睡眠障害なんて怖くない!

睡眠障害に悩む貴方へ。睡眠障害を克服した経験を元に情報を集めました。参考になれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

使いようによっては・・

2010-06-15 | 快眠方法
睡眠障害や睡眠不足などの治療の際に用いられる薬剤の睡眠導入剤。
化学構造の違いによっていくつかに分類することができます。
大きく分けて5つ。
「ベンゾジアゼピン系」「チエノジアゼピン系」「バルビツール酸系」「シクロピロロン系」「抗ヒスタミン剤薬」。


ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、個々の薬剤で抗不安作用や鎮静作用や抗てんかん作用の強さが異なります。
これらは、睡眠薬を飲んでから作用するまでの時間により分類することができます。
具体的にあげると、睡眠薬を服用後血中濃度が最高値になるまで1時間くらいと短時間で、薬が作用する時間も2~4時間と短いもの。
これが「超短時間作用型」です。
一般的には睡眠導入剤として寝つきをよくするために使用されます。

さらに効果が現れるまでの時間は短く、薬が作用する時間は5~10時間程度のものを「短時間作用型」といいます。
一度眠ったけれど起きてしまう場合などの症候に使用されます。

さらに薬が作用する時間が20時間以上のものを「中時間作用型」といいます。
早朝覚醒タイプに利用されることが多いです。
長時間効果なので眠気やふらつきなどの症候が現れることがあります。

さらにさらに長い間起床後も作用しつづける「長時間作用型」があります。
昼間起きている間、抗不安薬として利用します。
うつ病などの精神疾患による睡眠障害の場合に利用されます。

それぞれ症候にあわせた使い分けが重要なのです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

きっかけによって違う不眠

2010-05-16 | 快眠方法
睡眠障害の原因としてもっとも多いものは、精神的ショックや急激なストレス、生活上の不安などに対して一時的にあらわれる睡眠障害です。

更に「精神的医学的原因」によるものがあります。
精神科、心療内科でみられる精神疾患すべてにおいて睡眠障害があらわれます。
精神疾患とは、うつ病、うつ状態、神経症、総合失調症などのことです。

更に「身体的原因」によるものがあります。
狭心症や心不全、不整脈などの発作や気管支喘息、肺疾患などによる呼吸困難、アトピー性皮膚炎などによるかゆみ。
その他の疾患による痛みや発熱などによる睡眠障害です。
この場合は内科的治療が必要となります。
またまれな例ですが、夜間ミオクローヌスという骨格筋の不随意収縮つまりてんかんが夜間に起こり睡眠障害が起こることもあります。

更に「薬物使用、アルコール依存」による原因があります。
アルコールを飲まないと眠れない、薬を飲まないと眠れないなど依存性が強く寝ても眠りが浅くすぐに目覚めてしまいます。
また飲まないと眠れないという悪循環を繰り返すものです。
タバコや降圧剤、ステロイド、甲状腺剤などの原因によるものもあります。

他に「生理的原因」もあります。
引越しなどによる生活環境の変化、気温や騒音など睡眠時の環境によるものなど様々です。

これらの睡眠障害原因を踏まえて、更にどのような治療方法があるのか考えていきましょう。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

髪の毛が抜けていく

2010-04-16 | 薄毛になやむあなたへ
出産を気に薄毛が気になりだし、頭のてっぺんが薄くなってしまった私ですが、1年半後には元に戻る事が出来たので、薄毛が食事で止められると、私は思っています。
薄毛の事を気にしない事が1番の進行を止めた理由かもしれません。
次にした事はシャンプーを替えた事と食事でした。
シャンプーは若い時には何も気にしないで安価な物を購入していたのをアミノ酸系の天然成分の物に替えました。
それと同時に食事も変えました。
年上の主人もメタボを気にしだした時期でしたので、ちょうど良かったです。
大人は魚中心にし、野菜を普段よりも多く食べる様にするのです。
子供には、お肉とか揚げ物とかを別に足してあげれば簡単に変えられます。

