ゆうわファミリーカウンセリングルーム新潟/東川  新潟市西区             臨床心理士(4月~) 赤坂正人 

こころの心理相談で公園カウンセリング、訪問カウンセリング、面会交流の相談・援助などを行なっています

梨木香歩『雪と珊瑚と』(2015、角川文庫)を読んで-等身大のシングルマザーと赤ちゃんと周囲の人々を描く

2017年03月03日 | 小説を読む
 女性らしく、素敵で、読みごたえのある文章をたくさん書かれている梨木香歩さん、その梨木さんの小説『雪と珊瑚と』を読みました。
 久しぶりにいい小説を読んで、またまた泣いてしまいました。
 とてもいい物語です。
 シングルマザーの珊瑚とその赤ちゃんである雪のお話。
 きれいすぎず、がんばりすぎず、力不足でたいへんなところもあって、等身大の若い女性の迷いと不安がさらりと描かれます。
 しかし、中身は深いです。
 周りの人間を含めて、弱さやずるさや何もかもが描かれます。
 救いはやはり赤ちゃん。
 (とはいえ、赤ちゃんや小さな子どもの子育てはたいへんですけどね)。
 赤ちゃんや子どもの存在というのは母親だけでなく、やっぱりおとな全体にとって大切なものなのでしょう。
 そして、子育てというのは、きれいごとではけっしてすみませんが、しかし、大きな営みなのですね。
 そのあたりの大変さや苦しさ、迷いなども丁寧に描かれていると思います。
 悪戦苦闘の、きれいごとでない、等身大のシングルマザーと赤ちゃんと周囲の人々の物語、いちど読んでみてください。
 きっと、生きていくこともいいものだな、と思うのではないかなと思います。
 たまに本を読んで涙を流すことも、こころのおそうじにいいことのようです。
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 青木省三『思春期こころのい... | トップ | 岩宮恵子『思春期をめぐる冒... »

あわせて読む