不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

大磯砂でのカボンバ育成難しく

2017年06月13日 23時57分24秒 | 日記
大磯砂でカボンバ育てるのが、自分には非常に難しく思えてきたので底砂の入れ替えを検討しています。(^^;)

お魚メインであれば何となくですが、魚の体調にはネット上の評判等良さそうな感じなんですが、水草メインだと難しいようです。砂利洗いしていて潮干狩りの匂いがするというのは、まさに海砂の特徴を表しているような気がして汽水域でも生きられる魚にも自然に使えそうな、汎用性のある底砂だと思うのですが、残念ながらカボンバの育成には向いていないみたいでした。

植えて50日間、コケの育つだけの栄養があるらしい水槽で、全く伸びる事無く期待と裏腹にいろいろと、水草水槽の難しさを教えてもらった気がします。

あと試してみることは、肥料を与えることですがコケが伸び放題だった時期もあったので、何かコレジャナイ感もするので素直に底砂チェンジを考えています。

2017年06月13日 火曜日 曇り時々雨
きょうは、予定された断水の日だったので朝早くに断水前最後の水換えをしました。

水草水槽51日目の様子

大磯砂を諦めたほうが早い気がしてきました。

小まめな換水は、当初コケというかアオミドロ塗れだった環境に順応してきたミナミヌマエビたちにとっては、迷惑なのかもしれないですね。今回も換水後に遡上行動?が見られました。抱卵中の母ミナミヌマエビまで、水作エアフィットプラスMに登っていたので、しばらくの間換水はやめようと思いました。


1匹目の母ミナミヌマエビは、浮くりーなーの下側につかまるのが好きなようです。


あしたも、いろいろ対策を考えていきたいと思います。それでは!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミナミヌマエビ抱卵で水槽リ... | トップ | 水槽のリセット考え中 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事