非国民通信

ノーモア・コイズミ

でも文学作品はOK

2008-03-12 23:20:23 | ニュース

児童ポルノ、所持だけでも「処罰」…与党が法改正方針(読売新聞)

 自民、公明両党は、児童ポルノの画像などのはんらんに歯止めをかけるため、児童ポルノを販売目的でなく、「単純所持」するだけでも禁じることとし、罰則の対象とする方向で児童買春・児童ポルノ禁止法を改正する方針を固めた。

 改正案は議員立法で、今国会中にも提出する方針だ。インターネットなどを通じて児童ポルノ事件の被害者が急増していることや、国際的に日本の対応が出遅れていることが背景にある。

(中略)

 児童買春・児童ポルノ禁止法は99年に成立。当時、単純所持について、罰則なしの禁止規定の盛り込みが検討されたが、プライバシー権の侵害につながるなど、様々な反対があり、見送られた。法務省によると、児童ポルノに関する事件の起訴数は99年は25件だったが、03年は214件、06年は585件と急増している。

 たとえば死刑制度などでも、国際的に日本の対応は出遅れているわけですが、とりあえず児童ポルノに関しては外からの要請に喜んで平伏する方向性で固まっているようです。これがいつもの日本なら、外国から何か言われれば意固地になるだけで聞く耳など持たないはずですが、今回は様子が違います。なんでも米国のシーファー大使からの要請だとか、なるほど、アメリカの通達だからですかね。他の国からの批判であったなら、むしろ児童ポルノの権利を主張し始めたかも知れません。

 こうした規制の疑わしい部分と妥当な部分については、それなりに思うところもありますが、とりあえず今回は保留して、最後の段落の起訴数が意味するところを考えてみたいと思います。児童ポルノに関する事件の起訴数が99年は25件、03年は214件、06年は585件と急増しているそうですが、これは妥当でしょうか?

 国連の2000年の統計に拠りますと、日本における強姦件数は10万人あたり1.78件です。まぁ少ない方ですね。殺人件数の少なさを誇るよりも治安悪化を叫びたい日本政府や治安関係者にとって、それが好ましい数値かどうかは知りませんけれど。

 ちなみに10万人あたり強姦件数の世界最凶は南アフリカで123.85件、これは恐い。しかるに治安の悪い国の強姦件数が多いかというと、一概には言えません。概ね比例する傾向もありますが、反比例するケースも同程度あります。ヨーロッパでも北側、西側に位置する国は概ね強姦件数が高いですし、カナダ、オーストラリアも高いです。これはどういうことかというと、人権意識の強い国では、強姦と認知されやすいから、日本では家庭の問題と見過ごされるような暴力行為でも、きっちり立件されるからですね。

 反対に強姦件数の少ない国はどこでしょうか? 資料のある限りではありますが、栄光の世界一はパキスタンで、10万人あたり0.04件です。それに比べれば日本は45倍、パキスタン人と比べれば日本人は強姦魔みたいなものですね。その他、強姦件数の際だって少ない国としてはイエメン、サウジアラビア、アゼルバイジャンなどイスラム教国が並びます。あーあー、要するに女性の人権が蔑ろにされている国ほど、強姦件数は少ないわけです。発生件数ではなく、立件された件数が。

 で、日本の児童ポルノに戻ります。児童ポルノに関わる起訴数が「急増している」と、それが児童ポルノの規制強化の根拠になると、そう考えられてしまうものでしょうか。たしかに起訴数の増加は危機を煽るには格好の素材です。しかし殺人のように解釈の余地に乏しい犯罪と違って、強姦など性犯罪は取り締まる側の意識で左右されるところが大きいものです。強姦件数の少ない国よりも強姦件数の多い国の方が人権意識が高く、性的な侵害から守られているわけで、それと同じことが児童ポルノに関わる起訴数にも言えるのではないでしょうか。

 パキスタンの強姦件数のように、児童ポルノに関わる起訴数がほぼ0であったなら、それは侵害された被害者を黙殺しているだけと考えるべきです。反対に件数の多いことが意味するのは、時に問題の発生件数であるかも知れませんが、同時に問題意識の高さでもあります。児童ポルノに関わる起訴数が急増しているのであれば、問題意識も確実に高まっているわけで、その傾向=起訴数の増加が続く限り、表現の自由等を侵害しかねない性急で乱雑な規制は時期尚早と、そう思いますね。

 

 ←応援よろしくお願いします

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Fourth Blood | トップ | 外国語学習者のためのtips »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
総論賛成各論反対 (ノエルザブレイヴ)
2008-03-12 23:49:49
子供を商品にするのをやめよう、という考え方そのものは良い意識だと思うのですが、さてどうやって取り締まるのかという段階ではどうも不安のほうが先に立ってしまうのですね。ヨネスケさんよろしく突撃をかけるのでしょうか?
もしこれが本決まりになった場合は、気に入らない人を「何だこの写真はこのロリコンが!」としょっ引く道具にこの法案が堕さないことを願いたい物です。
Unknown (仲@ukiuki)
2008-03-12 23:52:24
起訴件数って検察の意向次第で大きく変動しますもんね。新たな「〈治安悪化〉の原因」を手に入れられた、なんて喜んでるのかも知れません。

http://d.hatena.ne.jp/killtheassholes/
で紹介されている「ITmedia News」の記事を読むと、読売の記事以上に破壊力がありそうな感じです。子どもの保護につながる部分とそうとは言えないんじゃないのという部分を、いっしょくたに処罰したがってる感じ。人権擁護法案なんかより、こっちの方が成立可能性がありそうで、しかも「陥れ」に使われた場合の破壊力も大きそうです。


