撮影日誌

撮影日誌

2017.3.4

2017-05-15 20:42:50 | 2017年

翌日、天気は元気でした。

日本海側を走っていきます。






まず下関を抜けていきます。
車窓から見える景色はなぜか印象的でした。
でも何が印象的だったのかは不明でした。
ただなんとなく良かったです。

そんな景色もしだいに海岸沿いの景色へと変わりました。
やはり海岸沿いは良いですね。
走っていて気分が良い。特にこういう天気の良い日は。

車窓から何やら神社が見えたので行ってみます。

福徳稲荷神社というところでした。
かなり急な斜面を車で上って行くと境内に到着です。
これは徒歩ですと目が回りそうな坂です。車で良かったです。

高台にあるだけあって眺望は抜群でした。





少し辺境感がありましたので参拝客は少ないと思ったのですが、意外と多かったです。

稲荷特有の鳥居が続く参道を歩いていきます。





終点にはさらに眺望の良い場所がありました。

これは絶景ですね。





参拝を済ませ次へと進んでいきます。


そして到着しまいた元乃隅稲荷神社。
前回来たときは閑散としていましたが、かなりの混雑です。
駐車場も満車です。
なにやら何かで紹介されたとかで賑わっているとの噂を聞いていましたが、こんなに大勢の人が訪れているとは予想外でした。
なぜならここは辺境地ですよ。









いやもうほんと人だらけ。
ここでこんなに人に遭遇するとは凄すぎます。








日本一高いとの賽銭箱に賽銭するのは順番待ち。
ってこれでいいのか。





とにかく人多すぎるので参拝して次なる目的地へと向かいます。

途中の標識に千畳敷との表示がありましたので軽く興味がそそられました。
調べてみますと原っぱな感じでした。どうやら岩場ではないようですので通過です。

またもや興味深い標識がありました。

なんと反射炉です。しかも世界遺産。

反射炉には興味がありましたので、さっそく向かいました。

駐車場は広くて車も空いていました。

しかしちょうど集団観光者が来ていて賑わっていました。
すぐに立ち去りましたけどね。











これはなかなか素晴らしいです。

すっかり誰もいなくなり静かになってなお良しです。

そして知らぬ間に天気が曇っていました。

ここで観光案内地図を見ますと近くに恵比須ヶ花造船所というのもあるので、そちらにも行ってみました。








ちょっと難しいところでしたね。。。

次行ってみます。





最終目的地でもありますホルンフェルス近くにありました駅。

須佐駅にありました萌萌えもの。

最近では、どこ行ってもこういう感じです。








到着しましたホルンフェスル。

もの凄く凪いでいました。しかもなんだか釣り舟かなんかあって撮影しにくい感じ。今日はついてないかも。

その予感は的中するわけです。

波は穏やかで撮影するには不向き、しかも船まであって撮影しにくい。

残念感しかありませんでした。

せっかく久しぶりに来たのに。

しかし景色はきれいです。

岩の地層がなんだかお菓子み見えるというね。



















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.3.3 | トップ | 2017.3.5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017年」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。