非国民通信

ノーモア・コイズミ

取りあえず当面の経済効果はありそうですが

2009-09-07 22:55:06 | ニュース

高速無料化の経済効果 国交省、一転試算認める(朝日新聞)

 高速道路を無料化した場合の経済効果について国土交通省が2年前に試算を行っていたことが明らかになった。一般道の渋滞が解消されることなどから、直接の経済効果を2.7兆円と見込んでいる。これまで政府は「試算は存在しない」として隠してきた。民主党の公約に有利な結果だったため、公表しなかった可能性がある。

 試算は07年度に国交省の国土技術政策総合研究所が実施した。政府が08年度以降に検討していた高速料金値下げの影響を調べるためだった。だが、政府は国会答弁や質問主意書への答弁書などで高速道路無料化の経済効果に関する試算について「国交省が取りまとめたものは存在しない」などと存在を否定してきた。

 巷では「官僚支配」という設定になっているようですが、こういう事例を見るに「官僚は与党に配慮しすぎ」と言った方が間違いがないと思うんですよね。与党の不利に繋がるものは公開しない、与党が「存在しない」と答弁すれば、官僚組織も口裏を合わせて存在を否定してきたのですから。そして「与党」が入れ替われば、それに従って出てくるものも変わるわけです(最も今回の分は、元から存在の知れたものを報道するか否かの違いが大きいようですが)。与党に合わせて態度を変える、自分たちの判断基準ではなく、あくまで「政治」の決定するところに忠実に振る舞っているのでしょう。どれほど彼らが行政に対して忠実に振る舞ったところで、常に悪役として非難に晒されるのが官僚なのですから、むしろ「与党べったり」をやめた方が良いのではないかとも思いますけれど。

 ……で、民主党案に先駆けて自民党の「高速道路1000円」があったわけです。これの「結果」はどうだったのでしょうか。自民党時代の「値下げ」の前例を見れば民主党による「無料化」の結果も推測できそうなもの、これからを試算するのも大事ですが、過去の前例こそきっちりと数値化する必要があるはずです。ただ「やっただけ」で、後はほったらかしではいけません。「やった後」にそれが効果的であったのかどうか、それを検証する作業が必要なのです。同じ過ちを繰り返したくないなら、ですが。

 高速道自体の経済効果は、渋滞増加などで年間マイナス2.1兆円となるが、車が流れやすくなる一般道が4.8兆円のプラスとなり、差し引きで「2.7兆円の効果が生じる」とした。利用者の料金負担の軽減分などを加味した別の計算方法では、経済効果は7.8兆円に達した。

 高速道と並行する国道の通行量が減ることで二酸化炭素(CO2)排出がどれだけ減るかも試算したところ、割引前の1.8%減にあたる310万トンの削減となった。ただ、高速道の通行量が増えたり、鉄道やバス利用からマイカーに切り替えたりすることによるCO2の増加量は試算しておらず、差し引きのCO2の増減効果は不明だ。

 試算は外れることも多いので鵜呑みにできるものではないかも知れませんが、とりあえず無料化による経済効果は期待できるようです。この辺は自民党の「高速道路1000円」と変わりません(程度の多寡が違うだけ)。しかるに鉄道やバスなど公共交通機関の減少分については試算がないとのことで、これでは片手落ち、というより未完成品です。メリットの部分だけしか試算ができておらず、デメリットの部分は検討中では、この段階で無料化に踏み切るのはいかがなものかと。公共交通機関の衰えを招けば、将来的に「負の遺産」となるでしょうし。まぁ無料化による影響の是非を問う声など、「公約だから(実現しなくてはならない)」と押し切られてしまうのかも知れません。慎重な検討よりも「公約を実現すること」の方が重視されるものですから。

コメント特集 ─ 高速道路無料化について(気まぐれな日々)

高速道路の無料化には私は原則賛成派です。

理由としては…
1、道路利権を根絶できること

 これはリンク先ブログ主であるkojitakenさんの見解ではなく、そのブログに寄せられたコメントですが、この「理由1」は時代の空気を如実に感じさせます。2番目以降にも色々と理由が挙げられているようですが、いの一番に掲げられているのが「道路利権を根絶できること」ですから。う~ん、郵政民営化の是非が問われた際も、こんな感じだったのではないかなぁ。

 昨日のエントリでは、小泉以前の「古い自民党」が否定され続けている一方で、小泉以降の「新しい自民党」の精神は引き継がれていると書きました。上で引用した無料化に賛成の人もそうなのでしょう。そして「利益をもたらさない」ことが重要になるとも書きました。何が自分たちにとって「利益」になるかよりも、まず第一に「悪い奴をやっつけろ」というのが先に来るわけです。高速道路無料化がもたらすであろう恩恵よりも、それによって「利益」を「奴らに与えずに済む」ことにこそ関心がある――それは郵政関係の利権を根絶せよと叫ばれていた時代から何も変わっていないのでしょう。

