山王アニマルクリニック 陰陽(にゃんわん)五行

日々の診療、いろんな本や音楽などについて思い巡らしながら、潤いと温もりのバランスを取ってゆこうと思います。

あん

2017-05-01 19:29:37 | 瑞々しき モヤモヤ?
あん DVD スタンダード・エディション
 
ポニーキャニオン

映画をほとんど見ないし、全然くわしくない私ですが、ちょっとずつでも見たいな~という気持ちはあるのです。

この作品については全く知らず、人の名前かいな?というレベルでの鑑賞でした――時々耳にする河瀬直美さんの作品がなんとなく気になったものですから。

原作は、ドリアン助川(明川哲也)さんの小説なのですね(未読)。

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)
ドリアン助川
ポプラ社

ドリアンさんのことは、何をされている方なのか知りませんでしたが、なぜか聞いたことがある名前!

どうやら一言で表現できないユニークな方のようですが、様々な活動の中で人々の悩みに寄り添う姿勢が感じられます。

ドリアンさんは、転職サイトで悩み相談もやっていたのですね。悩みや大変なことのない仕事なんて仕事と言えるのか?と心の成長にしたがって自覚するものです……が、いつも現実はそんな自覚をも飛び越えながら進んでいます。

悩みの渦中にいると、とにかくその苦しさで頭がいっぱいになってしまいます。だから、現時点では成功し、苦難を乗り越えているように見える人(上記のごとく見えるだけなんですけどね)の悩み相談など、全く響かなかったりします。

でも、同じように悩み、もがき苦しんできた人ほど、「人の話をよく聞いて、もっと早く気づいておけばよかった…」という後戻りできない悔いがあったり、「どう伝えれば、かつての自分でも理解できただろう?」と頭を悩ませていたりするのだとしたら?→ttps://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/tetsuya/309

 

 

さて映画『あん』についてですが、アンコのことだったんですね。

感染力がとても弱いにもかかわらず、見た目の変貌が激しいため差別されてきたハンセン病患者がからんだ物語です。やはり人は、表面的なことに惑わされやすいってことですね。

四季の移り変わりを感じさせる映像の中、樹木希林さんがとてもいい味を出してます。

偶然ながら、やはり『あん』でいい味を出していた永瀬正敏さんと再び映画を撮っていたんですね!――5月27日から公開のようで、これもすごく楽しみです→http://hikari-movie.com/

まあ、くわしい内容は見ていただくとして……

この作品を見て思い出したのが、巣鴨みずのの塩大福(http://www.shiodaifuku.co.jp/)!!

私は、こしあんの方が好きなのですが、ここのあんは、こしあんとつぶあんの中間くらいな感じで、とにかく塩味と甘味のバランスが絶妙なのです!!

いろんな意味で白でもなく黒でもない、一個130円ほどで買える、高級菓子では決して得られない幸せですよ!!

お取り寄せもできるようですが、この店に行ったらタンメンと塩大福を味わうのがオススメ!!

無病息災を祈るとげぬき地蔵への参拝ついでに、ぜひどうぞ!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もぐらのムックリ

2017-04-16 12:42:03 | 絵本&幼き心
もぐらのムックリ
 
ひさかたチャイルド

今年の春は気温の変化がはげしく、何か変でしたね? 

でも、春らしく頑張っている植物もいるので、春向きの絵本を紹介します(予約受付中になっていたですが、中古のみのようです)

春をつげる植物や生き物たちがいろいろと登場するので、春を学ぶにはもってこいの一冊だと思います。

この絵本には、ムックリが歌いながら穴を掘り進むシーンがあるのですが、水曜日のカンパネラの「ドラキュラ」のサビ部分の曲調にして、最後に「ぼくはムックリ~」と歌い出しのフレーズをたして歌ってみたらピッタリでした(子どもに大ウケでしたが、マジメ過ぎる人向きではない曲?)!

字もあまり多くないので、小さいお子さんにもオススメですよ!

 

そういえば、以前子どもと散歩中、側溝に落下してしまったもぐらを見つけたことがあるのです。

もぐらは右往左往しながら、必死に上に登ろうとしていました。

でも、手も足も短いのでジャンプ力もなく、ほとんど登れないのです。

私は虫取り網を持っていたので、苦労の末、逃げ回るもぐらをすくい上げました。

よしつかまえた!写真を撮ったら逃がしてやろう…と思いながら、網の中をのぞき込むと……

 

あれ!?もぐらがいない?どこへいったんだ??

 

もぐらは瞬く間に網に穴をあけ、側溝と道路の間の地面へ――そこはゴツゴツとした石が多く、スコップでも容易には掘れないような場所でした。

しかし、もぐらは楽々とその硬い地面にもぐっていき、5秒くらいで土の中へ消えていったのです!

 

これにはかなりびっくりしました!もぐらの穴掘りパワーって実際に見ると驚異的ですよ!!

 

ちなみにウチのスタッフも、畑でもぐらを見つけ、網を上からかぶせたことがあるそうです。

その時も「つかまえたぞ!」と思ってのぞき込んでみたら……何もいない?あれ?

 

当然、下が畑なので…私が目撃した時よりも速く土の中へ消えていったそうです。

 

ついでに、春らしい写真を!――この桜はスザクと書いてありました。 

 

今年は、ツクシたちも出てきていいのか困惑気味のようでした。

タケノコも不作みたいですね。

 

スミレはたくさん生えていました! かわいらしいですね!

 

この桜はマツマエハヤザキだったと思います――ムックリに出てくる桜に似てるような?

天気はビミョーでしたが、見方を変えると、今年は長く桜を見れたような気もしますね。

桜ついでに、こんなネコちゃんたちもいました! 

