いじゅゐの

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

御巣鷹の尾根に慰霊登山 日航機墜落事故2

2014-08-23 02:37:54 | 日記
乗客乗員520人が死亡した日航ジャンボ機墜落事故から27年の12日、群馬県上野村の墜落現場「御巣鷹の尾根」(標高1565メートル)に、花束や供え物を手にした遺族らが朝から次々訪れ、慰霊登山を始めた. 沢筋や山の斜面に並ぶ犠牲者の墓標に手を合わせていた. 遺族でつくる「8・12連絡会」や地元の支援団体は「御巣鷹の尾根」に約80個のかざぐるまを立て、同日午前10時半から「昇魂之碑」前で慰霊祭を催した. 娘3人を亡くした兵庫県西宮市の田淵親吾さん(83)は「事故から27年たった. 次世代にバトンタッチしていきたい」とあいさつ. 事故で祖父が亡くなった後に生まれた川崎市の会社員、内野慎一さん(23)が「若い世代に事故がしっかりと語り継がれ、今後同じような事故が起こらないように活動していきたい」と述べ、黙祷(もくとう)を呼びかけた. 幼児や小学生ら十数人も、しゃぼんだまを飛ばし、歌を歌った. ふもとの神流川で11日夜に行われた灯籠(とうろう)流しにも参加した日本航空の大西賢会長は12日午前に慰霊登山し、犠牲者の墓標の前で手を合わせた. 午後6時からふもとの「慰霊の園」で開かれる追悼慰霊式にも、今年2月に就任した植木義晴社長とともに臨むという. ニューバランス 1400 日航によると、12日正午現在で慰霊登山をした遺族は49家族222人. 追悼慰霊式には遺族約150人が出席予定だという.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IT武装」するクルマたち 米家... | トップ | 藤村志保さん骨折 「軍師官兵... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。