毎日が好奇心

まずはやってみよう。そこからなにかが、生まれるかな?

ネットワークCDプレーヤーを導入しました。

2017-08-07 23:25:07 | オーディオ

ヤマハのネットワークCDプレーヤー(CD-N301)を導入しました。


今まで、CDは、PCのCDデッキで再生して聞いていた。
PC(CDデッキ) --> USB --> Creative Sound Blaster --> パワーアンプ --> スピーカー

もう少し良い音で聞きたい。ということで、CDプレーヤーをAmazonで探してみると、ネットワークCDプレーヤーという面白そうなものを見つけた。安いのは、ヤマハとオンキョーの2製品だ。

両方のネットワークCDプレーヤーのマニュアルをダウンロードして読んで見たのだが、ネットワークへの接続方法は書かれているが、どこまで出来るのかが分からない。
しかし、CD以外に、PCやスマホに保存した音楽ファイルの再生も可能のようだ。

普通のCDプレーヤーより、ネットワーク型CDプレーヤーのほうがメリットがありそうだ。
ヤマハの製品(CD-N301)を早速注文した。


届いた製品をセットしたが、CDは普通に再生した。

次に、ネットワークを介したDLNA(Digital Living Network Alliance)の設定は、取説を見ながら行ない、やっと理解できた。

以下に、ヤマハのネットワークCDプレーヤー(CD-N301)の、DLNAの設定を(自身のメモも兼ねて)説明します。

1.ネットワークCDプレーヤーをネットワークに接続する
届いたネットワークCDプレーヤー(CD-N301)を、LANケーブルで自宅のLANネットワークに接続する。ネットワークCDプレーヤーは無線LAN機能が無いので、有線端子のある無線ルーターが必要となる。

ネットワークCDプレーヤーの電源を入れ、PCでエクスプローラーのネットワークを見てみると、CD-N301のネットワークデバイス名で認識されている。

2.PC内の音楽ファイルを、ネットワークCDプレーヤーが共有出来るようにする。
PCに記録されている音楽ファイルを、ネットワークを通して、ネットワークCDプレーヤーが共有し、再生できるようにする。

これは、取説にあるが、Windows Media Playerのメディアストリーミングを有効にする事で、共有が可能となる。
ネットワークCDプレーヤーが、PCから、共有された音楽ファイルをストリーミングで受け取り、データの形式等を判断して再生する。

3.スマホを、ネットワークCDプレーヤーのコントローラーとして用いる。
スマホに、アプリ「NETWORK PLAYER CONTROLLER」をインストールする。
但し、自宅の無線LAN(WiFi)からはダウンロードが始まらなかった。外に出て、LTE等のモバイルネットワークからアクセスすると、ダウンロードが始まり、インストールできた。

・スマホのネットワークCDプレーヤーのコントロール画面。
ネットワークCDプレーヤー(CD-N301)が共有再生するデバイスを選択したり、電源のON/OFF、トレイの開閉を制御できる。


なお、ネットワークCDプレーヤーの電源をONにして、スマホのアプリを立ち上げた場合は、「プレイヤー選択」画面が表示されるが、右下の検索マークをタッチすると、LAN内のネットワークCDプレーヤーを認識、表示してくれる。

・PCに記憶された音楽ファイルの再生画面
ジャケット写真も表示される。PCにある音楽ファイル内の画像データを、ネットワークCDプレーヤーを経由して、スマホまで持ってきている。

 
 
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レスター・ヤングのPres and ... | トップ | 高出力で、高音質のフォノイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。