不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

抜け殻を見ると不安でしかない

2017年06月28日 23時22分56秒 | 日記
水換えの影響で余計な脱皮をさせてしまっている気がするので、脱皮した抜け殻を見るのは何か怖いです。(-_-;)

こんなにきれいな状態の抜け殻は見たことがありませんでしたが、ミナミヌマエビたちの数を数えるまでは、ちょっと心配でした。

急な成長のし過ぎはちょっぴり寂しいものでもあるので、ゆっくりと育って欲しいのですが、その為にも水質を良い状態で安定させなくてはいけませんね。

キレイな状態の水槽からの排水は、ジョーロで植木の水やりに使えないものかとも考え始めているところです。夏の植木鉢への水やりは欠かせないので、週1でも水やりに使えれば少しは節水になるかも知れません。

ミナミヌマエビは非常に優秀なタンクメイトなので、他の生体を追加するのは後回しになってきています。混泳させるなら、ドジョウでも比較的に温和なスジシマドジョウ等でないと混泳させたくないです。

いつかは地味で可愛らしいホトケドジョウも飼ってみたかったのですが、意外にも獰猛な魚食性が強いとの情報も目にしたのでミナミヌマエビたちとの混泳は諦めました。あと高水温に弱いというのも、夏の酷暑を考えると水槽にクーラー付けなければかわいそうだというのもあります。

そこで大人しいタンクメイトとして、石巻貝を注文してみました。ラムズホーンちゃんは卵塊の産み付けが凄い?ので、本当に1匹飼いで十分なので、石巻貝は注文単位で最小限の10匹で注文しました。

石巻貝は、60cmメイン水槽でコケ掃除がんばって貰うつもりで、30cm水槽のラムズホーンとは接触させないでいくつもりです。

2017年06月28日 水曜日 曇り時々晴れ
きょうは、ヨドバシドットコムでニッソーの自然流木の中を注文しました。が、またもや「焼きいも?」とか「擦りこぎ棒」状のあまり嬉しくない商品が届くのではと、半ばあきらめ加減です。ついでにバケツとエビ用餌も買いましたので、日に1回位は餌あげてみようと思います。

ベランダ水槽66日目の様子

今ある問題点は、物の配置が決まらないと、片付けにも通じる課題でもあるのですが、本当に試行錯誤していくしか無いようです。

30cm水槽の抱卵中のミナミヌマエビたちの卵はまだ孵化していないようでした。卵が孵ったら水換え掃除をどうやるのか、手順を考えておきたいと思います。それでは!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミナミヌマエビかーッ? | トップ | ミナミヌマエビの稚エビ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事