毎日が好奇心

まずはやってみよう。そこからなにかが、生まれるかな?

レッド・ガーランドのC Jam Blues

2017-04-06 01:02:12 | ジャズレコード

レッド・ガーランドの名盤の紹介です。

レッド・ガーランドは、マイルス・デイビスのグループで名演を残していますが、リーダー作品も残しています。その中の代表作品です。

Red Garland - Groovy


アルバムの中の、C Jam Bluesは名演です。
https://youtu.be/ra0p0u59N7o

ビートを明確に音に出しながら演奏しているので、聞きやすく素直に乗れます。


そして、C Jam Bluesの作曲者は、ジャズ界の大御所デューク・エリントンです。
YouTubeから、デューク・エリントン楽団員の演奏です。ジャムセッション形式で、ビーバップの典型パターンです。
https://youtu.be/gOlpcJhNyDI
デューク・エリントンが若い。
1942年といえば、日本は戦争真っ盛り。アメリカは、余裕で暮らしていたんだ。


オスカー・ピーターソンのC Jam Bluesもあるな。 と聞いてみたら、びっくり。
https://youtu.be/NTJhHn-TuDY

実に滑らかで、スイングしています。
やはり、オスカー・ピーターソンに敵うピアノ奏者はいません。
ピアノを引きながら、顔の汗を拭いてるのにも、びっくり。
 
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コルトレーンがマイルスグル... | トップ | ツールドおきなわ 2016 市民... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジャズレコード」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。