Unknown (Bill McCreary)
2008-03-13 03:15:18
>なんでも米国のシーファー大使からの要請だとか

そうだったんですか(笑)。いやあ、すばらしい独立国i家ですね、日本て。

>しかし殺人のように解釈の余地に乏しい犯罪と違って、強姦など性犯罪は取り締まる側の意識で左右されるところが大きいものです。

こんなこと、私たちからすれば常識なんですけど、世間では無知な人が多いんでしょうね。困ったことです。実際昔(80年代)は、子供のヌード写真集は、ぜんぜん「犯罪」ではなかったわけですからね。

社民党の党首である福島瑞穂が、自分のブログで単純所持規制反対を(かなり慎重にですが)訴えています。たしかに、単純所持がNGになったら、昔売られていた書籍その他は大丈夫かーとかいう話になりそうです。ガサ入れされたりした時、かっこうの別件逮捕(笑)のネタにならないかな。そこまではしないかもしれませんが、自民党政府や官憲を信じると、ろくな目にあいません。

福島さんも指摘している通り、銃や麻薬などの単純所持とこの手の性関係のものの所持を同一視すると、無理も多いし当局の恣意的な介入を可能にしてしまいます。正直、我々にはきわめて迷惑なことです。あえて損なことを書いた福島さんに敬意を表します。

http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-647.html

余談:福島さんのブログの中で、風呂上りの自分の子供の写真(女の子かどうかはわかりません)を持っていたドイツ在住日本人に、地元の人から「持っているとやばい」みたいなことをいわれたという話がありますけど、ドイツって、裸にはわりと寛容な民族なんですけど、子供は別なのかな。でも、私の知る限り、そんなにうるさいようにも見えないんですけど。
法律が目的のムダ? (tatu99)
2008-03-13 08:35:36
児童ポルノ所持者に罰則とはどうもしっくりきません。
所持したいとか趣味者ではありませんが、一般論として取り締まるならば製作段階で取り締まれば良いだけで(脱税とか何でもあり)所持取り締まりとは海外から持ち帰り規制目的とも考えられますが個人なら見逃してもOK、適用される頻度が低い法律で随意的に運用する意図ではないかと考えるしかない。
第三者に迷惑をかけない個人的な行為を為政者の都合で勝手に解釈する畏れです。
あらゆる刑法を厳密に運用するなら全国民を警察官にしても追いつかないだろうに。(笑)
どこが違う?靴の先がちょっと違う。 (往楽斎)
2008-03-13 13:59:29
ふん捕まえて、吊るし上げる。これぞ真の人権擁護と謂わんかの様ですが、こういった思想や嗜好を異とする事も更には問われそうですね。

これから先こういった話がどんどん膨らんでいった結果、ゲイは公共良俗に宜しくないだとか、ロリコンはイカンだとか、そんな話が出てくるやもしれません。

そういった嗜好は何が違うのか。結局は、性的嗜好が異性から同性、または弱年者に変わっただけだと言えるでしょう。

それもまた異常であると言うならば、そもそも愛だの何だの語る資格は無いと私は考えます。
準児童ポルノという拡張概念 (焚火派GALゲー戦線)
2008-03-13 19:45:19
 クロスポスト失礼します。

私は、18歳未満の児童を使った実写には反対するものである。 なぜなら、現実の児童の被害者がいるからだ。
 しかし、それだけでなく「準児童ポルノ」という概念があるそうな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000004-jct-soci

 なんと、現実の被害者が存在しないアニメやゲームのキャラも含まれる可能性があるという。 しかも、人物設定を18歳以上にすればすむだけの問題でもないらしい。(たとえば、「18歳未満にみえる」、「18歳未満が通常する服装をしている」)
 私はそこまで規制範囲を広げるのは反対だ。 妄想=思想・信条の自由と幸福追求権を剥奪するものだから。 確かに、自分の権利を追及する際に他者の人権を侵害してはいけないが、それは三次元を規制すればすむことだ。

Unknown (非国民通信管理人)
2008-03-13 23:53:50
>ノエルザブレイヴさん

 子供の商品化を防ぐのは良い心がけですが、そのために用いられる手段が非常に危ういわけですよね。悪用されるリスクの高い手段での取り締まりが必要な段階にあるのかどうか、児童ポルノに関する取り締まり件数の増加を問題意識の高まりと見るならば、今はまだその時期ではないと思うのですが、政府の狙いは別のところにあるのでしょうかね?