薄毛には脂っぽい食事や濃い味の食事は止めた方が良いでしょう。
焼肉屋で夕食を済ませた翌日は小鼻に油が浮いていませんか?
スカルプにも油が浮いているはずです。
ビタミンやミネラル、カルシウムやたんぱく質など、バランスのとれた食事に変えてみましょう。
スカルプの為だけではなく、健康にもなれるし、きっと思わぬ副産物が得られますよ。
そして大豆製品を多く摂る事も大切です。
女性ホルモンを増やす事で毛に対して働きかけるのです。
豆乳を毎朝飲んで、納豆や豆腐などを1日に1回は食べましょう。
サプリに頼る手もありますが、自分の身体ですからなるべく食事で摂る様に心がけています。

今、薄毛で悩んでいる人だけでなく薄毛予防・予防にもなりますし、メタボ予防にもなりますし良い事づくしですよ。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ゆっくりと寝るために誘導してもらう

2010-03-16 | 快眠方法
催眠療法とは睡眠障害のような習慣化された不便な状態は、人間の潜在意識へアプローチをして改善させることが有効な手段です。

催眠状態を利用して病気の症候や悩みを取り除いていく治療のことです。

ですから催眠療法は睡眠障害症の治療によく用いられます。
精神療法の1つで心理学と精神医学に基づいたものです。
催眠により、心の不安を解きほぐすのです。
ゆったりとした気持ちになり、セラピストの暗示により物の見方や考え方などを変えていき、症候を軽減していくのです。
催眠療法は必ず効くわけではなく、効果が出やすい人と効果が出ない人がいます。

催眠療法には直接的なやり方と間接的なやり方があります。
人それぞれに合わせたやり方で行うものなのです。
直接的なやり方としては、「これからあなたはすぐに毎日眠れるようになります」というような暗示をかけます。
間接的なやり方としては、「大草原で青い空を見ながら大の字になって寝そべりましょう。その気持ちのよさを思い浮かべてください。」
「そこでのんびりとした気分で寝そべっていましょう。」という暗示です。
一般的には間接的な暗示のほうが効果があるようです。

但し催眠療法には、悪質なものがあります。
有資格者かどうか確認する。
優良なセラピストに依頼するなど、くれぐれも用心してだまされないようにして下さい。
催眠療法は医療行為ではありません。
「治る」「治す」「治療する」などの表現は使用しません。
このような言葉を発したら「怪しい」と思ってください。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

気持ち良く眠るために

2010-02-16 | 快眠方法
高齢になると加齢のために睡眠障害になりがちです。
しかし睡眠をとるための工夫をすることにより、睡眠不足を多少なりとも解消することはできます。

まずは入浴です。
人間の体温は夜寝る前にもっとも高くなり、その高温が睡眠を催すのです。
ですから、入浴により体を温めることはとても効果的なのです。
さらに入浴すると緊張状態の交感神経が和らぎ、リラックスできます。
さらに入浴方法として、お湯は38℃~40℃程度の少しぬるめのお湯が最適です。
入浴時間としては、10分~20分程度かけてゆっくりとつかるのが体を芯から温めるコツです。
それ以上高温のお風呂に入ると、入浴後なかなか体温が低下しません。
体温がもっとも高いところから、下がり始めるときに眠気を催すのであまりに高温すぎてはだめなのです。
通常入浴は就寝の1時間前程度がベストですが、高温のお風呂に入浴する場合は2,3時間前に済ませましょう。

更に運動です。
日中太陽の光を浴びながら適度な運動をすると、ホルモンが分泌されよる睡眠を催すようになります。
疲れすぎない程度に運動することが大事です。
ホルモンの分泌時間のことを考えると、夕方前頃に太陽の光を浴びるのがいいのでそのころに外を散歩するのが一番効果的な運動です。

あと高齢者に多いのは昼寝です。
昼寝をするとやはり夜の寝つきが悪くなったり、就寝時間が遅くなったりします。
昼寝は極力やめましょう。

またコーヒーや紅茶などのカフェインには覚醒作用があります。
若いうちには大して気になりません多、高齢になるとカフェインの覚醒作用がかなりでてきます。
午後以降のカフェイン摂取は控えたほうがいいでしょう。

以上のように、日常生活において高齢者の睡眠障害解消のための工夫がいくつかあります。
ぜひ実践してみてください。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加