非国民通信

ノーモア・コイズミ

解決済みではないけれど

2007-10-08 22:31:37 | ニュース

金総書記「拉致日本人、もういない」=盧大統領に同行の教授証言 (時事通信)

 第2回南北首脳会談で盧武鉉大統領に同行した文正仁延世大教授は8日、ソウル在住の外国メディア特派員と懇談し、首脳会談の席上、金正日労働党総書記が「拉致日本人はもういない」と述べ、拉致問題は解決済みとの立場を示していたと説明した。

 文教授によると、盧大統領は福田康夫首相からのメッセージを金総書記に伝える中で、拉致問題について提起。これに金総書記が答えた。また、盧大統領が「日朝関係の改善は南北の経済協力にいい影響を与える」と語ったのに対し、金総書記は「その点については同意する」と応じたという。

 ただ、文教授は首脳会談に同席はしていない。韓国側は日本政府への説明で、金総書記が拉致を含む日朝関係について日本側の態度を見守ると述べたなどと伝えていた。 

 同じ発言を取り上げた読売新聞の記事と比べると、時事通信の方は情報の出所に対してかなり慎重に書いていますね。メディアの姿勢としてはこちらの方が正しいです。

 拉致問題が解決済みかどうかはさておくとして、拉致日本人が北朝鮮国内にいるかどうか、こちらはどうなのでしょうか? 北朝鮮側の主張としては、もう存在しないということのようですが、日本政府側の主張としては、まだ存在することになっているようです。真偽の程は定かではありませんが、日本政府としては相手を一方的に非難できる材料が残っていた方が良い、そんな思惑もあるのでしょう。

 まず北朝鮮側は、生きている人は全員帰国させた、他の人は死んでしまったとして遺骨を出してきたわけです。そこで日本は遺骨のDNA鑑定結果を捏造して、北朝鮮側の説明を黙殺しただけではなく、一方的に交渉の席を立ってしまいました。有耶無耶にしたい何かがあったのでしょうか。それ以来、日本側は真相究明の努力を完全に放棄してただ海の向こうから相手の非を咎めるに終始しています。そんなもの、聞こえちゃいないでしょうけれど。

 この拉致問題における北朝鮮を喩えて言うなれば、半島の出城に人質を連れて立てこもった誘拐犯みたいなものです。そこでもし私が人質の身内であったなら、まず第一に誘拐犯に対して挑発行為を繰り返しているバカを黙らせますね。犯人を刺激して、犯人が暴走したらそれこそ人質が危険です。人質の安全を確保するためには、巧いこと犯人をなだめすかして相手を落ち着かせる必要があります。

 じゃぁ日本政府や家族会、その支持者は筋金入りのバカなのか、それとも嘘つきなのか、と言うことになるでしょうか。まだ北朝鮮国内に拉致被害者が存命であるとする日本側主張を本当に信じているならば、敢えて人質を危険に晒すような挑発行為を繰り返した挙げ句、自ら交渉を放棄して対岸から相手を罵るだけで意味のあることは何もしない、これでは愚劣と嘲られても致し方ありません。

 あるいは、本当は自分達の主張、拉致被害者はまだ生きて北朝鮮国内にいるとする主張を本当は信じていないのかも知れません。もう人質はいない、そう確信しているからこそ、安心して相手を罵倒できる、交渉を放棄しても問題ない、ただ相手に昔年の恨み辛みをぶつけるための大義名分として拉致問題を永続させたいがために、被害者の生存を表向きは主張し続ける、こう考えた方が辻褄は合うでしょうか。この場合は、卑劣と言われても仕方ないと思いますが。

 こと拉致問題に限定すれば、どっちが悪いかなんてのは議論するまでもないことです。いくら一方が非難し、一方が釈明しようが変わりません。意味があるとしたら、この問題をいかに決着させるか、それを協議することなのです。不可能な要求をふっかけては、相手が応じなかったと憤ってみせるのではなく、現実的なレベルで話を進めなければなりません。

 

 ←応援よろしくお願いします

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原因と結果、支持と不支持 | トップ | ライフルマン第一主義 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ただしいようですが? (日本人)
2007-10-09 03:15:56
冷静な意見のようですが、日本国がまともなら戦争になってる事ですよ。正論の様で何かずれてる死刑廃止を訴える弁護士か一部の在日のようですね。ま日本政府にはかなり?ですが。
損得 (KY)
2007-10-09 12:31:04
北朝鮮と対話した場合

