中野駅南にある日本初の女性専門鍼灸院 レディース鍼灸さいとう中野

不妊症、逆子、頭痛、肩こり、腰痛など女性特有の症状に対する治療法、ツボなどをご紹介します。

インフルエンザ流行中!予防方法は?

2018年01月19日 | 日記
こんばんは

レディース鍼灸さいとう中野です

寒くて乾燥している日が続きますね

全国的にインフルエンザの流行が

広がっており

すでに全国で週124万人の方が

インフルエンザにかかっているようです

この1週間で

インフルエンザ注意報だった県が

「警報」に切り替えられる県が

少しずつ増えてきています

東京都では12月末から

インフルエンザ注意報が

発令されていましたが

警報レベルを超える市や区が

でてきたため

現在では警報レベルまであがっています

中野区では

インフルエンザ定点からの

患者報告数は合計274人で

定点当たり27.4人となり

警報開始基準値の定点当たり30人

に迫る値となっています


インフルエンザウイルスに感染すると

症状が現れるまでに

1~3日の潜伏期間があります

この期間に他の人と接触すると

知らない間にウイルスを

振りまいてしまっていることがあります

インフルエンザや風邪などは

おもに飛沫感染と接触感染によって

手、鼻、口、目などの粘膜に

ウイルス・菌がつくことで感染します

飛沫感染とは

感染した人の咳やくしゃみに含まれる

ウイルスを吸い込むことによる感染

接触感染とは

ウイルスが付着している手で

口や鼻などを触ることにより

間接的にウイルスに接する感染です

そのため

手洗い、うがいや

正しいマスクの着用など

日々の予防が大切になります

しかし

手洗いやうがいなどの予防は

しっかりやっているけど

風邪をひいてしまった

インフルエンザになってしまった

という方もいるのではないでしょうか

ここで、すぐ実践できる

効果的なうがいの方法をご紹介します



それは

緑茶や紅茶でうがいをすることです

ある静岡の小学校が生徒に

名産である緑茶でうがいをさせたところ

インフルエンザにかかる子供が

減少したという報告があります

お茶に入っているカテキンには

殺菌作用がありますが

それだけではなく

うがいするときに使用すると

のどの粘膜の壁に結合して

感染するのを阻止する

はたらきがあるといわれています

緑茶だけでなく

紅茶には

インフルエンザウイルスを

包み込んでくれる成分が含まれている

といわれているので

紅茶を使用することもおすすめです

ここでもう一つポイントは

温かいお茶でうがいをすることです

普段冷たい水でうがいをしている人が

多いのではないでしょうか?

冷たいとのどが収縮してしまい

のどの奥までうがいをすることが

できなかったり

粘膜についているウイルスや菌を

そのままのどに

閉じ込めてしまうことになるので

ぬるめの温度でうがいをしてみましょう

この方法なら苦いうがい薬が苦手な

お子さんも大丈夫ですね

また

緑茶や紅茶などの

カフェインを含む飲み物を

多く取ることのできない

妊娠中の方でも

うがいでしたら

行うことができます


さまざまな予防も大切ですが

一番の予防は

体の免疫力を低下させないことです!

バランスの取れた食事と

睡眠をしっかりとることが基本です

そして

そこに鍼灸治療をプラスしてみてください

鍼灸治療をすると白血球数が増え

自己免疫力をあげることができます

免疫が高いということは

さまざまな菌やウイルスを

撃退する力があるということです

この冬

手洗い うがい 鍼灸で

病気に打ち勝つ力をつけましょう!


レディース鍼灸さいとう中野電話






~~~~~~~~~~~~~~~~
杉並区中央線 高円寺・阿佐ヶ谷
荻窪・西荻窪駅から10分以内

不妊症・つわり・逆子・更年期障害
突発性難聴・肩こり・腰痛など
女性特有疾患治療専門

日本初の女性専門鍼灸院
レディース鍼灸さいとう 中野
中野区中野2-28-1 中野JMビル4 F
TEL:03-6304-8839
~~~~~~~~~~~~~~~~



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の鍼灸 国際的にも「医... | トップ | 新城マラソン マラソン日和 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事