おうちごはんレシピ

うちのごはんのれしぴです!

煮物&スープをおいしく作るコツ

2017年06月20日 | 料理のコツ
     

煮物やスープを作るとき、最初から水やスープで煮ず、しっかり野菜を炒めてから煮るとおいしい煮物やスープが出来上がります。

炒めるといっても、さっと炒めたくらいでは効果が出ません。

野菜の表面が透き通ってくるくらいしっかり炒めます。

炒めると野菜の表面から熱が入ると同時に、野菜の水分が蒸発して香りでてきて、うま味が凝縮します。

そのうま味と香りが煮物やスープのおいしさに直結するのです。

例えば、しいたけですがそのまま調理して食べてもおいしいですが、乾燥させて干しシイタケにすると出汁にもできるくらいうま味が凝縮します。

これと同じ理論です。

肉じゃがや豚汁などの定番料理でも、初めにしっかり炒めうま味を出しておくと出来上がりは全然違います。

また先に炒めて火を通すことで、煮込む時間の短縮にもなります。

じゃがいもや玉ネギ、キャベツなどの野菜を具にした味噌汁も、先に少量の油でいためておくことで、しっかり野菜のコクの出た味噌汁になります。

『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エビチリ麺 | トップ | 切り干し大根のサラダ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。