毎日が好奇心

まずはやってみよう。そこからなにかが、生まれるかな?

レスター・ヤングのPres and Teddy

2017-07-22 17:44:47 | ジャズレコード

サックス奏者レスター・ヤングの名盤の紹介です。

レスター・ヤングは、1930年代にカウント・ベイシー楽団でスタープレイヤーとなります。
退団後は、アメリカ・ミュージッシャン間で蔓延していた麻薬に溺れてしまいます。
そんな中で、1956年に自身のバンドで演奏した作品です。

Pres and Teddy Lester Young - Teddy Wilson Quartet


LPの最初の曲で、アップテンポのスイング曲です。
https://youtu.be/IT8BewnBo9g


4ビートののスイング感溢れる伴奏の中で、レスター・ヤングが悠々とテナーサックスを演奏しています。
テナーサックスの低音域の響きが、Pres(President)と呼ばれた大御所の貫禄を示しています。

ゆったりとまったりと聴くには、この1枚です。
 
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北インド・ラダック地方の自... | トップ | ネットワークCDプレーヤーを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジャズレコード」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。