・(本当は韓国と解決済みの)戦争賠償を要求される
・「人道的支援」を要求される
・拉致被害者は「いない」ので帰ってこない

北朝鮮と対立した場合

・ハッタリのミサイルが飛んでくる
・北朝鮮による非難声明が表明される
・拉致被害者はもちろん帰ってこない

金をむしられない分、対立していた方が日本にとって得ではないのでしょうか? 別に仲良くしたところでメリットはないのですし。
Unknown (非国民通信管理人)
2007-10-09 23:03:54
>日本人さん

 何の利権もないのに恨み辛みと差別心で戦争に突入することを「まとも」と言える考え方が、まともではないと思いますが。

>KYさん

 どちらの展開もKYさんの願望であっても現実ではありませんね。外交は好き嫌いではなくリアリズムで考えていただきたいものです。
Unknown (Bill McCreary)
2007-10-09 23:44:07
遺憾ながら、北朝鮮で拉致被害者達が存命している可能性は絶望的に低いと思います。最後は、被害者の家族がいかに現実を受け入れるかということと、日本政府がいかに政治判断を下すかということになります。しかし、当分はどちらもなかなか難しいでしょうね。

横田めぐみさんの母親らが米国でブッシュ大統領に会ったとき、私はとても心が痛みました。ブッシュなんぞに会いに行ったところで何がどうなるわけでもありませんし、拉致被害者の家族たちが様々な連中の思惑に翻弄されるのはきわめて気の毒です。
Unknown (Gl17)
2007-10-10 00:23:30
>まともなら戦争になってる事

これ一体何を指しているのか意味不明です。
拉致被害が出た国には日本以外にも韓国やアジア各国がありますが、戦争になった国はありません。
全て「まとも」な国ではないようで。

一時大戦で皇太子が暗殺されてとか、日華事変で一発の弾丸が・・・みたいな想定なのでしょうか。
ああいうのは元々両国の間に戦争をしたい事情があって、小さい事件でそれがスタートするだけです。
現在の日朝がどうかといえば、北には戦争できるような国力はなく、日本は戦争できるような国情はありません。
(経済が根幹からガタガタになるでしょう)
数十年前と現代では戦争というものに対するハードルがまるで違います。

>金をむしられない分、対立していた方が日本にとって得

別段、ケンカ腰にならなくたって、払わないでいいカネと思えば払わなければいいだけで・・・。
無意味に没交渉がいいという理由にはならないでしょ。

それと、どちらにしろ帰って来ないと決め付けるのは、拉致被害者の生存を全否定するという前提が確実でないと言えないことですよね。
家族会あたりとは真っ向から対立する話になりますし、人道的に言い切って果たしていいものか。
Unknown (leprechaun)
2007-10-10 01:34:48
私も死去している可能性が高いと思いますね。異様に死亡率が高いからウソだ、という人もいますが、民生意識が低い北朝鮮ではそもそも人民の死亡率は高いと考えるのが妥当。遺骨についても日本の鑑定機関が果たして真実を伝えているのか疑問の余地があるし、仮に真実としても北朝鮮の杜撰な遺骨管理では他人の遺骨が紛れ込んでも不思議ではない。

というより、そもそも生きているのなら返還カードを切ることもでき、北朝鮮が否定し続ける理由が分からないんです。

それでも日本政府が拉致に拘るのは、単純に拉致拉致と唱えていれば支持率が上がるからで、元々対外恐怖心が強いところを、小泉マジックに踊らされてしまっての結果なんでしょう。

しかし拉致交渉が暗礁に乗り上げ、日本外交が孤立化した今では、その構図も崩れかかってますね。対北強硬派の安倍氏の退任は、その象徴でしょう。
現実的外交 (KY)
2007-10-10 11:27:00
二重投稿申し訳ありません。最初のは消してください。

ところで『願望』とのことですが、『現実』はどういうことになると思われますか?

交渉してみなければ何も分からない、というのなら、そんな不確実で期待できない交渉などしないで放っておくのも合理的な選択肢だと思いますが。

日本は民主主義国ですから、『国民に成果が推測できない交渉』などというものは政府に期待されていないことは明らかだと思います。

今の北朝鮮との『対話』で得られる成果は『何も無い』と国民が思っているからこそ、北朝鮮と対話しない政府に対してこれを求める圧力が働かず、結果政府もこれを放置することになっているのではないでしょうか?
Unknown (非国民通信管理人)
2007-10-10 23:23:17
>Bill McCrearyさん

 とりわけ横田めぐみさんの両親は政治利用されている印象が強いですね。それも問題解決のためではなく、日本国内向けのパフォーマンスとして。ひどいものです。

>Gl17さん

 たぶん、北朝鮮への強硬論を主張する人ほど内心では拉致被害者の死亡を確信しているような気がします。だからこそ救出のための行動を放棄して対岸で悪口を言うだけに没頭できるのでしょう。

