いつの日か ‐ B.E.(ブロードバンド・エンジン) Wonderful!(ワンダフル)

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

ろ材回収

2017年06月16日 22時51分48秒 | 日記
引き続き水槽リセットで、きょうは底面フィルターのパネルとリングろ材の回収をしました。リングろ材を入れたのは通水性を確保するのが目的の1つでした。


目詰まり防止に敷いた網戸の張り替えネットは、底砂の遮断に有効なようでした。ですが次回は、低床に砂を使うので更に目の細かいストッキングを 使用する予定です。検索したりで調べてみるまで正直その発想が無かったのですが、確かに砂に潜る生体にも優しそうですね。


水槽内でパネルを解いて砂を落としてバケツに入れておきます。水作ボトムの底面パネルですが、パイプ接続部のアミ?を開けてしまったのは生体の事故防止の観点からすると間違いだったと思いました。当初、掃除換水等のメンテナンス時に給排水で強水圧を掛ける事も想定していたので、パイプ接続部を取り付けていたのですが、失敗続きで余裕がなくなり実施に至りませんでした。

後はパワーヘッドを取り付け吸い込み吹き出しにしようという考えもあったのですが、省エネ省力化とコストカットや停電時のダメージコントロールの観点から実現しませんでした。普段はどんな方式でも、予備にエアリフトの用意もしておけばいいのですが、エアリフト一本の方が簡単なのでやはり省力化が主な理由ですね。


続いてリングろ材ですが、一粒一粒手で拾い上げていく手法で簡単なことですが、これが一番草臥れました。

2017年06月16日 金曜日 晴れ時々曇り
先ずきょうは、効率の悪いやり方でろ材回収をしたのが引っかかりました。大磯砂の細粒が飛び散りを防ぐには良かったのかも知れませんが、単純な作業ですが身体的にはちょっとしんどかったです。要領悪すぎました。

水草水槽54日目の様子

と言っても1本も無いです。早くリセットを終えてカボンバを植え戻したいです。が、まだまだ時間が掛かってしまいそうです。


パネル下側に結構汚れが溜まっていました。道理でフィルター掛けてもキレイにならなかった訳だと、大掃除リセットしてやっと気づきました。ミナミヌマエビたちがコケを蹴散らしてくれた成果でもあるのだと思いますが、いろいろ失敗ばかりでしたがミナミヌマエビたちに感謝です。

あしたは、茶渋漂白の要領で漂白中のリングろ材の濯ぎと、リングろ材を鍋に移し替えての熱湯消毒をする予定です。食器洗浄レベルで念入りに濯ぐことで安全を図りたいと思います。それでは!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水槽リセット 生体移動と水抜き | トップ | 塩ビ板でフタ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む