 まぁ、物流事業者に関しては無料化でも良いのかも知れません。トラックに一般道をだらだら走られるよりも、高速道路を一気に駆け抜けてもらった方が地球にも優しいでしょう。ドライバーの労働環境の改善効果だって期待できますから(誰かを懲らしめることより、こっちが重要です!)。とはいえ、トラック依存の物流というものも将来的には見直されるべきではないかという気がします。まぁ貨物列車で荷を運ぶとなると積み込みや積み卸しで時間がかかる、今のような翌日配達体制は不可能になるでしょうけれど、そんなに急ぐ必要ばっかりでもないですよね? ただ過当競争の中で、それが当たり前になっているだけで。

 

 ←応援よろしくお願いします

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌われているのは「古い自民... | トップ | 蝶々夫人と日本人 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
>官僚は与党に配慮しすぎ (Bill McCreary)
2009-09-07 23:44:39
あれは与党の議員ではなかったかもしれませんが、厚労省の女性局長が検察にパクられた事件も、役人が政治家に対してそんなに優位であれば当然起きなかった事件ではないかと。鳩山政権になったら、ますます官僚は政治家に遠慮するようになるのでしょうか。

>公共交通機関の衰えを招けば、将来的に「負の遺産」となるでしょうし。

高速道路無料化が公共交通の削減とバーターであると困りますよね。世の中、私のような車の運転が大嫌いな人間(免許は持っていますよ)もいますから。個人的には、管理人さんのおっしゃる

>物流事業者に関しては無料化

のほうがいいと思います。グレーゾーンの問題など困難なのはわかりきっていますが、そうすれば輸送コストの削減などが見込まれます。それとともに、鉄道貨物輸送などもいろいろと充実させなければなりませんよね。
Unknown (カックエイ)
2009-09-08 00:38:55
政治はメンツを気にして融通がきかないところがありますが何かやるならじゅうぶんプラスマイナス検討してその結果を良い面も悪い面もきちんと公表してからやってもらいたいです。じゅうぶん検討したうえでやってみてマイナスが多いならまたやめるとか柔軟に対応すればそれでいいと思うんです。

個人的には高速無料化にはやや懐疑的ですがもし(じゅうぶん検討したうえで)やってみてみるなら、うまくいかなくても失敗の責任とれとは個人的には思いませんし。何をするにもしないにも一部の人の意地で押す通すようになってしまうとよくないですね。
ゆーあい (生きるしバカネ)
2009-09-08 09:06:51
こんなのも…

一般道から高速道路へ利用者が流れると、交通事故が減るようです。交差点がないから、ね。「皆さん、これから毎年、千人の命を救おうではありませんか!」なんて。

個人的には料金所の方々の健康が心配です。大丈夫なのでしょうか。貴重な職場でしょうし、承知の上での就労だとは思いますが、労働環境としてかなり問題な気がします。

そもそも、道など自由に通れて当り前だとも思います。ならば、「どうせやるなら褒められるようにやりたまえよ、民主」…で、もうあっさり思考停止しようかと思っております。
Unknown (源内山人)
2009-09-08 10:55:44
「官僚支配」・・・日経新聞は最近「官僚依存」という言葉を使うようになりましたね。
この表現は良いと思います。
しかし、昨日の夕刊フジの見出しには、「官僚支配の打破」という意味で「官僚退治!・・云々」と書かれていました。「退治!」ですよ。ゴキブリじゃあるまし、B層受けを狙ったにしてもあまりに下品な表現に、駅の売店で見出しを見たこっちが恥ずかしくなりました。

高速道路無料化・・・無料化により生活が脅かされる人たちが出ることも考慮すべきでしょう。1,000円でもフェリー(特に高速道路に直結した橋(明石海峡大橋など)と平行して運行しているフェリー会社)は大打撃受けています。無料化になれば死刑の宣告にも等しいでしょう。「利権根絶」とやらを理由に無料化を支持している人たちは、そういうことを考えているのでしょうか?いいかげん思考停止を解除しても良いのではと思います。
Unknown (非国民通信管理人)
2009-09-08 23:26:58
>Bill McCrearyさん

 どうも鳩山のおかげで、政治家が奮ってきた権限の方が忘れられがちな気がするんですよね。どうにも官僚支配を強調することで、(小泉改革など)政治主導で行われたことから矛先を逸らせようとしているかに見えてなりません。

 ちなみにグレーゾーンの件ですが、やはり世間一般ではこのグレーゾーンによって「不正に利益を得る人が出てくる可能性」を重視するのかも、と思いました。そんなことよりももっと大事なことがあるだろうと思うのですけれど。

>カックエイさん

 そう、上手く行かないとわかれば政策を取り下げる、それも賢明な対応であるはずなのですが、どうも「持論を正当化する」ことが最優先になっている政治家が多いような気がします。無料化のデメリットが明らかになっても「公約なんだから」で押し切られそうですし。

>生きるしバカネさん

 他にはETCメーカーや販売店が窮地に追い込まれているみたいですね。この辺の業界に与えるデメリットも試算に含まれているようであればいいのですが、どうなんでしょう。本当に無料化するなら、糧を失う業界や労働者への保障も考えなければならないはずですが……

