不徳の至り - いつの日か B.E. Wonderful!

Welcome2 Tobovvo's Diary Blog.
日々湧き起こる雑多な出来事や思いなどを綴ります。

あしたは、水槽リセットする

2017年08月19日 23時35分23秒 | 日記
低床の通水性が最悪なので、パイプ接続部分の詰まりが原因と考えて底砂を取り出してのリセットしか、解決の方法は無いと確信しましたので、明日は水槽リセットです。

今朝は、水質悪化にも強いと勝手に思い込んでいたドジョウが☆になってしまっていたので、事態が感覚以上に相当深刻であると認識しました。試しに、底砂を除けてみても底面フィルターに浮遊物が吸い込まれる気配も無く、これは完全にアウトだと思い知りました。

どこでどう間違えたのか?水作ボトムフィルターのパイプ接続部分の厚みが無さ過ぎて、緩やかな流れに寄与するものだと認識はしていましたが、狭い通水部に砂かストッキングが挟まるなどして目詰まりを起こしやすいのではないかと。

水槽リセットと言うよりも、生体等を一時的にバケツ飼育している間に、60cmメイン水槽の底面フィルター遊びになる予定です。底面フィルターと底砂をセッティングして、水道水で空運転ぶん回しまくりたいというのが主な作業目的かも知れません。

兎にも角にも生きた水流が起こせなくては、多くの混泳する生体を飼育する事は難しいと思います。掃除屋さんのミナミヌマエビや巻貝ちゃんたちも、意外と水を汚しもしているようなので、バクテリアが繁殖できていない現状は早急に水槽リセットして環境を整えるのが先決ですかね?

環境作りが整ったと思い込んでいたのは、飛んだ早とちりでした。メダカの稚魚を合流させる迄には、60cmメイン水槽をパーフェクトな状態にしなくてはならないです。

成長の早い個体は、もうじき成長の遅い個体から引き離す必要がありそうなので、あまりのんびりとはしてられそうもありません。ミナミヌマエビの子供たちの移動は大変そうですが、急がなければ良いだけかもです。

2017年08月19日 土曜日 曇りのち雨
まあ、とんでもない状態の水槽管理になってしまっています。きょうは、餌食いの悪かったメダカの幼魚が気付くとやせ細りになっていたので、プラスチック容器に隔離して餌やりも試しましたが、回復の兆しも見られなかったので感染することもないかと思い、元の60cmメイン水槽に戻してやりました。

人間の入院後の帰宅みたいで、ちょっと複雑な心境ではありますが全てのメダカが親魚になるわけでも無いので、自然の摂理でしょうがないのかって思い悩むこと暫しです。

少しでもいい景色が見せてあげたかったとか、大事なことってのは変わらないなあと心して飼っていきたいと思いました。

ベランダ水槽118日目の様子

絶望的に流れが悪すぎるようなので、汚れが舞うといつまでも水が澄みません。底面フィルター設置の完全な失敗と思われます。目詰まり箇所の特定は想像の域を出ません。


針子から稚魚体型に成長したメダカも、大きさに差が出ているのであまりのんびりしても居られませんので、明日からは暫く水槽リセット作業が続くことになりそうですが、頑張ってみたいと思います。それでは!

この記事をはてなブックマークに追加