フィッシュストーリー☆新潟

釣りと映画と読書と家族の雑記です

ラ・ラ・ランド

2017年03月07日 | 映画鑑賞

監督  デイミアン・チャゼル

 

 

 

第87回アカデミー賞で3部門に輝くなど、数々の映画賞を受賞した『セッション』のデイミアン・チャゼル監督が、ロサンゼルスを舞台に夢を追う男女の恋を描くミュージカル映画。

女優志望のミアをエマ・ストーン、ジャズピアニストのセバスチャンをライアン・ゴズリングが演じ、華麗な歌やダンスを披露する。

 

 

 

なんだろうね、見終わった後に気付いたら鳥肌が立ってました。

 

感情はフラットなんだけどね、脳より体が反応したんですかね

 

 

一言でいうならとてもロマンティックな映画。

 

しかしそれだけではなく、夢を追い求める苦悩や儚さもリアリティーあるし、叶い掛けた時の二人のすれ違いなど・・・・まぁ後は観てのお楽しみってことで

 

 

ただね、名シーンは予告やテレビで沢山やっちゃってるからね、次のシーンの予測が容易に出来ちゃうんだな。。。。

 

もちろん他にも良いシーンは沢山あるけどね。

 

 

夢を叶えるために頑張っているんだけど上手くいかない。

 

じゃあ諦めてしまうことは逃げることなのか、だからといって叶ったら幸せなのか・・・・・。

 

 

アカデミー賞の結果からかなりハードル上がってますが

 

私は良い映画だったと思います。

 

 

 

これでライアン・ゴズリングの名前も広まってくれると嬉しいな

 

あの哀愁ある表情は堪らないよね

で、「ラースとその彼女」に繋がる・・・・わけないね((((;゜Д゜)))
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひな祭り~♪ | トップ | 未来を花束にして »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ラ・ラ・ランド (本と映画、ときどき日常)
監督 デイミアン・チャゼル 出演 ライアン・ゴズリング     エマ・ストーン     ジョン・レジェント 女優をめざす女性とジャズのお店を開く夢を持つ男が出会い恋に落ち......
ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズ......