HONDA RACING SPIRITS / Reborn Tomorrow

「AP1 S2000」「FD2 TYPE-R」
車全般とその周辺のこと、気ままに感じたことを載せていきます。

FD2 メンテ 整備 修理とホンダ

2017-06-10 20:37:55 | HONDA
先月は、FD2のエアコン不調で暑い日に温風しか出てこなくなった。コンプレッサーのリレーを新品に交換してもらったら、良く効くようになった。リレーが壊れかけていたようです、2,200円也、他のホンダ車も同様の症状が出るのだそうです。
昨日からきょうにかけては、FD2のメンテと整備。まずは昨日、4月にボディ磨きコーティングをしたプロショップへ預けて無料の1ヶ月後メンテ。良く水を弾いていて問題なしだそう、またキレイになって帰ってきた。S2000もお願いしたくなってきた。

それから12ヶ月点検でディーラーへ、エンジンオイル、エレメント、クーラントの交換を追加した。最近のクーラントは20万キロ無交換でもOKだそうだが、5年前FD2を手に入れてから交換しておらず、気分が悪いので・・・無交換でOKなホンダ ウルトラEクーラント使用。そしてなんとパンク発覚、右リアのみ0.3bar空気圧が低かったそう。見事に先が尖った木ねじが刺さっていた。トレッド面なのでパンク修理をして前後ローテション。ドイツでは、パンクしたらタイヤは交換が基本という事実が邪魔をして、無交換では心配といえば心配だ。高速道の走行頻度が高いし。しかし、この道25年という担当メカニック曰く、ブリジストンから仕入れた修理剤が格段に良くなっているのと、RE070はワイヤーの密度が高く頑丈、いまでも市販としては頭抜けて良いタイヤできちんとした修理がされていれば問題ないと力説していた。サーキットとか走っていた風で、走り好きそうなメカニックでもあるので信用することにした。贅沢言えば前2本は新品にしたいのだが、6mm以上溝が残っているし、しばらくエアチェックをまめにして様子を見ることにした。
担当営業は、新シビックTYPE-Rをすすめてきた。見ることができるそう。でもボディは大きくなったし、ターボだし、つまらない自動ブリッピングMTだし…それよりS1000とかS2000後継は?と訊くと、何の情報もないそう。S660にブラウンレザー仕様が出たようです、ボディ色も特別色でちょっといい感じ。

新車よりピカピカで変態的なNAエンジン搭載のFD2があるしな…


最近のホンダは、良いのか悪いのかわからないのだが、少なくともF1はダメだ。アロンソとバトンという超一流ドライバーのF1キャリアが、ジリ貧になってしまった。FD2はジェンソンバトンがドライブしてコメントしていたのが印象に残っていて、購入する気を後押しされた感じがするので残念。スーパーGTもダメ、先月テレビ東京のあの番組に全くNSXは映らなかったぞ。スーパーフォーミュラもいまいち。しかし、佐藤琢磨のインデイ500はやったぜ!という感じ。2013年にも優勝しているが、超高速のオーバルではなかったから、今回の優勝は凄いことだ、男だね。限界を超えたら、ほぼ終わりのオーバルでの優勝というのは、メンタルもテクニックも想像を超えたものが要求されるはずだ。ホンダは、日本やヨーロッパよりアメリカの市場を重要視しているのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洗車オーライ | トップ | 6/9はロックの日ですか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

HONDA」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。