猿田日記

レッド・ハッピネスの猿田大先生の日記

トランプ政権の北朝鮮挑発と金正恩と対話の用意(大統領選で共和党の指名が確定時のインタビュー)の巻

2017-04-21 19:30:38 | 報道/ニュース

トランプさんは最近は北朝鮮を挑発しておりますが、拳も此処迄振り上げれば下し処がなくなって、とんでない事態が生じる可能性も少しはありますが、恐らくは中国と宗主国は裏で取引をしており、宗主国がブラフをかけて、其れを中国が北朝鮮を宥める等をして収束を模索している可能性もありかなとなっております。まかり間違えて先制攻撃如きをすれば、確実に難民は中国に押し寄せ、困るのは中国と成り果ててしまう事は阻止をしなくてはならない状況が中国にはありとなっております。因みに北朝鮮と国境を接しているロシアも難民が押し寄せると困るので、安保理決議で手打ちをしてもおります。兎にも角にも、北朝鮮の核やらミサイルを何とかするには、何処迄行ってもトランプさんが金正恩さんとの会談をして収束を図る以外に道はなくとなっております。兎にも角にも、宗主国は単に北朝鮮が本土に届くICBMの開発を阻止出来たら位で手打ちをしとかんと、収束はなくとなっております。北朝鮮に核開発を全て止めさせる迄欲をかいたら、話は頓挫の流れと成り果ててしまいます。北朝鮮が存続出来ているのは核を持っているからで其れを手放す等する筈もなくとなっております。

今日は此処迄

次回を待て

P.S.

原発事故自主避難者に対する頓珍漢発言で批判を浴びた今村復興相が、又、会見で質問をした記者にもういいよと質問を打ち切っております。自己責任で感情的になりお詫びするやら今後は冷静に対処したいとしておりましたが、此れでは先のお詫び等は単なるあれとなっております。そんな訳で質問を遮られたのは前回時と同じ記者となっておりますから覚えて貰っとかんとあれとなっております。

安倍首相は13日公邸で維新の彼等は利用できるからいいんだよと語ったと報じられておりますが、利用とは憲法改悪と捉えておくのが其れ相当となっております。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤井猛の将棋講座第6回「藤井... | トップ |  第14回福島牝馬S(GIII)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む