ゆうわファミリーカウンセリング新潟/東川  臨床心理士・赤坂正人 新潟市西区      

こころの心理相談で臨床心理士による公園カウンセリング、訪問カウンセリング、面会交流の相談・援助などを行なっています

松木邦裕『こころに出会う-臨床精神分析 その学びと学び方』(2016、創元社)を読んで-精神分析を深く学ぶ

2017年06月30日 | 精神分析に学ぶ
 松木邦裕さんの『こころに出会う-臨床精神分析 その学びと学び方』を読みました。
 松木さんの研究会での講義や学会誌の論文などを集めた本ですが、充実した内容です。
 総論的な論文もありますが(少し難しいですが、とても勉強になります)、私が今回、特に勉強になったのが、「喪失ということ」と「不毛ということ」という文章。
 いろいろと考えさせられました。
 このところ、なぜか「対象喪失」のことを考えることが多いのですが(老人になったせいでしょうか)、やはり精神分析の中心テーマの一つだろうと改めて思います。
 老人だけでなく、若い人や子どもさんであっても、新しい出会いとともに対象喪失が常にあるんだろうなと思います。
 そうして、うまく対象喪失をしていくこと、さらには、それを周囲からうまく支えてもらうことが、「育てられること-育つこと」なんだろうなと思います。
 まだまだ考えが深まっていませんが、そういったことを臨床をふまえながら、さらに考えていきたいなと思っています。
 また、「不毛ということ」については、松木さんがその反対のことを語っているこの文章を引用したいと思います。
 「こころは、こころで感知することしかできない。感知した痛みを通して“生きづらさ”を抱えたこころの本性を知るのである」
 こころの営みの大切さとすごさを語っていると思います。
 全編に松木さんの強い思いが感じられるいい本です。
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 瀬尾まいこ『春、戻る』(201... | トップ | 伊坂幸太郎『サブマリン』(2... »

あわせて読む