ゆうわファミリーカウンセリング新潟/東川  臨床心理士・赤坂正人 新潟市西区      

こころの心理相談で臨床心理士による公園カウンセリング、訪問カウンセリング、面会交流の相談・援助などを行なっています

飛谷渉『精神分析たとえ話-タヴィストック・メモワール』(2016、誠信書房)を読んで-精神分析の経験を学ぶ

2017年05月27日 | 精神分析に学ぶ
 飛谷渉さんの『精神分析たとえ話-タヴィストック・メモワール』を読みました。
 飛谷さんは精神分析のメッカといわれるイギリスのタヴィストック・クリニックで4年近く訓練を受けた分析家で、私は何年か前の精神分析学会の分科会でお話を聞いたことがありますが、気さくなお人柄の先生です。
 この本はそんな飛谷さんが、ご自身が受けた訓練分析の経験を何とか本で伝えようといろいろな工夫をされているものだといえます。
 最初に出てくるのがイギリスの回転寿司での経験談。
 中国人の寿司職人の握るお寿司がどうも日本のものとは違うと飛谷さんが思っていると、その職人さんが、実は自分は日本の寿司を食べたことがない、との話で、飛谷さんはこれを受けて、訓練分析の経験がない分析家の分析も同じようなものかもしれないと述べます。
 分析家のだれもが強調をされますが、やはり精神分析にとって、訓練分析の重さはかなりのもののようです(私は想像をするしかありませんが…)。
 ほかにも、飛谷さんは巧みなたとえ話で、精神分析や訓練分析の経験を何とか読者に伝えようと必死の努力と工夫をされています。
 それを読むだけでも、勉強になります。
 そして、精神分析的な心理療法を実践したいと考えている人たちにも大いに勉強になるだろうと思います。
 精神分析の文献学習の一助になるいい本だと思います。

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 村上春樹『色彩を持たない田... | トップ | 「発達障害」の増加(?)現... »

あわせて読む