猿田日記

レッド・ハッピネスの猿田大先生の日記

共謀罪を衆院法務委員会で自公維が強行可決の巻

2017-05-19 19:00:38 | 報道/ニュース

法務委員会の最後の質疑者は維新の委員外議員で其の議員が30時間以上質疑してきたやら将又ピントのずれた質疑ばかりと述べて採決に入っていただきたいと勝手に採決を促した流れと成り果てております。民進党や共産党は質疑が不十分だとして抗議をしましたが、其れも無視をされて強行採決から可決の流れと大凡なっております。まあ、此の共謀罪の強行採決の頓珍漢極まりない流れですが、嘗ての治安維持法の時と粗同様の手口となっており、当時も質疑延期動議を無視して質問を勝手に打ち切っております。其れにしても、此の共謀罪衆院法務委員会での強行可決ですが、目論見は毎度の戦前回帰となっており、何処迄行っても私達に不利益が齎される流れは火を見るより明らかとなっております。

今日は此処迄

次回を待て

P.S.

共謀罪の衆院法務委員会での強行可決をテレビで中継をしておらず、此れ又呆れ返るばかりの所業と成り果てております。

トランプ大統領もロシア疑惑の更なる拡大で、可成りの宗主国内の権力闘争の流れが更に加速しており、其の一例が大統領弾劾の声ともなっております。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第25期銀河戦 本戦Bブロック9... | トップ |  第24回平安S(GIII)の巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む