猿田日記

レッド・ハッピネスの猿田大先生の日記

中東・アフリカ7ヶ国の国民の入国を一時禁止する大統領令をコメントする立場にないとした安倍総理の巻

2017-01-30 19:38:22 | 報道/ニュース

トランプさんの一連の入国規制に対してはイギリス、ドイツの首相は批判をしておりますが、安倍さんは宗主国との関係は対等としておりますが、此の入国規制にも知らんわなとしており、毎度の隷属の対応と成り果てております。因みに難民やら移民の入国を停止する大統領令に関してコンウェー大統領顧問は搭乗を拒否やら拘束されたりする影響を受けるのは旅行者の1%に過ぎず、米国民を守る観点からは小さな犠牲だとの戯言を述べておりますが、此れは日本で共謀罪の提出の流れで、官房長官が一般人は対象外等とした其れと同様の手口となっており、抑々が1%にしても一般人にしても勝手に政府が決める其れと成り果てておりますから、同様の屁理屈と捉えておくのが其れ相当となっております。

米軍が中東イエメンAQAPを攻撃してトランプ政権で戦死者が出ております。因みに此の作戦はトランプさんが指示したと報じられております。其れにしても、トランプさんはIS壊滅、NSC改編の大統領令に署名をしております。が、此れ等は反イスラム親イスラエルの其れから始まっており、当面の反イスラムのロシアとも手を結ぶ流れとなっており、決してテロに対する真面な代物ではなくとなっており、日本も毎度の隷属に終始していたら、とんでもないしっぺ返しをの流れとなっております。

今日は此処迄

次回を待て

P.S.

中国人民解放軍の作戦専門家が近々の文書で北朝鮮を米国に次ぐ脅威と位置付けをしてていることが報じられております。まあ、所詮、軍人は脅威を煽り、予算を獲得やら組織の維持に努めるのが習わしとなっており、話半分以下と捉えておくのが其れ相当となっております。因みに脅威の3位は日本となっております。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第25期銀河戦本戦Fブロック3... | トップ | 将棋連盟が選ぶ注目の一局 向... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

報道/ニュース」カテゴリの最新記事