ReCo活動日誌 <児童養護施設でのボランティアブログ>

児童養護施設での活動に興味がある人は、ホームページもどうぞ!→http://lieflife.web.fc2.com/

7月Reco活動報告

2017-07-23 19:36:46 | 活動概要
こんばんは🎆
Recoの活動前に、バイトは絶対に入れては行けないと心から思ったちっぷです。
7月のRecoの活動報告をさせていただきます。

✔日時
7月23日 13:30-15:30

✔参加者
あっつん、うぃんぐ、かなぽん、くろちゃん、たかとら、デール、やすお、りこぴん、よっち、ちっぷ

✔活動内容
・たるえだ
・震源地
・ゾンビ鬼
・けんけん鬼
・だるまさんが転んだ
・自由時間

✔ボラからの感想、反省

・机の下に入ってしまうなどの行動が見られたが、それらのことに対しての注意の喚起が難しかった。
・遊びの時間、ホールにボードゲーム等を置いておいていたが、そちらに行こうとしてしまう人が多いため、ボードゲームの置き場所を考えた方が良い。
・子どもたちの中でも、自らボラのところへ来る人と、そうではない人がいるため、今度からもっと積極的に対応したい。
・学年が幅広く、やりたいことが異なるため難しい。
・小さい子が、来た時の対応について考えていかなければいけないと思った。
・司会が、子どもたちの様子を見て、臨機応変に対応していてよかった。
・休憩時間を設けたが、子どもたちは自ら考え、休憩してまた遊ぶを繰り返していた。
・スキンシップの基準が難しい。
・幼児さんと小学生で一緒に遊ぶのは難しいが新鮮で楽しかった。

✔職員さんから

♣注意の喚起方法について
机の下に潜ってはいけない等のルールはまだ定まってはいない。しかし危険を伴うため、行える行動は3つある。
①活動の前に一斉に伝える。
②潜ったところの床や壁に、禁止であることの張り紙等を貼る。
③スズランテープを用いて、使用出来ないようにする。

♣スキンシップについて
・年少さんに関しては、男性女性問わず大丈夫。
・小学生3年生以上の子どもで同性同士である場合は、違和感を感じた時は子どもに伝える。
・小学生に関しては、異性が女の子の抱っこ、おんぶ、お膝に乗る、肩車は原則禁止。
・伝えても行うようであれば、職員さんに声をかけること。
・遊びの中での手を繋ぐことや、遊びに誘うための手を繋ぐことは問題ない。違和感を感じなければ基本的に大丈夫。

♣幼児さんと小学生が一緒に遊ぶことについて
幼児さんには難しい遊びだと思った場合は、初めは「見て学ぶ」という方法も◎。
待つことが出来る子どもたちだから、「見本みせるから見てていてください。やりたいと思ったら来てください。やりたくなかったら休んでていいですよ」等の声掛けを行い、一緒に遊ぶように働きかけるのも◎。

✔ボラでの話し合い
「今後、幼児さんと小学生とどのうように遊んでいくかについて」
ボラの参加人数にもよるが、3つ意見が出ました。
①屋外も使えるため、人数が多ければ、幼児さんと小学生で遊びを分ける。
②前のように、時間制にして幼児さんには途中から来てもらう形をとる。
③小学生も幼児さんも一緒に遊ぶ。

8月は、中庭で幼児さん・公園で小学生で遊べたらいいなと感じています。

新しい施設になり、一回目の活動となりましたが、子どもたちも相変わらず可愛く楽しく、ボラみんなも自然と笑顔になっていました。
今回の活動で、課題はたくさん見えましたが、それを一つ一つ解消できるように取り組み、楽しみましょう。

次の活動は【8月20日】の予定です。
ちっぷとくりぼーが担当します!ご都合よろしい方、連絡待ってます☎
水遊びをする予定なので、楽しいこと間違いなしです!!

長くなりましたが、読んでくださり、ありがとうございました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月 Recoミーテ報告 | トップ | 8月 Recoミーテ 報告 »

コメントを投稿

活動概要」カテゴリの最新記事