>仲@ukiukiさん

 不安を煽りたい政府与党、与党支持層、治安関係者にとっては好材料なのかも知れませんね。子供を守るためと主張しつつ、実は別のものを抑えつける、その目的が見えるような見えないような。ちなみに槍玉に上げられているのは「アニメや漫画、ゲーム」で、そこに「文学」が抜けているのは恣意性の表れでしょうか。

>Bill McCrearyさん

 なんと言いますか、同じ弁護士でも福島氏と稲田、橋下の違いがはっきりしますね、危うさへの目配りがちゃんと出来ています。それはさておき、ドイツはどうなのでしょう? ある種の「裸」文化がある一方で、子供と大人では考え方が違うのでしょうか。子供を守る意識の現われかも知れませんが、我が子の写真にポルノ疑惑をかけられては心外でしょうね。極端な例であって欲しいものです。

>tatu99さん

 全国民を警察官にしても追いつかないワケではありますが、しかるに各地に自警団まがいの組織が作られているわけですから、児童ポルノを取り締まる自警団も出来るかも知れませんよ。家族のポルノ所持を発見した道徳家が当局へ密告する、そういう形の取り締まりも、全くあり得ない話ではないかも?

>往楽斎さん

 そうですねぇ、子供を守るのはもっともなのですが、だからと言ってそれを口実に異なった性的志向の持ち主を排除してしまうようだと、非常に危ういことになります。でも他人を罰することが何よりも好まれるこの国では、児童の保護よりも性的志向の抹殺が先に来る可能性の方が遙かに高いですね……

>焚火派GALゲー戦線さん

 「準児童ポルノ」はいかにもと言いますか、児童の被害を防ぐことよりも、特定の性的志向への拒絶感を窺わせる発想ですね。被害者の存在しないものにも罪を問うわけで、それはやはり「罰すること」の方に目的があるとしか思えないわけです。
追加して思うこと (ノエルザブレイヴ)
2008-03-14 00:07:16
>我が子の写真にポルノ疑惑をかけられては心外
そんなシーンが実はとあるギャグ漫画にありまして…(ちなみにそこでしょっ引かれたのは老年のヤクザで、「孫の写真」です。「何だこの写真はこのロリコンが!」もそこからの引用だったりします)。それがギャグで終わってほしいのは私だけではないはずだと思っています。

>他人を罰することが何よりも好まれる
それは私も同意するところです。何でそういうことになるのでしょうかね…。
手段と目的が (案の運)
2008-03-14 12:03:05
こういう、趣味指向の規制になると、
手段そのものを目的とする人と、それに強硬に反対する人の間で、
極論同士がぶつかり合うことが多いように思われます。

ポルノであるかどうかの線引きは受け手次第ですし、
私なんかが見ても、ほほえましい光景が、
趣味指向を異にする人にとっては、
劣情を刺激するものであることもあるでしょう。
その辺を、どうするのかが判りませんし。

まず、単純所持に対する規制よりも、
ゾーンニングの方が先なのではないでしょうか。
性的な行為の表現が伴うもの(それが写真でなくとも)は、
やはり、入店の際に年齢確認が出来るような店でのみ
扱うようにすべきでしょう。

仄聞するところ、男性向けのヌードグラビアよりも、
むしろ少女向けのマンガや小説の方が、
かなり過激なものになっているとのこと。

そういったものが、コンビニやドラッグストアなど、
小中学生が手に取れる場所にあるということこそ、
規制すべきなのではないかと思います。

単純所持を違法とすることは、今まで野放しだったものを
銃や麻薬並みに規制するというわけですが
(これらは、ライセンスがあれば持てますが)
それによる二次的な事件は起こらないでしょうか?

最近話題の痴漢冤罪事件ですが、
相手の持ち物にそっと『非合法』なものを忍ばせれば、
どうなるのでしょうか?
公安関連でも賄賂が横行している国では、
これで身柄を拘束した上で、お金をせびるという事件も聞きます。

上手くまとまらないですが、
個人を規制する前に流通を規制するのが
本来の順序ではないかと思うのです。

持ってて何が悪い (ベースケ)
2008-03-14 15:29:35
犯罪件数=起訴数という指摘、
目からウロコです。
私の持っていた、漠然とした不快感を説明してくれたような気がします。

さて
>「罰すること」の方に目的がある

これはまさに。
こういう問題は、流通させる再に責任を問う
(責任取れねー奴ぁ買うな!くらいの)
ということが大事であって、流通させておいて
持ってる奴を捕まえるなんて言語道断。
つまり[特定の性的志向への]弾圧が目的なのでしょう。
高校時代のコンプレックスからブレザー女子が好きだろうが、
スクール水着が好きだろうが(私は競泳派ですがw)、
「ほっとけ!」です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『と学会年鑑ORANGE』の危機(!?)に「うきうき書房in理想書店」を思い出しつつ考える、ヘイト・スピーチと表現の自由。そして、福島み... (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2008.3.14.18:00ころ 今回はこちらに続いて、2カ月持ち越してきた宿