楽しそうに散歩しているワンちゃんにも、たくさん出会いました! 

私がもぐらをすくい上げたのは、この写真に似た場所でしたが、幅は半分以下で、もっとゴツゴツした石が多く、植物もほとんど生えていませんでした。

夕日を浴びたタンポポは、とってもきれいですね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のきざし

2017-04-07 20:15:51 | 花鳥風月

遅れましたが、だいぶ春らしくなってきましたね。

梅を見るつもりで近所の公園へ行ったら、何か見覚えのある桜が……

「この桜、何桜なんだろう?」とつぶやいた数秒後、「河津桜…」とすぐ近くで写真を撮っていたおじいさんが教えてくれました!

明けの春でリンクしたHPには「カワヅサクラは早咲きオオシマザクラ系とヒカンザクラ系の自然交配種と推定されています…」とありますが、河津町からこんな近所にもやってきていたんですね! 

けっこう見事な河津桜がいくつもありました!

ここ佐倉市では、2月下旬~3月上旬に満開になるみたいです。

そして目当てだった梅の花です。

この日は風が強く、凧揚げしている子どももいました――よく見ると中心部に凧が!

梅の花ってとてもいい香りですよね~梅酒を思い出します!

梅の花にメジロを期待していたのですが、全く見かけませんでした。

メジロは年明けすぐくらいの方が活発なのか?よく見かけた気がします。

散歩をしていたら、フキノトウを発見!!

これは2月中旬の写真です。

 

これは3月上旬です――少し開いてきました。

 

 

3月中旬には完全に開花していました!

 

身近なタンポポもなんとなく一年中見かける気がしますが、やはり春が一番あざやかですね!

 

ワンちゃんの散歩が楽しい季節ですが、3月くらいからダニたちも活発になってきます。

フィラリア予防シーズンもやってきましたね。

新薬がいろいろと発売され混乱中のフィラリア・ノミ・ダニ予防戦線ですが、新しいものがすべてに優れるわけではありません(冷静に考えると、良い所があれば必ず悪い所もあり)――新薬の実態もなんとなく見えてきましたよ。

ネット上は、IT技術に長けた人たちの極端情報ばかりになりがちなので…リアルな±情報については信頼できる動物病院にご相談下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Minette/猫ちゃん(フランス語)

2017-02-28 12:42:51 | 花鳥風月

遅れましたが、スタッフからもらったバレンタイン・チョコです。

ピーターラビットのかわいいチョコや佐倉市の有名ケーキ屋さんのチョコなどそれぞれのちょっとした気持ちに感謝しています。

ピーターラビットのチョコもケーキ屋さんのチョコもかわいくて写真を撮りたかったのですが、あっという間に子どもと妻に食べられてしまいました。

このネコちゃんデザインのMa Petite Minette(マ プティット ミネット/メリー・チョコレートだけは無事でした!

これはフランス語で「私のかわいい猫ちゃん」という意味だそうです。

フランス語を少しググってみたらこんなブログを発見!

http://furansu-go.com/cute-french-words-9/

 

フランスで人気の猫の名前ランキングで1位がMinette ですって~!?

口語で子猫、猫ちゃん、という意味……ってそのままやんか~!?

フランス語は世界一美しい言葉的なことを聞いたことがあるし、アートへの感受性、その柔らかな響きによる表現力は素晴らしい!とフランス作家などの文章から感じていたのでちょっと意外です。

私は、今までに「にゃんこ」という、そのままの名前をつけられた猫を2例だけ知っていますが、日本ではかなりの少数派ですよね?

 

でも、このMinetteという言葉の、いろんな意味のかわいらしさを含んだ響きみたいなものが好まれているのかもしれませんね。

上述のブログは、その他のフランス語の猫の名前が載っている(犬の名前の記事もあります)ので、名付けに迷っている方などは参考にどうぞ!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノラガミ舞台化!

2017-02-10 20:00:33 | 瑞々しき モヤモヤ?

ノラガミの舞台化もうすぐですね!→舞台「ノラガミ―神と絆―」

見えない人には見えないようですが、前回の公演が好評で再公演が決定!

さりげなく熱い存在感で世の闇を照らしているようです。

私は、舞台的なものって高校生の時に課外授業で見たのが一回だけ…なので全然わかっていません。当時は、言葉にできない何かを受け止めつつ、どちらかと言えば「ようやるな~この人たち…」と冷めた目で見ていたかもしれません。

でも、おそらく無名だった当時の劇団の人たちから放たれた熱い思い…その人たちが舞台にかけていた情熱は、時を経るほどに、様々な浮き沈みを味わうほどに、強く感じられるようになった気がします。

ノラガミ前回公演の映像は、そんな記憶を思い出させ、効率では計り知れぬものの存在を再認識させてくれました――若き心は何も感じていないように見えても感じているし、また反発したりするからこそ、変化もしてゆくのでしょう。

 

兆麻(かずま)役の和田さんは、そっくりで、毘沙門役の安藤さんはとってもいい声してますね!

今回のオリジナルキャラの人たちは濃~い感じで、『天才柳沢教授の生活』に出てくるヒロミツみたいなパンクな人も出るんですね。

今回もすごく楽しみです!演じられる方々だけでなく、陰で支えている方々も応援してますよ!!

 

ノラガミ最新刊はもうすぐ出るみたいですが、この17巻もすごくいいですね~!

ノラガミ(17) (講談社コミックス月刊マガジン)
あだちとか
講談社

勝ち組と負け組から生まれる心の動き…今まさにネット上でせめぎ合う二極の心に、この17巻はどう響くのか?

「何のこっちゃ?」とモヤモヤした方などは、ぜひ読んで公演にも行ってみて下さい!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加