不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

昨日の雨で増水

2017年06月22日 22時46分55秒 | 日記
昨日の風雨で、ベランダにある60cmメイン水槽の段ボールで作った上部カバーが壊れてました。フタをしてあった水槽にも水が溜まっていて、意味が分からないと言うくらいあり得ないことのように思いました。

水草水槽60日目メイン水槽の様子

ガラスフタ4枚でしっかり塞いでたつもりでしたが、20mm程水が溜まっていました。雨水で水が増えるのもほとんど屋外水槽みたいでワイルドですが、溢れる危険性を考えるとフタは必需品だと思いました。

水草水槽60日目サテライト水槽の様子

ごく僅かな隙間しかなかったにも関らず、やはり20mm位は水位が上がったようです。生体に異変は無かったようですが、30cm水槽だと少しの増水で量で水質が変わりそうで一寸怖いです。


抱卵中のミナミヌマエビは、浮くりーなーの下に隠れています。他にカボンバをツマツマしている抱卵中のミナミヌマエビも居ましたが、孵化迄あと1週間位と思うのでそれまでに流木をモスマットに変えたり、他のミナミヌマエビたちをメイン水槽に移動する予定です。

2017年06月22日 木曜日 晴れ
きょうは、底面フィルター(水作ボトム M ×2個)に被せたストッキングをもう1枚重ねて2重にしてみました。

が、これでも隙間から砂が落っこちるような気がします。結局リングろ材の配置パターンは、名案も浮かばないので中央寄せ気味に抑えておきました。あとストッキングを被せるとプレートの幅によっては歪みが生じてプレートが接地面から浮いてしまうので、砂の載せ方にも注意すべきかも知れません。なので後から、少しでもタワミ癖が直るようにと未開封の底砂を重石として載せてみたりもしました。


細かい粒になすともう粉だか塵だかってレベルで、ストッキングも意味を為さない可能性が高いです。でもとにかく可能な限り水の循環を良くして水草と生体を育てられる環境づくりを目指します。


やっぱり底面フィルターにパウダー状の底砂を使うことは無謀だったのかも知れません。(^^;)

でもまあベランダ設置の水槽では電気コードが使えないので、エアポンプを使うろ過方法は、投げ込み式もコーナーフィルターも一寸頼りないので性懲りも無く底面フィルターに頼ってしまいますね。

底面フィルターをパウダータイプの底砂で、どれだけ出来るか試そうと思います。ベランダでコリドラスは飼えなくても、シマドジョウはいつか飼ってみたい願望もあるので、その時の為の環境を整えていきたいです。

それでついつい、ヤフショのゾロ目の日クーポンで足りない底砂とスクリューバリスネリア等ポチってしまいました。また間違った方法で失敗してしまうかもですが、次は水を腐らせないようしっかりと管理していきたいです。

あれこれ手間をかけてきたベランダ水槽ですが、近いのに遠いというか、見難くて手をかけ難いので、やっていることに何か限界も感じます。片付けが進んでから、屋内への移動も検討してみたいです。それでは!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 底面フィルター ストッキング | トップ | 底面フィルタープレートの加工 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事