不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

まーた失敗をしてやり直し。 (ノД`)・゜・。

2017年08月22日 21時32分27秒 | 日記
昨日は、底面フィルターの目詰まり防止のストッキングを2枚重ねにしていて、通水性がダメでした。(最初から軽く目詰まりしたような状態。)

ベランダ水槽121日目の様子


そして今日も砂を除けて底面フィルター設置し直して、吐出口からの流量も納得はしたもの、今度は底面フィルターからの流水を滝に見立てるならば?吐出用パイプが多少は前めにあっても良いかもね、などと思い。

納得できるぎりぎりの流量


吐出口パイプの陰に水作エイトコアMを隠す。そしたら懸案だった?水作エイトコアMを目立たなくするのに好都合じゃないのかな?となりまして、とっくに砂を敷いて水づくりを始めてからの思い直しで、いちいち迷いながら間違っています。( ;∀;)

とは言っても水作エイトコアMを 側面にピッタリ付けての石巻貝の進路妨害もできれば避けたいのと、狭い一角での万一の挟まり事故など考えると、ギリギリのところで吐出口パイプを手前側に移動しても意味ないような気がしてみたり。

しかも反対サイドにはガマの穂(フィルタースポンジ)を差しているので、後ろに水作エイトコアMを置くことができません。フィルタースポンジを手前にもって来るのも、目に付いてしまって良くないかということでどうしようかなっと決めかねています。

後で水作エイトコアMだけを移動した時に、いろいろ選択肢が多い方法も探してみたいので、パイプ後ろのスペースを空けておくのも無駄にはならないとも考えると、やはり砂を部分的に除けて底面フィルターの位置を手前にずらしてみることから試そうと思います。

2017年08月22日 火曜日 晴れ
きょうは、隔離繁殖で採卵していた、ブラックパンダメダカの卵が孵りプラケースに針子が1匹浮いていました。

獰猛?な先輩稚魚メダカの犇めく30cm水槽に、今すぐには合流させられないので孵化目前の卵とどう分ければ良いのか、ちょっと混乱しています。孵化が近い卵たちは汲み置きしておいた水で換水すれば良いのか?針子のいる容器では換水は避けるべきかなどといった事で頭を悩ましています。

とりあえずは稚魚水槽に合流させられるまで、針子はプラケースで育てみることにします。いろいろと回り道ではありますが、適当に頑張ります。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加