不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

改良メダカの固定率、そして挫折

2017年07月06日 22時04分50秒 | 日記
先日購入したスーパーブラックパンダメダカですが、パンダメダカの特徴である真っ黒い目にも期待していたのですが、ほぼ半数?が真っ黒い目では無く残る半々が上パンダとパンダ目の特徴なしと言った感じでした。

多種類混泳などさせたくなかったので、これ程のバラツキが出るのはとても残念でした。気に入らないコを処分するのも気が咎めるので、仕方がないので飼育を続けるにしても、どうやら改良メダカ飼育は自分には向いていないと思うに至りました。

統一感を重視するならば、固定率の高い品種を調べてから飼育するのが良いのだとは思います。改良メダカの世界も奥深いと言うか、難しいですね。常温で飼える丈夫な観賞魚なのですが、本当に惜しかったです。

2017年07月06日 木曜日 晴れ時々曇り
ベランダ水槽74日目の様子
きょうは、ミナミヌマエビのお母さんが、2回目の抱卵をしていました。メダカにつつかれていた様で、可哀想だし脱卵されても困るので30cm水槽に移動しました。

瀕死状態のメダカにもいきわたるようにと餌を多めに与えていたら、水がちょっと臭うようで、水換え頻度を上げざるを得ないようです。(*_*;

母ミナミヌマエビ2回目の抱卵

大捕り物になる事も無く、意外とあっさりと移動することができました。それにしても、生命力の強さに感心させられます。

レッドラムズホーンと稚エビたち

1匹飼いであればこそレッドラムズホーンの存在感が光るような気がします。

スーパーブラックパンダメダカ?

この個体は、画像で見るとランプアイの様な目の色が面白いです。こんな黒メダカの多種類混泳状態は、全く望んでなかったので多くの変異体が作出されるメダカの飼育は、自分には向いていないと思い知りました。(-_-;)

先日申し込みしたAmazonマスターカードゴールドは、アカウントに登録されていましたが、すぐに使う予定もないので実際にカードが届く前に使えるかどうかは分かりません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川砂表面コケってきた。 | トップ | カボンバ100本の植栽 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む