フィッシュストーリー☆新潟

釣りと映画と読書と家族の雑記です

ハクソー・リッジ

2017年06月30日 | 映画鑑賞

監督  メル・ギブソン

 

 

 

衛生兵として一晩で75名の日米の負傷兵を救い、武器を持たない兵士としてアメリカ史上初の名誉勲章を受けたデズモンド・ドス。

アンドリュー・ガーフィールドがドスを演じ、メル・ギブソンがその半生を映画化した人間ドラマ。

沖縄の激戦地“ハクソー・リッジ”でドスが取った勇気ある行動が臨場感あふれる戦闘シーンとともに描かれる。

 

 

 

舞台は沖縄、敵はもちろん日本兵とくればあまり気分の良いものではないが、この映画はそれほど嫌悪感は不思議となかったです。

 

 

逆にデズモンドに感情移入してしまうほどでした。

 

 

序盤から中盤に掛けて、わりと長めに家族や恋人とのドラマと入隊してからの訓練や裁判の話が続き、「あれ?この映画、戦争物じゃないの?」と予告と違う展開に戸惑いもありましたが、後半の戦地に入ってからは怒濤の戦場の臨場感に思わず肩身を狭め、目を覆いたくなるような映像が流れ続けるといったまさに戦争映画。

 

 

この辺の戦争映画の映像は年々リアルになってきて戦争の本当の怖さを体感出来るようになってますね。

 

 

信念を曲げず、武器を持たない男に何が出来るのか疑問視する周囲を一夜にして圧倒する正義の物語は圧巻!

 

 

日本兵にまで手当してしまうんだからそりゃ日本人だってなにも言えないよね。

 

 

この英雄の物語、必見です。

 

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラビング 愛という名前のふたり | トップ | 新潟市歴史博物館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハクソー・リッジ  監督/メル・ギブソン (西京極 紫の館)
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  サム・ワーシントン  テリーサ・パーマー   ヒューゴ・ウィーヴィング 【ストーリー】 第2次世界大戦中、デズモンドは、人を殺して......