ゆうわファミリーカウンセリング新潟/東川 臨床心理士・赤坂正人       新潟市西区      

こころの心理相談で臨床心理士による公園カウンセリング、訪問カウンセリング、面会交流の相談などを行なっています

サンタさんの贈りものを孫娘たちといっしょに不思議がること-不思議や夢と遊ぶこと-「遊ぶこと」と「遊びのちから」・1(再録)

2016年12月25日 | 遊ぶことの力を考える
 クリスマスのサンタさんをめぐる孫娘たちとのやりとりが1年ほど前にあって、このブログにも書かせてもらったのですが、それがけっこう面白かったので、以下に再録します(一部修正をしました)。
     * * *
 久しぶりに孫娘たちが遊びに来ました。
 上の孫娘が、サンタさんがプレゼントをくれたの、といって、赤い水玉の洋服を着たシルバニアを見せてくれました。
 じーじが、サンタさんは煙突から入ってきたのかな?と聞くと、孫娘は、うちには煙突はないの、といいます。
 じーじが、それじゃあ、窓かな?と聞くと、孫娘は、窓にはかぎがかかっているし‥、といいます。
 じーじが、不思議だね、といいますと、孫娘も、不思議だね、といいます。
 サンタさんを何歳まで信じられるかが、幸せのバロメーターだという説があります。
 夢はできるだけ持ち続けたいものだと思います。
 また、おとなにわかることはきちんと伝えたほうがいいと思いますが、わからないことはどうすればいいでしょうか。
 人生、おとなにだってわからないことだらけです。
 私は、わからないことは、不思議だね、でいいと思うのです。
 そして、子どものわからないことに丁寧に付き合うこと、それが大切ではないかと思います。
 わからないんだけれど、突き放さずに、丁寧に寄り添うこと、それが大切だと思います。
 子育てでも、カウンセリングでも、そこが大きなポイントかもしれません。
 わからないことだらけでも、じっくりと付き合っていける生き方をしていきたいと思います。
 
『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ボジョレヌーボー解禁のニュ... | トップ | 私の娘が初めて巫女さんのア... »

遊ぶことの力を考える」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。