不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

琥珀メダカかも

2017年08月31日 22時27分44秒 | 日記
赤系黒鱗と思っていたかっこいいメダカは、婚姻色の出た琥珀メダカだったのかな?と今頃になって薄々感づいてきました。

琥珀メダカは、十分きれい目なメダカだと思うのですが、体型とヒレの長さと目の大きさで、個体差が大きくバラツキがとても気になってしまうのも事実です。ただ単に、ショップのあり方と自分のクジ運の悪さが影響したのかも知れませんが。

こんなメダカを買おうという気は全く無かったです。(-_-;)

目が大きく背びれが長いです。このような差異などは、多分改良メダカにはありがちな事なんだろうという思いで諦めてはいます。

ウチで生まれたブラックパンダメダカ?

ウチで生まれたのでさえこのような有様なので、固定率などによってはバラツキが出るのは仕方ないのだと割り切って考えるしかないようです。本当に信頼のおけるショップ様等からでないと、無駄遣いが怖くてもう関れないと思いました。通販での買い物も難しいものです。

2017年08月31日 木曜日 曇り時々雨
きょうは、古代魚のような黒鱗が孵化して針子が6匹になりました。卵の状態からの落札というのは、間違いなく未選別なのでこれも1つの正解なのだと思いました。

レッドドラゴン?も親魚候補が1匹でも現れれば御の字だと思います。色揚げの為にいろいろ工夫する程の熱意など持っていないので、普通に飼っている範囲で少しでも良い色が出る事を期待するしありません。

涼しくなって、あとは冬越し迄に稚魚を大きく育てることが目標になりそうです。明日からも餌のやり過ぎにだけは気をつけて、病気発生を防いでいきたいと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

針子の誕生が楽しみ

2017年08月30日 22時14分09秒 | 日記
卵の世話が難しくて、飼育水槽のモスマットに載せる形で丸投げしちゃったものですが、かなりの数水槽の底に落ちてるらしく、底床掃除を兼ねてスポイトで吸うと卵がいくつも出てきました。

そしてまた卵を慎重に、モスマット等水草の上に落とすのですが、これでもラクなことは確かなので後は孵化率が下がらなければ良いです。それぐらい孵化間近の卵の管理が難しく感じます。

本当に孵化間近の卵には触りたくないと、思っています。とてもデリケートな卵なのに、孵化済みの卵の殻とか死卵の水カビなどが絡み付いてても、取り去ることが自分には出来そうにないので、稚エビたちがお掃除やらお世話してくれれば御の字かという甘い考えで、飼育水槽に入れてしまっています。

浮草か水草に付着した卵では、このやり方で問題が無かったのですが、卵の単独投入だと稚エビたちの突き連打やラムズホーンの口撃にやられる事が心配です。楽観的に考えれば、水カビ等で悪く柔らかくなった部分をきれいに掃除してくれるんじゃないか?なんて思ったりもします。

今日も古代魚風めだか黒鱗と思しき針子が2匹孵化してたので、100%間違いという訳ではないようですが、本当にモスマットをすり抜けていく卵が多いので吸い出し載せ直しも欠かせない気がします。これも何度もするべきではないと思いますので、極力孵化間近の卵には触れないよう心掛けます。

2017年08月30日 水曜日 晴れ時々曇り
昨日あたりから、幼魚に合わせて成魚にも粉餌を与えることを始めました。総じて餌の量を抑える事が出来れば良いのですが、水質悪化が怖いので少しでも餌を減らすのと幼魚の餌食い向上になればと思います。

ベランダ水槽129日目の様子

ドジョウの餌タブレットを与えてもメダカとエビに食われています。特に半ダルマ体型琥珀メダカの食欲は強いです。目と口の大きさから、スーパーメダカのような気がしてきます。


ちょっと次元の違う体型という気がしています。琥珀メダカってこんな感じなんですかね?メダカの種類も分からないことだらけです。

古代魚風めだか黒鱗かな?

右側は、先に孵化していたブラックパンダメダカの稚魚ですが、念の為共食いにも警戒しておくべきかも知れません。

にしても、ブラックパンダメダカの稚魚は針子の内は眼がタモリさんみたいだったり、少し成長するとオタマジャクシかサンショウウオ、ナマズの赤ちゃんみたいでカワイイです。(但しあまり大きく成長し過ぎると、苦手な部類に変容してしまいます。)

きょうは、乾かした青森砂をビニール袋に仕舞ったのですが重さは2.75-3.0kg位でした。あまり目の細かい砂は浅く敷くのが無難ですね。

週1の水換えもしました。今年からメダカを飼い始めて今頃になって餌やりの時間とか判ってきて、老後の趣味はメダカの飼育(繁殖)が良いと思いました。

あしたも、卵の孵化と針子の誕生を楽しみに頑張ってみたいと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

どうする?メダカ購入の失敗

2017年08月29日 21時19分41秒 | 日記
大きすぎるブラックパンダメダカと半ダルマ体型の琥珀メダカは、完全に失敗でした。改良メダカ通販の怖いところだと思います。(^^;)

結局のところ、水槽を増やすのも面倒なので諦めて60cmメイン水槽に戻してやりました。メダカも大きく育ち過ぎると、カワイイどころかグロテスクな生物に見えてきます。

まあでも、今のところは全く良いところ無くて最悪な状況なので、嫌いな生体の世話焼きに費やす時間と労力と経済的損失を思うと、生き物を飼うのって難しいと思い知らされます。