>leprechaunさん

 なにぶんにも北朝鮮ですから、北朝鮮生まれの人でも生きるのに苦労するのに、外国から無理矢理連れてこられた人が長生きするのは残念ながら難しいでしょうね。北朝鮮としてはもはや拉致被害者を国内に止めておくメリットなどないでしょうけれど、遺骨を送っては見たものの日本政府から謎のDNA鑑定結果(ネイチャー紙に拠れば、遺骨のDNA鑑定は技術的に著しく困難、DNA鑑定に携わった日本側担当者は取材拒否)を突きつけられてしまっては向こうとしても手詰まりでしょう。その上で「生きて返せ」と主張しているのですから話が進むわけもありません。

>KYさん

 「推測できない」とか「思っている」辺りがキーワードですね。それは北朝鮮と交渉したくない、制裁措置を振りかざしていたいと、そう願っているからその結論が出るわけです。実際は規模は大きくないながらも北朝鮮との国交によって得られる経済的利益もありますし、いつまでも拉致問題を引っ張り続けるのも国際的に立ち後れるばかりで意味がありません。まぁ、実利よりも反北朝鮮感情を優先させている限り、ご納得はされないでしょうけれど。
『国際的に立ち遅れる』 (KY)
2007-10-11 11:44:48
実利、ですか。
正直に言うと私は「北朝鮮とは別に没交渉でいいじゃない、関わると面倒っぽいし」と思ってしまうのです。

ちなみによく聞くのですが、『国際的に立ち後れる』と、何か日本にとって不利益があるのでしょうか?

日米同盟が破棄される? 中国が日本に断交を通告してくる? 韓国が宣戦布告してくる? まさか。

それとも開発利権にありつけない? それこそ同じ民族なんだから、韓国に譲ってあげると良いのではないでしょうか。

国連常任理事国には絶対になれないのだし、いい加減全方位外交で世界中にいい顔をするのはやめて国益にかなうところに重点を置いて行動すべきだと思うのです。

当事者である拉致被害者家族会が強硬策支持というのは私にもよく理由が分からないのですが、当事者がそれでいいと言っているのだから、別にそれに乗っかって没交渉で問題ないと思うのは冷淡に過ぎるでしょうか?
Unknown (非国民通信管理人)
2007-10-11 23:32:26
>KYさん

 それはそう、リアリズムではなく好き嫌いで判断するのであれば北朝鮮と断交でも結構なのでしょう。その好き嫌いに付き合わされて利を損ねることを余儀なくされているとしたら、甚だ迷惑な話ですがね。

 なお、このエントリにおけるKYさんへのお付き合いはこれを最後と致しますので悪しからず御了承下さい。
Unknown (仲@ukiuki)
2008-11-16 11:30:30
こんにちは。

昨日、最新記事からTBを送った後で、今朝、参考ブログとしてこの記事へのリンクを追加しました。拙記事に書き込まれたコメントを読んだあと、非国民通信さんの記事中のたとえが非常にわかりやすいよなあと、あらためて感じましたので。ほんと、最初にリンクしてからTBを送るべきでした。

それにしてもこの様子では、政権交代があっても拉致問題の解決や国交正常化交渉の進展、望み薄そうです。ああ、またため息が……。
Unknown (非国民通信管理人)
2008-11-16 14:39:07
>仲@ukiukiさん

 1年前の記事であるにもかかわらず、思い起こしていただけたようで光栄です。このエントリを書いたのは1年前ですが……それから全く進展がないですね。いかに問題解決に背を向けてきたかがわかるといいますか、やはり問題解決ではなく、制裁の強化といった強硬姿勢そのものが目的になっているとしか考えられない、そんな状態が続いているようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イラク戦争を国際法違反ではないという人物との軍事と平和についての議論ーその1ー (未来を信じ、未来に生きる。)
日本は、毎年約5兆円を軍事費に費やす世界有数の“軍事費大国”です。  ソ連崩壊から15年がたとうとしているいまなお、着上陸侵攻を想定した90式戦車(8億円×12)やF2戦闘機(127億円×5)などの調達をつづけています(05年度予算)。  一方、米国...
民主党の北朝鮮「追加制裁案」……orz 後、m(_ _)m (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2008.11.15.18:00ころ 民主党にも応援したい議員はいる!勝ってもらわねばならぬ議員はいる!(本音です。) 民主党に、ともかく自民党・公明党を政権から引きずりおろしてもらわねば!(これも本音です。) なんてことを語りつつも、なんかもう、堪忍袋の緒が切れそうな...