と体型が判ってきて、改めて改良メダカのバリエーションの豊富さに感心させられます。おれのイチオシは、やっぱりブラックパンダメダカですかね?単独種でも良いですが、混泳魚の色味を引き立たせる効果にも期待しています。

ブラックパンダメダカの針子

特徴であるパンダ目にも保護色作用があるようです。環境によってはパンダ目じゃないように見えても、次第に落ち着くとそれなりにパンダ目らしく変化するのを今日届いたブラックパンダメダカの成魚で目の当たりにしました。ウチで生まれ育つ個体であれば、ほぼ無条件に愛着も湧くのでしょうが。

いろいろ失敗したメダカたちを 快適に過ごさせあげられるように、選別漏れメダカの楽園は必要なのかな?と考えています。メイン水槽で失敗だらけの混泳を見るのも気が滅入りそうなので、勝手ながら自然任せにしておける環境を作りたいです。ビオトープを作るのも1つの方法でしょうか?

2017年08月26日 曇り時々晴れ
ヤフオクで、ポイント還元のクジがあってちょっと還元率上がったので、ちょこちょこ落札したのですが、還元率アップがあると出品する側としても助かる気がします。

きょうは、60cmメイン水槽の水作エイトコアカートリッジの中身を活性炭からゼオライトに詰め替えました。

やはり気軽に部品交換できるおおらかさが、人気の秘訣なんだと納得させられます。60cm水槽の必要容量の1/4程の量ですが、補助としては十分だろうという感覚です。アンモニア濃度を測る試薬を購入する迄には至らないので、ゼオライトを試します。逆にアンモニアを吐き出す頃にはバクテリアが機能するように期待しています。

ベランダ水槽125日目の様子

ドジョウの餌にはやっぱりミナミヌマエビとメダカがいち早く反応します。底の方に居るのが好きなメダカにとっては良いごはんかも知れません。

やせ細りで、2匹のメダカが☆になったのですが原因も判らず決めた通りの餌やりと換水をスケジュール通りにこなすしかありません。あしたも、適当に頑張ります。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

冬越しに備えて?

2017年08月25日 23時34分04秒 | 日記
これから孵化する卵たちの事を考えてもピンとこないのですが、対象の生体と同時注文したのでないといけないので、念のためにチャームさんで生体と黒い発泡スチロール容器をポチりました。

但し今が気温と日の差し込みで、最高に暑い季節なので当分の間使えそうにありません。直射日光が当たれば省エネ温水器になってしまうようで怖くて使えないので、日除けの仕方を考えて使わなければならず難しいかもしれません。

多分ですが、発泡スチロール容器は選別漏れメダカの楽園にしようかと考えています。黒い発泡スチロールでどれだけ色が変わるか気になるのか興味もあります。

で、30cmガラス水槽はやめて、同サイズくらいのプラケースに移行しようと思います。メンテナンス等で、いちいち持ち上げていたのでは緊張感もですが事故った時の何重ものダメージが大きすぎますので、プラケースにしておこうかと。


2017年08月25日 金曜日 晴れ
一昨日昨日今日と、GEXのサイクルを投与してきたのですが投入後微粒子汚れが目立つのは気になりました。飼育水のバクテリアと競合しているのか?水道との相性でもあるのか?気にはなりますが。

ベランダ水槽124日目の様子

やっぱりやせ細りの大きなメダカが餌食い悪くて、心配です。もう既に老魚になっているじゃの様な感じです。輸送中に?沢山の卵を産んでくれた個体かも知れないので、無下には扱うわけにいかず、60cmメイン水槽で大切に飼っていく予定です。

明日からは、準備してきた平台車を使う方法を探っていければと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

水草の根元を束ねて隠す

2017年08月24日 23時27分14秒 | 日記
あまり根付かせたくない水草を 簡単に固定するのには纏めて束ねて、ビニール紐で緩く縛るのが良さそうで、実際試してみたら白い紐が目立ちすぎて失敗でした。

と言うことは、緑や黒の紐を使えばよいのだということに今日気付きました。紐で纏めたら、流木などで軽く押さえて隠せば良い感じに仕上がるみたいでした。

この方法でスクリューバリスネリアも、根付かせないで仮止め状態で最良の位置を探そうと思います。

2017年08月24日 木曜日 晴れ
久々に酷い暑さで参ってしまいます。特に夜になっての風の無い熱気が結構辛いです。


きょうは、大きなメダカの1匹がやせ細り気味でよろよろしだしたので、稚魚用ネットに暫くの間隔離して餌やりを試しましたが、餌を食べる素振りは見せても直ぐに吐き捨ててたので悩みましたが、ゾウリムシに少し反応して次第に少しは改善したようなので、暗くなる前にメイン水槽に解放してやりました。

ベランダ水槽123日目の様子

流木選びは何時まで経っても難しく、パズルのようで楽しくもあるのですが拘りだすと際限なく迷ってしまうので、面倒なのは確かですがやっとこさ着地点が見えかけてきたところかと思います。