現実問題としての対応策としては、大型メダカに食われないように混泳する稚魚と稚エビの大きさにだけは、しっかり注意しておくことしか無さそうです。

特大サイズにまで育っている事を喜ぶ余裕が、正直現状では持てないので生体のハズレを引いてしまうとアンラッキーの最たるものだと思いました。

2017年08月29日 火曜日 曇り時々晴れ
きょうは、隔離採卵していた小さめのブラックパンダメダカとプラケースに隔離していた半ダルマ体型琥珀メダカを60cmメイン水槽に戻しました。ブラックパンダメダカの針子が30くらい増えたので、後は大型メダカに食われないように大きく育てようと思います。

そして孵化待ちの卵を、30cm水槽のモスマットに放流しました。稚エビたちが、つつき過ぎなければ無事に孵化すると思うのですが、明日以降の針子の孵化が待ち遠しいです。

ただ、この行動は大失敗だったのではないかという不安もあります。卵が底の方にまで落下した場合に、日光にも当たらず流れも淀み、稚エビたちがつつく事を考えると、他に良い方法が無かったのかと少し後悔しています。

卵の水換えが難しくて、頻繁な水換え不要で孵化後そのまま飼育予定の30cm水槽に放流した訳ですが、卵が浮草か水草に付着した状態ならば何も問題ないところが、ポロポロの卵が水底まで落ちると孵化するのは難しいのではないかと思い心配になってきました。

孵化間近の卵の扱いが本当に苦手なので、孵化後の卵の殻処理も上手くできなくて、くっ付いてる卵が水カビに浸食されてしまったりして、精密作業用のピンセット等が無いと厳しそうです。などという理由で、30cm水槽に投入してしまいました。(ノД`)・゜・。

ベランダ水槽128日目の様子

半ダルマ琥珀メダカが、丈夫で長生きしそうで周りのチビスケさんたちにストレスが溜まりそうです。小さいミナミヌマエビは、食べられてしまいそうで購入したことを後悔しています。悩みの種がまた増えました。(-_-;)

同じメダカと思えない逞しさにげんなりですが、明日も適当に頑張ります。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

琥珀半ダルマ体型?メダカの隔離

2017年08月28日 22時34分01秒 | 日記
30cm水槽から60cmメイン水槽に、漸く針子体型から抜け出した稚メダカを移動したは良いけれど、稚メダカに粉餌与えると半ダルマ体型の琥珀がガツガツ迫るので食害を恐れて、半ダルマ琥珀たちをプラケースに移しました。

プラケースに入れてた孵化しそうな卵は、新し目の卵と同じ容器にして換水は汲み置いた水を使うことにしました。ブラックパンダメダカの針子は30cm水槽に移動です。

成長遅めな2匹の稚メダカを、30cm水槽に残してましたが後から孵化した針子と大して変わらない感じでいきなり食われたりとかは大丈夫そうでした。

60cmメイン水槽に掛かりっきりで、30cm水槽の水換えが疎かになってたのか、水質悪化していたらしく、今日も2Lくらい水換えをしました。で、そのついでにメダカ稚魚とブラパンの針子と琥珀メダカ半ダルマ体型をそれぞれ移動しました。

2017年08月28日 月曜日 晴れ
ベランダ水槽127日目の様子

稚エビと稚メダカの水合わせ中。琥珀メダカ半ダルマ体型が狙ってるようで怖かったです。口が大きいので食害を未然に防ぐべきかというわけで、金魚鉢でもあった方が良いかな?など考え事もしましたが、飼育容器はこれ以上は水槽増やしたくないので、どうするべきか考え中です。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加

メダカ飼育の難しさ

2017年08月27日 22時31分22秒 | 日記
期待外れのメダカが増えてしまって、掛かる手間を思うと早くも限界を感じてしまいます。

普通体型と思って購入したメダカがこれ!という程目立ちませんが。

色味が渋くて好みではあります、特異体型の作出は全く考えてなかったので、がっかりしてしまいました。しょうもないタダの愚痴です。(ノД`)・゜・。

改良メダカには、ありがちな個体差のバラツキで仕方がないのかも知れません。最高ランクで信用できるショップ様、出品者からでないと本当に厳しい気がしてきました。

失敗だったと気付くのも結果論であって、通販やオクではガチャとかおみくじみたいな物なので、上手く行かなくても諦めるしか無いのですけど。信頼していたショップ様でもこうなる事を考えると、事前に質問するなり要望があればしっかり伝えるべきだったと痛感いたしました。

ブログに書くことと反省材料が1つ増えた事、琥珀メダカ自体はかっこいい等が分かった事は、収穫だったように思います。

2017年08月27日 日曜日 曇り時々晴れ
きょうは、採卵バケツの床掃除をしてみたら意外と多く卵が落ちていて、回収するのにかなり手間取りました。目も出来てもうじき孵化しそうな卵を扱うのは、結構神経使います。(^^;)

こんな調子で何時まで、メダカ飼育が続けられるのか?合理的なルーティーンを考え実践しないと、本当にこの先いつまでもはやってられない気がします。

ベランダ水槽126日目の様子

変化無く、寧ろ30cm水槽の水質悪化でミナミヌマエビが何匹も☆になってしまったので、2L換水しました。稚魚を60cmメイン水槽に移して針子を30cm水槽に移動させるべきかと迷っている最中ですが、あしたも、適当に頑張りたいと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加