>源内山人さん

 もう官僚は、完全に「悪役」の設定ですから。利権根絶云々を口にする人は、そういう勧善懲悪の世界に生きているのでしょうけれど、現実はそうではないわけで…… フェリー会社の苦境は自民党の「1000円」の時にも報じられていましたが、無料化ともなれば悲惨なことになりますよね。ある種の人の頭の中では、その辺もまた「既得権益」なのかも知れませんけれど。
車好きでも (ヒイロ)
2009-09-08 23:40:00
高速道路の無料化は、私が高校生の頃からそういう話を聞いていましたので、十数年経過したいまでもなされていないのは「するする詐欺」だと思っています。

土日祭日は一律千円になってから余計混雑しているということは、法事に行ったときにある高速道路を利用して改めて感じました。
そういう経験があり「色々と厳しいから無料化はできません」となっても、このことで文句は言わないようにしました。
ネトウヨは揚げ足取りに走るでしょうが、「それが何」という冷めた気持ちでいようと思います。

「高速道路と公共の交通機関が共存できる」これが理想ですが。車好きでも、鉄道が好きな人間です。寝台列車などの夜行列車が廃止されて「ちゃんと乗りたかったな」という思いを味わいました。
新幹線でも小学生時代のこととはいえ「早く全国に展開しないかな」と思ったことがありました。



安易に賛成してしまったのですが・・・しかし (yasu1987)
2009-09-09 00:53:58
もう少し突っ込んで考えてみればこの道路利権、情報公開で解決できないんですかね。
都合の悪い資料(道路利権であり、防衛利権であり)を隠した官僚を首にしてそれで淘汰させる
そのための政権交代でもあると思うのですが。。。


本当に官僚を悪者にしたいなら官僚「機構」と政治家との癒着(待合政治)を、明らかにしないと意味がないと思います
ということは政治課題(薄い・・・)、ですねこれは。
Unknown (非国民通信管理人)
2009-09-09 23:05:22
>ヒイロさん

 確かに、以前から「案」はありましたね。そうなると「高速1000円」は意外に画期的だったのかも知れませんが、ともあれ無料化はハードルが高そうです。でもそこで各種の慎重論に耳を傾けず、相手を抵抗勢力だの既得権益だの道路族だのと呼んで、独善的に自説を押し通せば改革者として国民の喝采を浴びるのかも……

>yasu1987さん

 情報公開などしたら、今まで巨悪と見せかけてきたものが実は何でもないものだったと、化けの皮がはがれてしまうかも知れませんよ? そもそも資料を「隠した」のは官僚であると断定していますが、それは「政府与党に口裏を合わせた」のではないでしょうか? 何でも官僚のせいにすることで政府の関与を「なかったこと」にしてはいけません。小泉や鳩山の「カモ」にされたいのなら別ですが。追伸、コメントは1回で結構です。
甘かったですね・・・w (yasu1987)
2009-09-10 22:43:17
意識しないで、騙されたというとあれですが誤解を恐れないでいえば鵜呑みにしていたような気がします

政治家が直接(政党を介さないで)「捨てろ」という時もあるかもしれないしもちろん「これは政策に矛盾する」。
そういう場合もあるかもしれません
そして、そうですね
>実は何でもないものだった

きちんとやって人だっているんですよね
結局官僚叩き=ポピュ(ryなんでしょうかねぇ・・・
あえて、この記事に書き込みさせていただきます (yasu1987)
2009-09-24 22:53:16
しばらく時間をおいて考えてみたのですがこの問題、もうちょっと大きく考えればやはり何かと「新しさ」を求めるこの国の弱さを表してるんじゃないでしょうか。
選挙が終わってから数日、自分も流されていたような気がします

挨拶も遅れていました。
しばらくここのブログで距離を置いて物を見る力を勉強させてもらってもよろしいでしょうか。
Unknown (非国民通信管理人)
2009-09-24 23:40:28
>yasu1987さん

 まぁ民主党の大勝で、色々と熱に浮かされたような部分も出てくるのでしょう。今まで批判する側だったのが与党となって、いつの間にか批判が醜悪な自己弁護に移り変わることもありますし。「新しさ」や「流行」のごときものに惑わされず、事態を見極められるようであって欲しいものです。
寄せ集め&改憲政党ですからね (yasu1987)
2009-09-25 21:23:42
しばらくじっくり腰を据えて見ていきたいと思います
わざわざこういう場を提供していただいてありがとうございます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
減らす時は減らさないと・・・ (flagburner's blog(仮))
ちうわけで 、DPJ の鳩山(兄)代表が日本の温室効果ガス削減幅中期目標(2020年までの目標)を『1990年比25%減』と公表した。
朝日新聞による信じがたい「スクープ」 (熱帯夜 - points of view -)
朝日新聞の高速道路「無料化」に関する「スクープ」は、何と半年前に報道されて周知のものでした。