いつの日か ‐ B.E.(ブロードバンド・エンジン) Wonderful!(ワンダフル)

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

アクアリウム 吐出口 プチリセット 検討中

2017年07月15日 22時54分57秒 | 日記
底面フィルターの吐出口の位置で、ちょっとした問題点に気が付きましたので、吐出口位置変更のプチリセットを考えています。

問題点というのは、後部ガラス面に沿うようにしてエアーを吐き出させると、流れによって背景用水草がなぎ倒されて、水面まで届かないようなんです。吐出口の変更で、何より憂鬱なのは底面フィルターの上に細かな川砂載せているので、よけるのが面倒そうなんですよね。orz

水流は、時計回りの右回転で変化無しなのですが、エサや水草の欠片が後部ガラス面に付着するのも予防したいと思っていました。

底面フィルターの砂落ち防止のストッキングにも、新たな吐出口付近に余裕があったようなので、古い吐出口はストッキングの結び目で塞げるかと楽観的に考えられなくもないので、オールリセットまでの繋ぎのつもりで一手間掛けてみようかと思っています。(^^;)

水草と生体の一時移動先として、「ウォッシュBOX WB-20」を注文してみました。(ソフマッププレミアム会費の発生前に割高でしたがソフマップドットコムさんで注文してしまいました。)Amazonさんの方が安かったのですが。

アイリスオーヤマ ボックス ウォッシュBOX ブルー/クリア 幅40.5×奥行31.5×高さ29.5cm
クリエーター情報なし
アイリスオーヤマ(IRIS)

中小型水槽並みの大容量で、一応クリアというか半透明なので一時的な水槽の代替にも、とても使いやすそうです。

2017年07月15日 土曜日 晴れ
きょうは、30cm水槽の抱卵していたミナミヌマエビの卵が無くなっていたので、いつの間にか孵化していたようです。

ベランダ水槽83日目の様子

60cmメイン水槽は少し掃除しましたが、カボンバの傷みがやっぱり早い気がします。底砂を増やしただけあって、植え付けるのはかなりラクになりましたが、根付いてくれるかは正直期待できず難しい気がします。

30cm(ベアタンク?)水槽の様子

30cm水槽では、多分新入りのメスとレッドラムズホーンと稚エビたちが配合飼料に集っていました。コケ食性の強い第一陣のメスは、どこかに隠れていると思われます。稚エビたちもコケ食性に偏らず、配合飼料に群がっているのは嬉しいような寂しいような。(^^;)
右側の大きなタブレットが「メディシュリンプ」で、左の粒が「ひかりヌマエビ」です。

ニチドウ メディシュリンプ 20g
クリエーター情報なし
ニチドウ

ヒカリ (Hikari) ひかりエビ 20g
クリエーター情報なし
キョーリン


60cm水槽の端っこに

カボンバと違いスクリューバリスネリアの丈夫さが、こんなところに現れました。地中にランナーを這わせて新芽を生やしました。色が薄いので親株と新芽の根元にイニシャルスティックを1粒ずつ差してみましたが、やや光量不足なので育つかどうかは怪しいです。( ;∀;)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浮く流木に重石 | トップ | 吐出口リセット 面倒そうなの... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む