弁理士『三色眼鏡』の 業務日誌     ~大海原編~

おかげさまで事務所開設5周年!
今後とも宜しくお願いします。

【弁理士の日企画】知財業界の職業病

2017年07月01日 10時33分52秒 | 雑記・挨拶・宣伝 ほか
おはようございます!
今日はなんともムッシムシな空気の湘南地方です。

さてさて、今日7月1日は知る人ぞ知る「弁理士の日」。
1899年に「弁理士法」の前身にあたる「特許代理業者登録規則」が施行されたことに由来するそうで。
先人たちのおかげでお仕事できています。ありがとうございます。


さてさて、そんな先人たちから脈々と受け継がれる、知財業界特有の“性癖”。
業界あるある、といってもよい。

この業界に入る前は金融業界だったので、それはそれでクセの強い業界で
(頭の中.125刻みだったり)。まーどの業界にもあるよなー、と思ったり。

色々考えてみたけど、いくつかあるかなぁ。

1.シソーラス(=同義語とか類義語とか上位概念/下位概念とか)を意識しがち

 これはいわずもがな。
 言葉で生きていくお仕事なので、その辺は皆さん非知財業界の方とはまるで違う。

 自分は生粋の知財人ではないことを自覚しているので、
 ときどき同業者の中でも“濃い”知財人と話すとわきの甘さを責められまくる
 …一言でいえば、「理屈っぽい」(笑) いーじゃん、日常会話は。


2.【】使いがち

 このブログのタイトル冒頭もだけど、このカッコのことを“スミカッコ”ということを知ったのは業界に入ってから。
 冒頭に【】がある安心感(笑)

3.権利取れてるか検索しがち

 例えば電車の中吊りなどで見る新商品の広告。
 ネーミングを見たとたんスマホでJPlatPatを開いて称呼検索。

 あるいは「特許取得済」なんて表示があったら、
 とりあえず公報見てどの部分が特許になっているのかを調べてしまう
 …ついでに代理人も調べがち(笑)。

4.“変わり者”であることに内心喜びがち

 ま、いわゆる士業の中でも希少種な弁理士。
 それだけでもマイナー感半端ないのに、
 その弁理士の中でも独自路線を行こうとする人が多い、ように思う。
 いわゆる「裏道」を選びがち、というのは結構あるんじゃないかと思う。
 
 それをこっそり喜んでいる、という人が多いなー、と感じている。
 野心家なのか慎ましやかなのか…変わり者なんだよな。


まー他人事のように書いてみたけど、
自分も周りから見たら立派に知財業界病患者なんだろうなー。

※※「弁理士の日」企画の、他の方の投稿はコチラ※※
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【雑記】今年も前半戦終了。 | トップ | 【知財記事?】ジェネリック... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご参加ありがとうございます (ドクガク)
2017-07-01 20:49:01
ドクガクです。
この度はご参加ありがとうございます。

さて、ほかの方も指摘していますが、
墨付きかっこと権利関係、やっぱり気になりますよね。
意識せずにやってることだけに、
病が重いのかも?

ところで、弁理士の日記念企画にご参加いただいた方、その他の知財系ブロガーが集うオフ会を開催します。
7月7日-8月4日の金曜日で、時間は19時から21時位、場所は都内を予定しています(会費5000円程度)。
弊ブログの「調整さん」のリンク先にて「出欠を入力する」からご参加できますので、ブログ名、ハンドル名等のどなたか特定できる名前で入力してください。

よろしくご検討ください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL