非国民通信

ノーモア・コイズミ

雇う側にはチャンスでも……

2009-01-25 12:08:49 | ニュース

10人の男と10人の女がいたとする。
まず、いちばんもてる男に、女が3人くらい寄っていく。
2番目にもてる男も、負けじと2人くらい持っていく。

  男 女  
1 ○ ○ 
したがって3番目の男は、6番目の女と一緒になる。
2 ○ × 以下、4番目の男は7番目の女と、
3 ○ × 5番は8番と、6番は9番とカップルになる。
4 ○ ○ しかし、残る7番目以降の男にもプライドだけはあるので、
5 ○ × 最後に余った10番目の女など誰も相手にしようとしない。
6 ○ ○ 
7 × ○ さて、上位の女を独占したNo.1&2のモテ男も、
8 × ○ 最終的には一人を選ばねばならないから、ここで3人の女があぶれる。
9 × ○ でも、すでにモテ男と付き合った経験のあるこの3人の女は、
10 × × いまさら下位の男と一緒になろうなどとは考えない。

こうして、互いに性質の異なる独身男と独身女が残る。

男女の独身比率は同じでも、階層が異なるんだな

 ……以上は、ただのコピペです。これを私が改編したものは、こちらのリンク先にあります。求人と求職者が同数であったとしても、失業と人手不足が同時に存在するわけですが、その理由は簡単ですよね?

希望ミスマッチ…派遣切り救済雇用 応募サッパリ(産経新聞)

 全国の製造業で相次ぐ非正規社員の「派遣切り」。雇用対策として、さいたま市が発表した臨時職員100人の採用計画の応募が8人にとどまったことが明らかになったが、新規雇用を打ち出したほかの企業や自治体でも元派遣社員の応募が少数にすぎない実態が分かってきた。「派遣切り救済」と「人手不足解消」の一石二鳥を狙った企業や自治体は肩すかしを食った格好となっている。

 そもそも「救済雇用」という見出しが、報道する側の見解を表しています。あまりの低賃金ゆえに求職者から人気のない業界が俄に活気づいているようですが、派遣社員時代よりも手取りが下がるのであれば「救済」どころか「転落」でしょう。それ以上に「救済」とはどうも「善意で手を差し伸べている」かのようです。まぁ実際に善意で動いている人はいるのかも知れませんが、状況によってはこの「善意」が差別の温床にもなりうる気がします。

 例えば、店の前に一人のホームレスがいたとします。「これ、売れ残りですけど、良かったら食べてください」と食べ物を差し出すのは善意です。ホームレスに売れ残りを差し出す一方で、自分はもっと良いものを食べているかも知れませんが、それ自体は善意に違いありません。ところが、これが常態化するとなるとどうでしょうか? 善意を受ける立場の人間には「残り物」を与える、善意で救ってもらう立場なのだから、周りより低い扱いを受けてもありがたく思えと、そうなってしまうとどうでしょうか?

 新卒採用なら月給20万円、一方で「派遣切り被災者」を対象とした「救済雇用」の場合は月給12万円、こういう格差があったとします。不当でしょうか? もちろん、不当です。しかし善意がそれを覆い隠します。「あなた方を助けてやるために、特別に仕事を用意してあげたのだ」「無職から救ってやったのに、さらに欲張ろうとするのか」と、そういう見方も出てくるでしょう。「救済」を通じた支配もあり得るのです。

 急場を凌ぐための「救済」はありがたいものなのですが、それが永続することを望む人はいません。次の職場が見つかるまでの、応急処置的な働き口であれば「賃金は安くとも仕事があるだけで……」と思えるかも知れませんが、その仕事を続けるのであれば賃金が安くてもいいはずがありません。困っているときに誰かが1000円を恵んでくれたら、それは当然ありがたいことです。しかるに、ずっと1日1000円で過ごせと言われたらどうですか? 繰り返しますが、その場しのぎなら「余り物」でもありがたいものです。しかし、本気で長く働くつもりがあるのなら、職を選ぶのが当たり前です。本気だからこそ、職を選んでいるのです。

林業就業説明会に200人が行列 「不況で求職者増えた」(共同通信)

 担い手不足に悩む林業への就業説明会が23日から2日間の日程で、東京・外神田で始まった。全国森林組合連合会が主催、20都道県の林業関係者が元派遣労働者や転職希望の会社員らの相談に応じた。開場時には200人を超える行列ができた。事前に参加を登録した人は昨年の10倍以上の約500人。同連合会は「不景気で職を求める人は多く、良い機会」とし、参加者が昨年の約4000人を上回ると期待。

 しかるに、こういう記事もあります。産経新聞と共同通信では、強調したい部分が違うようですね。しかしまぁ、「不況の受け皿」と言えばつい最近まではタクシー業界でした。タクシー業界に「救済」された元失業者の今はどうなんでしょう。「不景気で職を求める人は多く、良い機会」などという森林組合連合会の見解は、まぁ雇用する側からすれば正直な気持ちなのでしょうけれど、求職者にとって「良い機会」でないことを失念しているようにも見えます。悪意はないかも知れませんが、無神経です。

 

 ←応援よろしくお願いします

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内需が回復しないワケ | トップ | 風俗業界まで人材派遣? »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (田中洌)
2009-01-25 12:53:57
その通りだ!
腰かけなら我慢するけど、いやな仕事は、誰だっていやだぜ。
当たり前のことさ。
Unknown (GX)
2009-01-25 14:19:20
 タクシー業界ですが、昔は地域によって起業できる会社の数が決められていました。これは、タクシー会社が増えすぎて、潰しあいになるのを防ぐためです。ところが、規制緩和が行われ、地域で起業できる会社の数に制限がなくなり、結果現在の会社と同じような状況に陥っています。おそらくその後の救われた人たちは大変なのではないでしょうか。

 さて、林業側の発言ですが、これは酷いですね。まるで、求職者を使い捨ての道具としか見ていないような発言です。人権無視と言ってもいいくらいです。しかし、ここでは「常識」になってしまいます。なぜなら、日本は相も変わらず労働賛美社会なので、どんな悪い待遇であろうと仕事がもらえるのはありがたいこととなり、それを与えてくれる雇用者は立派な人になってしまうからです。その結果、雇用者の権力を大きくし、解雇された人々に限らず、我々を奴隷も同然に貶め、この発言以前に今回の大規模な解雇が行われたのでしょう。変えなくてはいけないのは社会の仕組みや意識でなければならないにもかかわらず。
 ともかく、今回ブラックな企業への入社を拒否した人々は、当然の選択をしただけなのですが、それが原因で「真面目に働く気がない。」といった非難が集まらないかどうか心配です。
『働いたら負け』の典型 (ふみたけ)
2009-01-25 15:14:56
産経の報道見て、あ~あという感がありましたよ。(苦笑)
一応雇用側も善意である事はわかるのですが、どう見ても『地獄への道は善意で出来ている』な条件はさすがにマズイかと。
百歩譲って『個人債務のモラトリアム』あたりも平行実施しないと、よほど切迫した人間でないと食いつかないでしょう。
しかしまぁ~進むも地獄、留まるも地獄な雇用状況にして政府はどうすんの?と思いますよ、もう選挙しか頭に無くて関心が薄れてるんでしょうけど。(呆)
Unknown (飛脚)
2009-01-25 15:31:43
職を選ぶ余裕すら与えてもらえるこの国ってもしかしたら素晴らしいのかもしれません。
タクシーの運ちゃんは一寸 (あぐりこら)
2009-01-25 17:05:13
少し前に「規制緩和のせいで新規参入が増えて競争が激化し、2日で5時間しか寝てません」というタクシーの運ちゃんをテレビのニュースで見たことがあるんで、それ以上人増やしてどうすんの?と首を傾げざるを得ません。

タクシー強盗も相次いでますしね。
Unknown (Jay-Jay)
2009-01-25 17:14:35
本来買い手市場であるときは求職者側の弱みを突いた無茶な労働条件など求人側の不法行為を警戒しなきゃいけないはずなのに、大手メディアを中心としたこの「求人企業=救世主」「失業者=職を選り好みする怠け者」的な論調は何なんでしょうね。
そもそもこれまで何度も就職難なんてものはあったのに、それでも人が集まらないどころか既存の就業者まで流出している企業、産業などでは生活が成り立たないことが実証されているものなのに。
「選ばなければ職はいくらでもある」と言ってる連中には今の職を失業者に明け渡して林業や農業、漁業などに転職してもらって3年ほど仕事や生活についてレポートを公開していただきたい。
まあ派遣村の一件などで左翼系の連中にでかい顔をされたのでこういった話を口実に「失業=甘え」といった構図を植え付けたいんでしょうね。

死ぬ気にならなければ生きられないような原始的な社会をお望みの方は是非ソマリア辺りへ移住していただきたいです。
Unknown (非国民通信管理人)
2009-01-25 17:29:14
>田中洌さん

 そうそう、腰掛けじゃないからこそ嫌なものは嫌と言っているのに、その「当たり前」が理解されない世の中なんですよね……

>GXさん

 人を働かせることで儲けている、という認識がなく、雇用=雇用される側のため、としか考えていないのかも知れませんね。求人を出す側の取り組みばかりが無批判に取り上げられ、一方で求職者の側は「我儘」と描き出される、そしてそれを鵜呑みにする人がいる有様ですから。

>ふみたけさん

 進むも地獄、留まるも地獄なら、進まないのは求職者が進もうとしていないから等々と、責任転嫁する方向に走っている気がしますね。問題を解決できなくても、自己正当化にさえ成功すればまだまだ支持が集められるようですし。

>飛脚さん

 下らないね。せいぜい産経新聞でも読んで自家発電に励んでいなさい。

>あぐりこらさん

 タクシー運転手も、時間当りの給与で見ればワーキングプアの先駆者だったはずですよね。ここで取り上げられているような「救済雇用」の結果も似たようなことになりそうですが、報道する側は先のことまでは考えていないようです。

