おうちごはんレシピ

うちのごはんのれしぴです!

いかとにんじんの韓国風サラダ

2017年06月28日 | 魚介類
     


今日ご紹介するレシピは「いかとにんじんの韓国風サラダ」。

甘ピリ辛いコチュジャンを入れることで、一気に韓国風の味わいがします。

コチュジャンは、韓国・朝鮮で一般的に食べられる調味料です。

オリジナルはもち米と唐辛子粉を発酵させて作ります。

発酵させることで、もち米が甘くなり、唐辛子粉の辛さが丸みを帯びて、甘ピリ辛い味になります。

近年では、糖類を加えて作る傾向にあり、だんだん甘みの強い調味料となりました。

代表的な韓国料理のビビンバには、欠かすことができません。

ほかには生野菜につけて食べたり、鍋物の薬味にしたり、幅広く日常的に使われる調味料です。



【材料(2人分)】

・するめいかの胴・・・小1杯
・きゅうり・・・1本
・にんじん・・・1/3本

A酢・コチュジャン・ごま油・・・各大さじ1
A砂糖・すりごま(白)・みそ・・・各小さじ1
Aしょうゆ・・・小さじ1/3
Aおろしにんにく・・・小さじ1/4
A長ねぎのみじん切り・・・大さじ2



【作り方】

1)いかは足を抜いて内臓を取り、きれいに洗って、胴を幅7~8ミリの輪切りにする。



2)きゅうりとにんじんは長さ4センチの千切りにする。



3)鍋に湯を沸かし、①を入れて1分ゆでてざるに上げ、水気を切る。



4)ボウルにAを入れてよく混ぜる。



5)④に②と③を加えて和える。





コツとポイント

* いかは胴だけ使います。

* いかを茹ですぎると固くなるので、きっかり1分ゆでてざるに上げます。




エネルギー   362.2kcal
タンパク質   22.5g
炭水化物   31g
塩    2.6g
『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏野菜の焼きバンバンジー | トップ | キャロットラペ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。