広口瓶に隔離していたヤゴが珍しく姿を現わしました。

普段は完全に居場所が分からない状態なので、居ることにすら驚きでした。ゾウリムシをほんの少しの与えておきましたが、メダカ等生体を与える余裕は今はまだありません。

それから今日は窓周辺の見張り番?のハエトリグモも見つけました。

かわいいぬいぐるみみたいですが、念の為に夜間は針子のプラケースのフタをしておきました。

熱帯夜での熱中症が心配な暑さですが、あしたも適当に頑張りたいと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

滝と言うより噴水みたいな

2017年08月23日 21時59分26秒 | 日記
底面フィルターのエアリフトで滝を表現しようと思っていたところが、普通に噴水レベルに落ち着いてしまった件の続きです。

投げ込み式フィルターの水作エイトコアMを 底面フィルターのパイプ後ろに設置できるように、前方に移動させてみました。底面フィルター手前の砂の深い部分が狭まるのだけがちょっと残念でしたが、その分後ろ側に根を張る水草を多く植えやすくもなるので、まあしょうがないかと思います。

前方に移動前

前方に移動後


移動時のスケール確認は、水作エイトコアMのパッケージの窓用透明プラ板?がとても便利に使うことが出来ました。(^^♪

水槽から砂を取り除くことなく、底面フィルターの位置調整したのは、まあまあ良く出来たようにも思います。吐出口を高くするのに水作ボトムフィルターMの細パイプを使ったら間に合ったのも、水作ボトムフィルターMが無駄にならず良かったです。


滝を表現することを目指したものの、結果このレベルです。流木との組み合わせも想像したようには行かずに、思う通りにはならなかったです。

2017年08月23日 晴れ
きょうは、ブラックパンダメダカの針子が8匹になりました。暑さのせいか、念の為にゾウリムシを与えると食いつく個体もありました。食いついてから吐き出すのが多いので餌食いの練習をしているのか?とも思いました。


ペットボトルでは見え難いゾウリムシが、泳いでる様にもちょっと感動です。

ベランダ水槽122日目の様子

水作エイトコアMは、左サイドガマの穂後ろに置きました。側面と後部ガラスにくっつけて置いてあります。悩みどころの流木は、まだまだ何かおかしいです。ウィローモスを巻いてみたら大きく化ける予感はするのですが。どうしたものかと悩みのタネにもなっています。

水槽レイアウトのモチーフは、庭に滝のある風景だったのですが全く出来てません。間違ったパターンから抜け出せないところに限界を感じますが、何とかして改良を試みたいと思います。それでは!。

この記事をはてなブックマークに追加

まーた失敗をしてやり直し。 (ノД`)・゜・。

2017年08月22日 21時32分27秒 | 日記
昨日は、底面フィルターの目詰まり防止のストッキングを2枚重ねにしていて、通水性がダメでした。(最初から軽く目詰まりしたような状態。)

ベランダ水槽121日目の様子


そして今日も砂を除けて底面フィルター設置し直して、吐出口からの流量も納得はしたもの、今度は底面フィルターからの流水を滝に見立てるならば?吐出用パイプが多少は前めにあっても良いかもね、などと思い。

納得できるぎりぎりの流量


吐出口パイプの陰に水作エイトコアMを隠す。そしたら懸案だった?水作エイトコアMを目立たなくするのに好都合じゃないのかな?となりまして、とっくに砂を敷いて水づくりを始めてからの思い直しで、いちいち迷いながら間違っています。( ;∀;)

とは言っても水作エイトコアMを 側面にピッタリ付けての石巻貝の進路妨害もできれば避けたいのと、狭い一角での万一の挟まり事故など考えると、ギリギリのところで吐出口パイプを手前側に移動しても意味ないような気がしてみたり。

しかも反対サイドにはガマの穂(フィルタースポンジ)を差しているので、後ろに水作エイトコアMを置くことができません。フィルタースポンジを手前にもって来るのも、目に付いてしまって良くないかということでどうしようかなっと決めかねています。

後で水作エイトコアMだけを移動した時に、いろいろ選択肢が多い方法も探してみたいので、パイプ後ろのスペースを空けておくのも無駄にはならないとも考えると、やはり砂を部分的に除けて底面フィルターの位置を手前にずらしてみることから試そうと思います。

2017年08月22日 火曜日 晴れ
きょうは、隔離繁殖で採卵していた、ブラックパンダメダカの卵が孵りプラケースに針子が1匹浮いていました。

獰猛?な先輩稚魚メダカの犇めく30cm水槽に、今すぐには合流させられないので孵化目前の卵とどう分ければ良いのか、ちょっと混乱しています。孵化が近い卵たちは汲み置きしておいた水で換水すれば良いのか?針子のいる容器では換水は避けるべきかなどといった事で頭を悩ましています。

とりあえずは稚魚水槽に合流させられるまで、針子はプラケースで育てみることにします。いろいろと回り道ではありますが、適当に頑張ります。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加