>Jay-Jayさん

 ある意味では弱みにつけ込む貧困ビジネス、急な失業で職を選ぶ余裕のない失業者に選択肢のない選択を迫っているような状況なのですが、「失業者を助けてやっている」「救済」のイメージがそれを隠蔽しているのですよね。「仕事を選ぶな」と言っている当人が「選ばなかった」仕事が押しつけられているのに……
ピンチは (介護員)
2009-01-25 18:30:06
ピンチはチヤンス、そうだ雇用側のね
安く安易にこき使う
介護現場俺の所 病人続出だ
いざ人手が足りな時に
人手は無くないが介護技術身に付けさせないで安く雑用に使うから、肝心な時戦力にならず十代の若者もろくに、指導&育てないで 雑用介護に落とす 今報いが来て‥それで正社員を募集て内の病院はともかく、
チャンスなら交代しろよ
仕事余ってる確かに、人手足りない 人間扱い、労働環境最悪と賃金最低でもやはり、独身は手取り20万~ 所帯持ちには30万以上にしろ でないと働いてやらないからな
それ以下で働かすなら
肉体労働系は、焼肉タダ券介護現労働者は整体無理券等工夫しろ 後月20万以下なら生活保護を付けろ
十万以下なら雇用側は処罰対象だ 金だけじやないが 金だ金が必要なのだ‥放浪記より
今も林芙美子の時代と変わってないよ
違いは家賃滞納しても追い出さない事すぐには‥
蟹抗船だけじやなく放浪記も読もう若者
お前もか (観潮楼)
2009-01-25 21:29:22
昨日、ラジオを聴いていたら南こうせつが「不況だけど安くても仕事があるだけいいじゃないの」と
言ってました。
70代以上のジイさんが言うなら、
「頑迷だな~」で片付きますが、
同じことを『四畳半フォーク』世代が言うのは、
若い分だけ質が悪いですね。
価値観が現代とズレているのは両世代とも同じなのに。
しかも、企業の幹部クラスも四畳半フォーク世代と重なるところが余計質が悪いんじゃないかな~と。
Unknown (非国民通信管理人)
2009-01-25 23:46:47
>介護員さん

 あくまで「雇用側の」チャンスですからね。本来なら必要に応じただけの給与が筋ですが、仕事を求める側の立場が弱い今、「助けてやる」フリをして条件の悪い契約を結ぼうとするわけです。

>観潮楼さん

 南こうせつが「安くても仕事があるだけいい」という価値判断を自分でも実践していたなら、今の仕事には就いていなかったはず、仕事を選んだからこそ今があるはずななんですよね。しかるに、その辺まで頭が回っていないようで……
Unknown (とり)
2009-01-26 06:08:37
相変わらず産経の体制より報道はどうしようもないですね。
今の社会が狂ってしまう原因は分配が機能していないことなんですけどね。
不幸の連鎖 (慎太郎の夢は終わった)
2009-01-26 22:00:19
「本気だからこそ、職を選んでいるのです」管理人さんの この言葉にとても感動しました。やはり本気だからこそ、みんな慎重になります。 それを咎め立てられてしまうと生きるのがしんどくなります。まるで死を選べと日夜、脅かされているような・・・ 管理人さん。ありがとうございました。このブログは僕の楽しみのひとつです。
Unknown (非国民通信管理人)
2009-01-26 23:02:56
>とりさん

 何しろ産経新聞ですからね。問題が解決しないのは政府のせいじゃない、失業者が我儘を言っているからだと、そうミスリーディングしたい意図が見え見えです。

>慎太郎の夢は終わったさん

 腰掛けで働いて、すぐに辞めるつもりなら気楽に職を決められますが、続けるつもりがあるなら慎重になるのが当たり前ですよね。真面目に仕事を探した経験があれば理解できそうなものですが、なかなか世の中は冷たいようで……
確かに (Bill McCreary)
2009-01-27 00:06:52
>同連合会は「不景気で職を求める人は多く、良い機会」とし、参加者が昨年の約4000人を上回ると期待

管理人さんもおっしゃる通り、このようなことをのたまうのなら、それだけで一生食って行けるだけの給料を払っていただきたいですよね。「つなぎ」のためとして割り切っているのだったら、求職者にもたいへん失礼です。
Unknown (非国民通信管理人)
2009-01-27 23:25:07
>Bill McCrearyさん

 林業とか農業関係ですと「定着して欲しい」と募集する側がコメントしているケースが多いような気がしますが、一生その仕事を続けられるような待遇を用意しているのかというと(報道を通して知り得た範囲ですが)大いに疑問符が付くようなところもあります。むしろ雇おうとする側の方が無責任のような気もしますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[お仕事][読んだ本]最下位による、最下位からの戦い方 (群馬の傾聴サービス『スマイルトーク』)
サイバラ(西原理恵子)さんの『この世でいちばん大事な「カネ」の話』という本の どん底で息をし、どん底で眠っていた。 「カネ」がないって、つまりはそういうことだった。 という文を読んで、急に昔の自分を思い出してしまった。 最下位の人間に、勝ち目なんかないっ...
『働いたら負け』という現実 (道はまよはじなるにまかせて)
非国民通信さんが雇う側にはチャンスでも……のエントリーを苦言をしているように、雇